Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フィールドオブクラフト倉敷

GWも終わり、その後、吹きガラス体験までして
もうすっかり日常に戻ったかと思われたのに
また楽しい所へ出かけてしまいました!
5月13日日曜日のお話です。

本当は、数か月前から、この日は愛媛県の今治へ行く予定でした。
年に一度の今治タオルの即売会のような催しがあると聞き、
良質のタオルをお安くゲットできるチャンス❤
これは行くっきゃない!と思っていたのです。
ですが、先日お邪魔したガラス工房さんで
この「フィールドオブクラフト倉敷」のチラシを頂いて
ハム太との5秒の家族会議の結果、倉敷へ行くことに決定したのです。

    フィールドオブクラフト倉敷

このフィールドオブクラフト倉敷、もう今年で7回目なんだそうです。
こんなに楽しいイベントが毎年開催されてたなんて!
全然知らなかったです。
あー、去年も一昨年もその前も、行き逃していたなんて!
それほどまでに楽しい場所でした。
でもイベントの様子など、2枚くらい撮っただけで
それも上手く撮れていなかったので、詳しくはサイトをご覧ください❤
サイト

このイベントをご紹介くださったガラス工房さんも
ワークショップの「ガラスのはんこを作ろう」を開催されておられました。

そうです、ワークショップ!
私が写真を撮る間もなかったというのは
全てこの楽しいワークショップのせいなのですー❤

沢山の工芸作家さんがお店を出展されていますが
10店舗ほどのワークショップもありました。
ハム太も私も見るのも好きですが作る方も大好き!
当然ワークショップを真っ先に覗きに行きました。

あらっ??早速陶芸に参加するハム太
あららら?
ハム太ったら、もう参加しちゃってますよ!

実はかなり早く到着してしまったボタ家(ハリキリすぎ?)、
ワークショップも、まだ準備中だったのに「どうぞ~」との
優しいお言葉に甘えて、ハム太、参加しちゃいましたよ。。
でもね、これ陶芸です。
陶芸、もちろん私も大好きですけど
一応通っている?陶芸もあるのだし、今ここでしかできない!っていう
そういうワークショップに参加すればいいのに…
(時間限られてるんだから!)
みなさん、そう思いませんかーーー?

って、あとでハム太に言ったら
「土とか釉薬とか違うかな~と思ったんよー」ですって。
まぁ違うだろうけどさっ(笑)

てか、それよりハム太が背負ってるの、芽キャベツです。
…って一目瞭然ですって?
いやね、最近ベビーカーも抱っこ(おんぶ)紐も卒業して
お出かけの時も持って行かないのですが
この日はワークショップやる気まんまんだったハム太が
「芽キャベツは俺に任せとけ!背負っとるわ!!」と言うので
まぁ内心「絶対無理だろー」とはわかっていましたけど(爆)
ハム太が張り切ってるので、持って出かけました。
そして、到着まで車中で寝ちゃってた芽キャベツを、
早速背負って駐車場から出てきたわけなんですけどね。

ほーら。早速陶芸に参加する芽キャベツ(笑)
写真2枚目にして、もう脱出してますよ!

こんな楽しい所で、芽キャベツだって大人しくおんぶされてるわきゃーない!
「やるーーやるーーー」と張り切っています。

満面の笑みの芽キャベツ そして参加(笑)

芽キャベツ、とっても楽しそうです❤

で、私はと言うと陶芸のお隣のブースで
「銅やステンレスのスプーンを作ろう」というワークショップがあり
そちらに参加してみたくってウズウズ!!
陶芸が始まっても、まだずーーっと準備中で(時間が早すぎたので)
しかも午前に銅4名ステン4名、午後にも4名ずつという
かなり限られた参加可能人数!!
その上、参加したそうな人が周りをウロウロ~~~という状況で
芽キャベツの様子も気になるしで、かなり緊張しました(笑)

そして受付開始されて、私は銅を希望していたのですが
めでたく最後の1人の銅のスプーン製作者として
受付していただくことに成功ーーー♪やった~!!
この時はすごく嬉しくて、芽キャベツも長く待たせたらダメだし
ちゃっちゃと作って終わらせよ!
と気楽に考えてたんですねぇ~。。

 1枚の銅板

↑これが銅のスプーンの原型。
こんな真平らな銅板をひたすら叩いてスプーンにするのです。

ちなみに「作業時間は1~2時間」と書いてありましたので
私、結構ちからあるほうだし、1時間で終わるだろーと
高をくくっておりました。

まずは木槌で叩きます。浅いカーブがつきました
用意されてた台には半円状の穴が空いていて、
その窪みに合わせて叩いていきます。
最初は浅い方で叩き、ある程度になったら深いほうで叩きます。

