Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鬼が島

まだまだ続いてます、お友達滞在記。
4日目は朝から島へ渡ることにしました。

フェリーに乗って、女木島(めぎじま)へ出発です。

「うみだぁー」「うみだねー」 フェリーの上

女木島というと、別名は鬼が島。
桃太郎が退治した鬼の住んでいた洞窟があるのです!
今日は探検隊?ということで、また芽キャベツは山ガール風です。
(さて、いつまでもつか!?汗)

高松港から女木島まではフェリーでたった20分。
そこから洞窟まではバスが出ています。
フェリーから降りると、若い人たちも沢山降りたはずなのに
洞窟へ向かうバスは私たちだけの貸きりでした。
なぜ??

貸きりなので好きな所に座りな~と 貸切バス
子供たちに言ったら、全く正反対の場所に陣取る2人。
そういや、フェリーの中でも、我が家は椅子席
お友達親子はお座敷に、と、めっちゃ離れていて
なんにもお話できなかった(涙)
まー、べったり一緒にいると、もめる2人なので(爆)
ちょっと離れたくらいで仲が良いほうが親も助かります(笑)

バスを降りると、帰りのバス時刻表が書かれていましたが、
2時間おきくらいにしか無くて、どう見ても時間が合わず、
すっごい超特急で洞窟を見るか、
のんびり見ても1時間くらいバスを待つか…しかなくて
どうしよう?と思っていたら
バスの運転手さんが「11時20分くらいに迎えに来ますから~」と。。

えー?そんな時刻表に無い時間にバスで迎えに来てくれるなんて!
そんなサービスありぃ??

でも、それはとっても在り難いお申し出だったので
素直に受けることにしました。
あー、助かるぅ!運転手さん、どうもありがとう♪

   おにが島

さて、私にとっては懐かしいこの看板↑
芽キャベツも、まだ歩き始めのころに来たことがあり、
この看板に見覚えがあったのでしょうか???
全然怖がる様子もなく、山ガール風でウキウキ♪

一方、お友達の怖がり君、こんな可愛らしい鬼の看板で
何か察知したのか、それ以上前に進みたがらなくなってしまいました。
とりあえず皆行くよ~と洞窟の前までは来たものの…

  洞窟入り口

ちょっとリアル系の青鬼に、またビビっておりました(笑)
芽キャベツはご覧の通り、ピースしてルンルンです♪
それを見たお友達も、ママも行っちゃうって言うし…(涙)と
仕方なく入り口で記念撮影をし、なんとか洞窟へ入り込みました。

ここから先の洞窟の話は、以前ご紹介した時のをご覧ください~。
今回はビデオばっかり撮ってしまい、あんまり写真は撮れませんでした。

洞窟の内部は、ちゃんと案内してくださるオジサンがいらしゃって
前来た時とは別のオジサンでしたが、今回も楽しいお話でした。
芽キャベツは、オジサンを気に入ったのか、
私がビデオをオン・オフしたり忙しくしてたら
急にオジサンの横に行って、自分から手を繋いだりしてましたよ(驚)

洞窟中には、まだ瀬戸内国際芸術祭の時の作品が残っていたり、
見どころ満載なのですが…
まー、やっぱり洞窟は洞窟。
暗くてジメジメですからねぇ~。
お友達の怖がり君は、ママから離れられませんでした❤
あはは~!

そうそう、洞窟の真ん中あたりでは
3人の鬼が「会議中」と称して、お酒を飲んだくれてる人形が座っており
それを見た芽キャベツ…

  「おとーさんだぁ~!」

と何度も何度も大声で言い、
最初は貸切でしたが、後から来た年配のご夫婦がいらして
「ぷぷぷ」と笑われてしまいましたよ。
もぉ、恥ずかしいー!

でも確かに、髪も短くて眉毛もぶっとくて
ハム太にそっくりな赤鬼さんでした(爆)
ビデオばっかり撮って、写真撮り忘れ~。残念!

さて、洞窟を出て、記念撮影です。

    ももたろう芽キャベツ

最近↑このタイプの記念撮影にハマっている?芽キャベツ。
見ると必ず撮りたがります。
でも大抵、背が届かないので、カメラ撮る人と黒子役が必要で
大変なのよねーーー!
今回、私が黒子でしたが、見れば見るほど桃太郎の衣装とマッチしており
自分でも笑ってしまいます。

この後、ガイドのオジサンが、洞窟から見える景色まで案内してくださり
「ほー」と感心していましたが
そろそろバスの時間だからということで、
私たちはバス停方向へ、
自家用車で来られた先ほどのご夫婦は、展望台へ行かれました。

またまた貸切バスに乗ってフェリー乗り場へ着いたら
雨がポツポツ。
あちゃー、傘も合羽も持ってきてない~!

