Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013伊達巻

風邪っぴきではありましたが、
ちゃんと今年のおせちにも手作り伊達巻を入れましたよ~。
だって材料は揃えちゃったし、
作らないでおいて市販の伊達巻を買いに行くっていう
そういう余裕すらなかったんですもの。

      2013伊達巻

伊達巻、材料さえあれば
ガガガーっとミキサーで作れちゃいますからね。簡単です。

しかし巻く段階で、やはり力が弱かったんでしょうか?
去年うまくいったギザギザ感が、今年はちと物足りない感じです。
残念!

でも焼き具合はバッチリで、今までで一番美味しかったかも❤
卵苦手の葉牡丹も「あら、美味しいじゃない♪」と大絶賛。
芽キャベツはというと、ケーキの様に甘い卵焼きにうっとり。
一番沢山食べていましたね。

沢山食べてくれるのは嬉しいけど、やっぱり一度に沢山はいけませんね。
数枚切っては、残りは見られないように冷蔵庫にサッとしまう!
この作戦で、一応はセーブできました。
…かな!?


スポンサーサイト
[ 2013/01/21 15:20 ] 季節の行事 | TB(-) | CM(4)
NO TITLE
ぼたちゃん、こんばんは~☂
伊達巻、綺麗に出来ましたね。
風邪ひきさんだったのにエライ・偉い!!!
お節を作っていた時は、伊達巻と蒲鉾は買って
いたんです。
昆布巻きもきんとんも作っていたのですがね…。
「今年は作ろう!」なんて、家族が増えてから
思うのですが…思うだけですわ(苦笑)。

糖分制限で育てると、初めての甘いオカズは
子供には麻薬みたいなものですよね。
私も子供達には厳しく制限してきたのですが、
いかんせん甘い物=愛情と考えている人がいて、
困った思い出があります。
フフフ~歴史は繰り返されて、娘が同じ事で悩んで
いるんですよ。
[ 2013/01/21 22:43 ] [ 編集 ]
NO TITLE
◎アンさん◎

アンかぁーちゃん、こんにちは!
今日も冷たい雨ですねぇ~。お洗濯ものが乾きませんー!(涙)

おせち、蒲鉾まではさすがに作れませんよねぇー。
ドイツに居た時、一度だけハム太とチャレンジしましたが、
材料も道具も乏しい中で苦労して作ったわりに全然美味しくなくって。
あのトラウマからか、蒲鉾だけは作ろうって思わないです(笑)
昆布巻きはハム太の担当でしたが、去年から廃止になりましたし
(コブが硬かったり味が薄かったり、安定せず、人気なかったので~)
我が家も手作りしてるのは、ごまめ・伊達巻・きんとん・黒豆・お煮しめ・紅白なます・数の子(?)だけとなりました。
やはり甘いものが多いですね…。

甘いもの、昔は甘いだけで済んでいたからまだ良いですが
昨今では市販の物には添加物など大量に含まれていますからね~。
パッケージ裏の表示を見ると、とても怖くて買う気になれません。
家で作っても材料自体にも少量は含まれていることもあるし
絶対ゼロって難しいですが、できることならなるべく少しでもって思っちゃいますね。
清涼飲料水なんて、もってのほかだと思っていたのですが
先日お友達がすでにカル○スウォーターを飲ませていてぶったまげました!
うーむ、各家庭で色々ですね!
[ 2013/01/22 09:10 ] [ 編集 ]
NO TITLE
親が制限できるときはしたほうがいいんですよ~。カルピスなんてまだいいほうで、今日知り合いから聞いたところによると、こちらの赤ちゃん、粉ミルクに親が「はい、デザート~」といって、チョコレートシロップを加えてるんだそうな・・・。まあ、これは極端な例ですけど、多いですよ!めちゃ、添加物にさらに色々足してる人。肥満ではきっと世界1の国です(苦笑)

伊達巻は今年は作らなかったのですけど、今写真を見たら、作りたくなっちゃいましたよ!色がとても綺麗ですね。私のはつい焦げが怖くて色白です・・・。御節に黒豆は欠かせませんね。

健康でいるということが別な意味で大変なのは色んなチョイスができるからですかね。正しい選択ができるようになりたいですわ。
[ 2013/01/22 10:25 ] [ 編集 ]
NO TITLE
◎ハンニバル強子さん◎

強子さん、こんにちは~。
ひぃーーー、粉ミルクにチョコシロップですか!!!
それは恐ろしいことをっ。
チョコレートは本当に恐ろしいですからね。
大人の様に(大人でもセーブできない人は沢山いますが)自分でセーブできない年頃の子どもには与えるべきではありませんよね。
…とはいえ、今でこそ私も「今日は少しだけ~」とか「今日はなし!」、
「上質の物をほんの少しだけで十分」って気持ちになりましたが
若い頃はそうではありませんからね~(反省)。
本当、食というのは奥が深いです。
しかし、食の範囲での親の役割って相当大きいと思うので
今は厳しくとも、のちのち芽キャベツも「よかった!」と思ってくれる結果になればいいなぁ~と思います。
正しい選択って100%は難しいことですが、できるだけ~という感じで
気楽に楽しんで続けられると良いですよね♪

伊達巻、我が家では大きな卵焼き器がないので
直火ではなくてオーブンで焼いちゃいます。
四角の形にオーブンシート敷いて流し込んで焼くだけ~。
これなら表面が焼けて行くので、目に見えるから安心です。
[ 2013/01/23 16:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。