Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

行き当たりばっ旅。③

さて、闘犬見学で一汗(?)かいた後、
高知といえば!
桂浜といえば!!のこの方に会いに行きました。
              ↓
 銅像・後姿
あら、後姿でした~。
どなたかわかりますか??

正解は・・・

そーです、この方こそ!坂本龍馬
・・・え!!
私のお団子頭のがハッキリ写ってますー!!
だってね、この時は運悪く逆光で・・・12枚も撮ったのにぜんぜん顔が写らなかったんですよー
後姿はあんなに素敵に撮れたのに。
それで、自分たちも入って記念撮影してて、その中でもいちばん顔がハッキリ写ってるのがこの写真。
わかりましたぁ~??
坂本龍馬さん、でした。


これで桂浜を後にし、
また車に乗って今度は高知市内へ向かいました。


よくわからないけど観光スポット??の「はりまや橋」に到着~。
とりあえず、パチリ。
 RIMG1688.jpg
なんだか夫婦のような、恋人同士のようなふたりの像に赤い橋・・・
きっとこの橋、この二人にまつわる悲恋のお話があるんだわー
それとも、この橋を二人で渡ると幸せになるとか??
きっとそうだわぁー
・・・と勝手に思い込み、とりあえず渡ってみました。

が、橋のたもとに「江戸期はりまや橋の由来」たるものを発見。
なになに?
 藩政時代、堀で隔てられていた豪商播磨屋と富商櫃屋が互いの往来のために架けた私橋が後に「はりまや橋」と呼ばれるようになります。当時は簡素な木造りの橋でした。うんぬんかんぬん。
えー!!
じゃあ、この二人は何なのー!?
なんにも関係ない・・・??がっくり。

ま、こんなもんかと立ち去ろうとしたとき
お孫さんを連れた一人のおじいさんに声をかけられました。
あと10ほどで向かいのビルのからくり時計が動く時間じゃよ。
  高知の名物ばっか見れる時計じゃけー、見て行きんさいな。
  (注:方言はよく覚えてないので、私の中で勝手に変化してます。)


そして10分後・・・
からくり時計 → からくり時計 
 
 
RIMG1697.jpg → RIMG1698.jpg


RIMG1699.jpg → RIMG1700.jpg


最初はただの四角い時計だったのに、上に高知城が現れて下によさこい祭りの踊っている人が現れて・・・
その後は左に桂浜と坂本龍馬、右にはりまや橋と例のふたり(一人ずつ登場!)が順番に出てきて
たしかに高知の有名どころは全て押さえている時計でした。
おじいちゃん、ありがとー!

そして常日頃「動画の撮り方、わかんないー」状態だった私が動画にチャレンジ!
帰ってきて見てみたら、ちゃんと写ってる~♪
この時計、よさこい祭りの音楽に合わせてるので、その楽しい雰囲気を味わってもらおうと
初・動画アップを試みたのですが、できませんでしたぁ~!
どうやんでしょね?動画アップ。
それと、動画撮れてたは良いんだけど、向きが横向き!!
これも直したいのに、どーにもできない。
師匠~!たすけてー!!



つづく

zoomzoom003





スポンサーサイト
[ 2008/05/09 14:48 ] 旅のお話 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。