とりあえずフェリーが来るまで、お昼ご飯たべましょう!
と、フェリー乗り場の売店兼食堂のようなところで、うどん。

   鬼が島うどん(小)

これは↑確か「鬼が島うどん」って感じの名前だったと思いますが
注文したのは小サイズ。
大だと海老が2本乗ってくるので、それが鬼の角を表わしているっぽい??
でも小では、なんの意味も無かったですね(爆)

これと、芽キャベツにはワカメうどんか何かにして(忘れたー)、
とりあえず腹ごしらえを済ませました。
結構時間はたっぷりあると思ったのに、ふと時計を見ると
そろそろフェリーが来ちゃう~!
どーして子供との食事って、こう時間がかかるのかしら(疲)
はぁー。。


   フェリー、来た来た~♪

さぁ、フェリーが来ましたよ♪
…って、ごはんを食べる時にリュックと水筒を下ろした芽キャベツ、
この時点で「もぉ、しないっ」といくら言っても断固拒否。
山ガールはこれにて終了でーす(凹)


つづく

スポンサーサイト
[ 2012/09/18 13:53 ] ちょっとおでかけ | TB(-) | CM(4)
ぼたちゃん、こんばんは~☆
桃太郎は岡山県生まれですよね。交通も不便な時代に岡山から
瀬戸内海を渡って鬼退治に行った…さすが桃太郎さんですね(笑)。
昔、岡山出身の友達から桃太郎の起き上がりこぼしを頂いたの。
その頃は桃太郎が岡山出身と知らず、怪訝に思ったものでした。

鬼や怪物なんかって慣れですね。
家に獅子頭があって、ケメコが2~3歳の頃見せたらギャン泣き!
12cmくらいあって口が開閉出来るから怖かったんでしょうね。
獅子頭=恐怖を植え付けてしまったものだから、後日婿の実家へ
行った時、姑がケメコを喜ばそうと2~3cmの出して来たら
ギャン泣き程度では済まなかったらしいの。
そのケメコも町内の秋祭りには参加して、獅子の後ろを持って歩く
様になりました。昨年なんか「来年は頭を持って歩きたい」なんて
言い出す始末!今年ツムジを参加させたら…失神?(爆)
[ 2012/09/18 22:45 ] [ 編集 ]
ああー、親子で鬼が島へ!
お友達のお子さん、まるで我が末っ子そのもの(苦笑)。きっと泣くかもなぁ。でも一番笑えるのが、何ですか!?芽キャベツちゃん、お父さんのこと飲兵衛だと!?あっははー。ホントに一緒に座り込んで飲んじゃったら笑えちゃう~。一緒に座ってもらって写真撮りましたか?ごめんなさい、ハム太さん。私もきっとぷっぷっぷ、じゃなくてぎゃっははーとか笑っちゃいそうです。その隣に座り込んでいるのがアンさんだったら涙流して笑っちゃうかも~。失礼しました・・・。
[ 2012/09/19 13:26 ] [ 編集 ]
◎アンさん◎

アンかぁーちゃん、こんにちは♪
桃太郎、今でこそ岡山県で有名ですが、昔はどこ出身だなんて知りませんでしたよね~。
桃太郎さんの起き上がりこぼし、想像するだけで可愛いんですけどーー!いいなぁ、岡山県。。(爆)
香川は四国の他県より、岡山県と身近なので、なんとなく親近感が沸きますね♪

あははー、ケメコちゃんの獅子頭エピソード、いつだったかもお聞きした覚えがあります。
獅子舞祭りの記事を書いた時だったかしら??
でも、ほんと、男の子より女の子の方が最近は(?)しっかりしてますからねー。
きっとケメコちゃんより、ツムジ君の方が獅子頭と出会った時のリアクションは面白い…いや、大変かもしれませんね??(笑)
[ 2012/09/19 14:40 ] [ 編集 ]
◎ハンニバル強子さん◎

強子さん、こんにちは♪
えー、3男くん、こんな感じですか??
やっぱり男の子のほうが甘えたちゃんなんだなぁー。
短期間滞在でハタから見ている分には、かわいい~とかママ大変ね~って感じでしたが…
やっぱり私には男の子育ては無理そうですぅー(爆)
自分の子だったら、絶対「男の子は泣くんじゃないっ!!」ってお尻引っぱたいていたかもしれません。
あらぁ、私って昔懐かしの肝っ玉かあちゃんタイプなのかもしれません~。あははは。

なるほど、鬼の会議中、隣に並んで一緒に飲んでる風に写真撮ったら面白かったですね~!
でも鬼が座ってるとこ、柵がしてあって中に入れないようになっていました。残念!!
それを乗り越えてアンさんも並んで座ってたら…と想像したら可笑しくなってしまいました。
あっ、私も…し、し、失礼いたしましたーーー!!
[ 2012/09/19 14:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。