 鉄?の成形棒を立てます。 こんな感じのカーブが付いてきたら、
作業台の真ん中に、上部がカーブになった鉄?の棒を差して
今度はそのカーブに合わせて、金づちで叩いていきます。
外に向いていたカーブを内側に内側に、と縮めて行く作業です。

ここからが、本当に長くて長くて…
しかも、他はみなさん親子で参加されてて会話もできるけど
私なんてハム太も芽キャベツも隣のブースで。。
めちゃポツーーーンでしたよ。
それで、お隣も別の親子さんも「お父さんと子供」というペアだから
すっごく進むのが早い!
私、やっぱり普通の女の人より力はあるけど
働き盛りのお父さんには負けますもんね…。
すっごい置いてけぼりでした。
(もう1組は、小学5年の男の子とお母さんというペアでした)

で、ハム太、はやく陶芸終えて、こっち来てくんないかなぁ~~~と
ずっと念力を送ってたら、やっと来てくれましたよ(ほっ)

これ、ハム太の手。 ひたすら叩きます…

しばらくやってくれて助かったけど…
最初の説明を聞いてないハム太、私が説明しているのも聞き流し、
勝手に?わかってる風でトンカントンカンやっているからハラハラ!!
ちがーーーう!
と、何度となくストップかけて、やってもらいました。
でも、これもほんの少し。
すぐに芽キャベツが飽きてしまったので、また放って行かれてしまいました。

     一度、温めなおします

で、ある程度作業していると、叩いたことによって
銅が硬くなってしまい、作業もしづらいということで
銅を柔らかく戻すために、バーナーで炙り、熱を加えます。
銅の色が黒くなったり青くなったり?色々変化して、水にポチャン!
冷めたら、ナントカって化学薬品に3分ほど浸します。

んでもって、また作業開始!
ひたすらトンテンカンテン(でもちゃんと、形づくりながら)。
ひー、こりゃ明日は右腕が上がらないかも??
そんなことを考えながら、またハム太戻って来てくれないかなーと
淡い期待。。

そして、ほんのちょっと戻って来ては、また芽キャベツとフラリ~。
まぁ芽キャベツ見ててくれてるだけでも有り難い。
…と思おうか。
(この時は、そう思えないほどの苦行でしたよー)

そして8時間後。 私の勇姿!
…実際には2時間弱だけど(笑)

やっと最後に残されてた取っ手の部分に取り掛かり、
角度とか自分の好きな風に自由にやってよいと言うので、また悩み
色々考えていたけど、さすがに芽キャベツもおなかが空いてグズリ気味。

最後までじっくりやりたかったけど いよいよ取っ手の部分!
そこは2歳児連れの宿命ですものね。
ちゃっちゃと焦りながら作業を終えました(涙)

最後には、刻印も入れられるとのことで
何を入れようかと、これまた悩んで大変だったのですが
ハム太に相当焦らされたので「K」の1文字だけに決め、
いざ、カーン!!とやったら、失敗しました(凹)
ハム太が来るまで待って、支えてもらえば良かった…

そんなこんなで、慌ただしく先生にお礼を言い、
(一応最終チェックもしていただいて)
とっとと、お弁当タイム❤おべんと~
また、あのお重です(笑)
しかも、さっきまで暗いテントの下での撮影にカメラを合わせてたので
いきなり外へ移動して、めちゃ白んでます。
(おにぎり、から揚げ、卵焼き、若ゴボウとじゃこの炒めもの)

とりあえず芽キャベツもお弁当食べ始めてゴキゲンになったので、
その横で、やっと先ほど完成したホヤホヤの銅のスプーンを取り出し
撮影しましたよ。

じゃじゃーーーーーん♪


    完成~~~~~!!

あらま、こちらも白んじゃって、あんまり上手く撮れませんでした。
でもあの真平らの銅板から、こんなスプーンを叩いて作っただなんて!
相当苦労しましたが、とっても面白かったです。
一応、コーヒーメジャースプーンに丁度良い大きさだそうで
目安の為に置いてあったコーヒー豆を入れてみたら
若干大目に入るくらいだったので、縁も削らずに(時間なかったし)
紙やすりでこすっただけでした。

刻印した「K」の1文字は、
もちろんKno:pfchenのKでもありますが、
ドイツ語のコーヒーKaffeeの頭文字でもあります。
…でも我が家、コーヒー党ではないので豆無いんですよね~(爆)
どうしましょ。

お弁当を終え、車に荷物を置きに行き みさお牧場のジェラート
さーて、これからはお買いものモード❤
…と思ったけど、その前にデザート!

