Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オーブン試し焼き(続)

オーブン屋さんでの試し焼きが終わり、(→オーブン試し焼き
翌週でしたか、家でもまたシュト-レンを焼きました。
生イーストが余っていたっていう理由と
他のレシピでも焼いてみたい!と思ったからです。

それにしても家で1人で作業するってのは、なんて気楽なんでしょうかねぇ~♪
まず「アレが無い、コレが無い!」とオタオタすることが無いですしね。
もー、ホント、どっか出張で作業するっての、
必ず何か忘れ物してオタオタするんですよ。
念には念を入れて、かなり確認しているのにも関わらず!です。

まー、そんなこんなで、家で焼いた分と
オーブン屋さんで焼いた分と、
薄くスライスして、食べ比べなどもしていましたよ。

        お試し1

        お試し2

上の写真がオーブン屋さんで焼いた分。
下の写真が家で焼いた分です。

まー、パッと見、違いがわかりませんよねぇ~?
私もこの写真じゃ、よくわかりません(キッパリ。)

でもやっぱり、オーブン屋さんで焼いた方は、ところどころ苦くて(焦げたから)
中はしっとり?って感じでした。
家で焼いた方は、いつもと違うレシピで焼いたのですが
なんか妙にフカフカする感じで、パンに近い??と思いました。
具の量が少し少なかったからでしょうか。

あとは、入れるナッツをくるみとアーモンドで試してみましたが
焼いてから2日くらいはくるみでも良かったけど
日が経つにつれ、中の水分を吸ってしまって、カリっとした食感がなくなり
アーモンドのほうが比較的食感が長く保たれるなーと思いました。
これも好き好きですし、シュト-レンは薄くスライスして長期間頂くお菓子で
最初の1切れから最後の1切れまで、だんだん味や食感が変わっていくのも
楽しみの一つなので、くるみでも良いのだけど~~~
やっぱりアーモンドかな??
ほとんどのドイツのレシピでもアーモンド採用されていますし
食べ比べてみると納得です。

そうそう、オーブン屋さんで焼いた分のシュト-レンも
焼き上げ直後は半生ぽい気がしてならなかったのですが
完全に冷めてから切ってみたら、ちゃんと焼けていたし
日が経つにつれ、ドライフルーツやラム酒の味も落ち着いてきて
心配したほどではありませんでした。
(焦げた部分は気になったけどねー!)

あー、でも、あのオーブンに慣れるまでには
また何度か試作しないと~ですね。
早くおうちができて、お菓子の作業も始めたいものです。

それから、パッケージのイメージもいくつか試してみました。
と言っても、シールとかまだ無いので、家にあった代わりのもの貼っつけただけですが。
なんとなーくのイメージです。

どシンプル。 シンプルバージョン これにお店のロゴシールなんか貼ったらどうかな?
         かなりエコなイメージですね。

ドイツ感!  どっぷりドイツバージョン ドイツカラ―のリボン+金のシールで高級感も。

かわいい系?カワイイバージョン 毎年作ってた時もこんな感じのラッピングでした。
         赤い糸がかわいい感じで、やっぱり赤やオレンジがあると美味しそうに見えます。

こんな感じで、楽しみながら色々試行錯誤(とまでいかないけど??)してまーす♪



スポンサーサイト
[ 2014/07/20 07:08 ] Backstube/仕事場 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。