Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バター/油脂の違い(3)

すっかりご報告?記事が遅くなってしまいました。
先週、急に芽キャベツが病に倒れーーー
普段、元気すぎるほど元気な娘なので、びっくり~!
今年度もまだ皆勤賞に向けてまっしぐらだった芽キャベツですが
もう、そんなのどうでもいいくらいにグッタリでー
月曜火曜とお休み。
火曜の夜には元気になった(と思った)ので水曜は幼稚園行かせたら
あらまー、すっかり振り返してしまいまして。
木曜も休ませ、金曜はなんとか幼稚園行けそうだったけど
幸か不幸か芋ほり遠足の日で、遠出だったのでお休みさせました。

しかし、この日の午後から、東京の母・葉牡丹も遊びに来ていて
それもあってか、芽キャベツメキメキ元気になっちゃって
3連休も絶好調。
今日からまた元気すぎるほど元気に幼稚園通っております。
しかし週に1回しか幼稚園行かない日があるとはーーー!(驚)

…ということで、色々とバタバタしていたのですが
私自身は元気にしております♪

んで、あの5種類の油脂のクッキーですが(→バター/油脂の違い(2)
あの後、焼きまして~

      A,B
         A                B

      C,D,E
         C       D       E

わかりにくいですが、こんな感じで5種類いっぺんに焼いてみました。
そのほうが、焼き時間は正確に平等ですので。
ただ場所によって焼きムラが多少出てしまうのは仕方がないですね。


そして、試食~!!

      試食中

多少の焼きムラを考慮したとしても
やはりバターとその他油脂の食感はだいぶ違いました。
バターはパリン?と(煎餅まではいきませんけども)硬めの食感、
加工油脂のほうはホロっとした食感でした。

そしてバター2種類でも、国産のほうはクセがなくあっさりとしていて
ニュージーランドのバターは、独特の風味がかなり鼻に残りますし、
加工油脂のうち2種類は発酵バターが入っているので
その発酵バターの風味が穏やかなものと強烈なもの、
そして残りの1種の加工油脂については、
とても食べやすく、バターに近い食感(作業性も)が得られました。

       2枚ずつラッピング

そして、これらを2枚ずつ小袋に入れて、A~Eまで印をつけて
何人かの方に試食していただきました。
(どれがバターでどれが加工油脂なのかを知らせずに)

その中のご意見としては
 ・やっぱり風味が良いのはバター
 ・単純に美味しいと思うのはバター
 ・どれも美味しいと思うけど、良い材料を厳選して使うということに
  意味があるのでは?
 ・全部おいしい~!

などなど、お伺いすることができました。
それぞれ食べ比べてみると僅差の食感や風味の違いはわかるものの
これがこれだけでそれぞれ売られているのであれば
どれもそれぞれ美味しい、という結果だったように思います。

美味しいというのは大前提!
それに加えて、「どのような材料を使っているのか」は
作り手が選ぶ最重要ポイントであり、
その選択によって、食べ手の方が選択してくれるかどうか
それにも繋がってくると思います。
ですが何より、やはり自分で納得したものでないと使いたくない~!
というのがあるので、本当に材料選びって大変だなーと思います。

まだまだ道は長いですがー
なんとかジリジリとでも進んで行ければーと思います。


スポンサーサイト
[ 2014/10/14 22:39 ] Backstube/仕事場 | TB(-) | CM(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/10/15 08:19 ] [ 編集 ]
◎鍵コメさん◎

鍵コメさん、こんばんは~!
お忙しい時に、わざわざコメントくださってありがとうございました。
どうかお気をつけて行ってらしてくださいね。
またお帰りをお待ちしております♥
[ 2014/10/15 22:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。