ジェラート食べちゃいました。ごぼう・ミルク・イチゴミルクのトリプル❤
トリプルがお得だというので、トリプルサイズにしましたよ。
(家族3人で1つですよー)
最近、「いちご、いちご」とうるさい芽キャベツの為にイチゴミルク、
それから牧場といえばミルクでしょ、とミルク。
もう1種は、牛蒡というのがあったので試してみました。

ほんのり牛蒡の風味がする程度で、濃いわけではありませんが
面白かった!
そして芽キャベツ、何度目かのアイスですが…
あんまりアイス好きじゃないみたいですね(ほっ)。
「ちゅめたい…」と言って、自分からパクパク食べる感じでもないので
ハム太と2人でバクバク食べました(笑)

この時点で、いつもだったお昼寝している時間をとっくに過ぎてるのに
まだまだ元気に走り回っている芽キャベツ。
いつ電池が切れるんだろうか??と心配?いや期待?しているのに
全然寝ません!

なので、こんなの体験してみました。オイル塗り体験
お箸を買って、そこに自分でオイルを塗る!というものです。
大人用は売り切れていましたが、子供用はまだ2膳残っていました。

芽キャベツも興味津々。一生懸命説明を聞いています??
ちゃんと?説明を聞いて、自分でも塗り塗り(拭き拭き?)していましたよ。
この直前、少し愚図っていたのですが、これで復活してくれました❤

このお箸、ブナの木で出来ているそうです。
持つと手に柔らかく馴染む感じです。
オイルは珍しい桐の実のオイルだそうで、口に入っても安全なんだそう。
使っているうちにオイルは当然薄くなっていきますから
そうしたら、またオリーブオイルなどを塗っておけば
長く使えるんですって!



さてさて、ちょっと(だいぶ?)長くなってしまったので
ここらで休憩です。
(まだ続きます、倉敷のお話。)


スポンサーサイト
[ 2012/05/26 12:46 ] 手芸/工作/ものづくり | TB(-) | CM(2)
ぼたちゃん、こんばんは~☆
好き好き大好きこんなトコ❤ 私も!見るのも作るのも大好きです。
クラフトって聞くだけで胸が躍りますよね。

銅のスプーン、凄くお上手に出来ましたね。やはりアンかーちゃんの
子だけある♪私がそこに居たら、やはりスプーンを作っているわ。
それと木工も興味あります。

余談ですが…私のコメは余談が多いわね?(苦笑)息子、陶芸と
彫金もやっていました。結婚前で嫁になる彼女に指輪を作って
贈ってたよ。単なるボンビで指輪を買うお金が無かっただけかな?

芽キャベツちゃん、ケメコと雰囲気似てますね。
ケメコもお髪を二つに結んでチェックのお洋服着てたから「エッ!」
なんて驚きました。
フフフ~芽キャベツちゃんは、作業に夢中になると唇とんがったり
しません?

[ 2012/05/26 22:23 ] [ 編集 ]
◎アンさん◎

やっぱりアンかぁーちゃんもお好きだろうと思っていました!
こんなイベントがあると知っては、いくら今治タオルが安かろうと、こちらに行ってしまいますよねーーー。
来年はアンかーちゃんとばったり倉敷でお会いできるかもしれませんね?(笑)

銅のスプーン、作るの本当に大変でした~。
翌日トンカチを振っていた右手が痛くなるかと思っていたのに、ずっとスプーンを固定していたほうの左手が痛くなったのにはびっくり!
3日くらい痛くて更にビックリしました。
普段使わない筋肉だったからでしょうかねー。
アンかぁーちゃんも来年の為に、左手の親指の付け根のあたりの筋肉を今から鍛えておいたらいかがでしょうか(笑)
もうひとつのステンレスのスプーンは、もう少し柄が長くて使い勝手の良さそうなスプーンを作っていて、そちらもまた気になるところ。
来年はステンのスプーンを作っているかもしれません❤
そして木工も気になります?やはり??
作家さんによって個性のある作品ばかりで、どれもこれも素敵でした。
今思い浮かべても素敵です。あー、欲しい…そして作りたい!(爆)

あはは、息子さん、手作りの指輪だなんて素敵じゃないですかぁ~❤
ボンビでもいいんです、気持ちがこもっていますもの!
昔、ドイツでの職人仲間で家具職人の彼がパン職人の彼女に木工の指輪をプレゼントしていたのが、すっごく羨ましかったですよー。
うちだったら、ハム太がソーセージの指輪とか?生肉?もしくは豚の骨で??とか考えたら嫌になっちゃいましたぁー!
やっぱりずっと残るものって良いですよね♪
(美味しいものも、もちろん良いですけどね❤)

芽キャベツ、ケメコちゃんに似ていますか❤
一緒に手つないで歩いてたら、姉妹に間違われるかしら~。
ばぁばが同じだから(笑)似ているのでしょうね♪
芽キャベツ…作業に夢中になると口を尖がらせないで、たまになぜか下顎を突き出しています(爆)
あいーーん!となってます(大笑)
受け口になるほどクセにはなってないので、大丈夫だと思いますが、ちょっと外だと恥ずかしいです~。
小さい子が口尖らせるの、可愛いですよね~!
[ 2012/05/28 14:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。