Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

芍薬

先月くらいでしょうか。
芽キャベツとのお散歩の帰り、妊婦さんに話しかけられました。
彼女は7月にご出産予定で初産。
赤ちゃんもおそらく女の子だそうで、私とも年が近そう。
話がはずんでマンションの下で20分くらいは話してたでしょうか。

んじゃそろそろ家帰ろうか~となったら、
同じマンションの同じ階。
お隣のお隣に住む奥さんでした(笑)

それ以来、すっかり仲良くなりまして
色々お裾分けしあったりしています。

そしたら先日「実家のお庭で芍薬が咲いてるからどうですか?」と
メールいただいて、取りに伺ったらものすごい沢山でびっくり!
半分こしましょう~と言ったのに
結局全部いただいてきてしまいました❤

お昼寝から起きた芽キャベツと、早速生け花?にチャレンジ。
芽キャベツ人生初の生け花です。

葉っぱ持って次差すところを考えてる!? う~ん…つぎは~…
いやいや、たまたま、そんな風に撮れただけです~。
あはは。

でも、私は水切りしたくらいで
ほぼ芽キャベツ一人で生けきりましたよ。
こちらが、その作品(笑)。

     芽キャベツの初めての生け花

あはは、やっぱり確認したら、茎の先がお水の中に入ってないのがチラホラ。
「お花はお水がゴハンだから、ちゃんと入れてあげないとね~」と
教えたけど、いまいちピンと来てない様子でした。

でも、最近、床の間にお花を飾ったことがあり(2年ぶり??)
今までは花瓶ごと倒しちゃいそうで控えていたのですが
「お水が入ってるから気を付けてね、お花、大事大事してね」と
言い聞かせたら、興味を持ってじっと見はするけど
お花には触らないで我慢していたので、だいぶお姉ちゃんになってきた??と
嬉しく思っています。

さて、せっかく芽キャベツが生けてくれた芍薬ですが
お水に入ってないんではアウトでうから、生け直しましたよ。

     蕾がたくさん!

???
なんか、あんまり変わらないですね(爆)
まだ蕾ばかりの芍薬を沢山いただいたので
(あとで数えたら、白が12本に赤が8本でした)
あまり短く切らないでおきました。
そのほうが長く楽しめるかな~と思ったのです。

それから毎日、朝のお水換えの後には必ず「生け花」をする
そんな習慣になりました。
咲いたお花は短く切って安定を良くし、花器の縁に
まだ小さめの花や蕾は長めにしておきました。

 3日後 4日後

 5日後 6日後

白いほうが柔らかい蕾だったので、先に白が満開になり
3日くらいしたら赤いほうが咲き始めてきましたが
白いほうは散ってしまいました。

     1週間後

最初に頂いたときの芍薬が、あまりにもたっぷりあったので
帰宅したハム太も歓声をあげるほど床の間が華やいでいました❤
「料亭みたいやぁ~♪」と言ってましたっけ(笑)
1週間経ち、やっと庶民の家の感じになってきましたよ。
今日は更に赤い花を2つ落とし、花器も細長いものに替えました。

でもまだ赤い花も咲いているし、白い蕾も沢山ついています♪
こんなに長く楽しませていただいて、本当に感謝です。
ご近所さんとお友達になるって、また世界が広がって楽しいものですね。



スポンサーサイト
[ 2012/05/22 13:05 ] ガーデニング/植物 | TB(-) | CM(4)
ぼたちゃん、こんばんは~☆
芽キャベツちゃん、華道の心得もおありなのね。3歳から始める
芸事に華道もプラスされては?

女の子ってお花が好きですね。ケメコも来るとお花にお水を
やりたがったり、帰る時は一輪持って行くんですよ。

花瓶は備前焼きですか?
備前と言えば思い出すのは、11年前、娘と倉敷へ旅行したの。
で、教室の先生方に「備前焼買ってきました」と、お煎餅の土産。
あはは~『備前焼』と書いたお煎餅を見つけたんですよ(爆)。
[ 2012/05/22 23:18 ] [ 編集 ]
芽キャベツちゃん、既に花嫁修業ですね!茎が入っていなくても見た目はぼたんさんとどっこい、どっこい!素晴らしい感性です。自然に触れる、本物に触れる、やっぱりぼたんさんたちの育て方いいですねえ。

それにしても芍薬って満開になるとものすごいボリュームで豪華ですね!料亭や~と喜んでくれるご主人へのお料理はやっぱり和食?ちょこっと一杯引っ掛ける方がいいのかな。
[ 2012/05/24 04:58 ] [ 編集 ]
◎アンさん◎

アンかぁーちゃーーーん!
なんだか芽キャベツのお稽古代だけで、我が家は家計が火の車になっちゃいそうですよ~!(爆)
いや、なっちゃいそう!ではなくて、確実になりますね。あはは。
お花は…そうですね、私が使ってた教科書があるので、それ見ながら独学でやらせてみましょうか(笑)

ケメコちゃん、帰る時にお花を一輪持ち帰るだなんて、すてきな習慣ですね❤
「今日はどれにしようかな、ばぁば?」なんて可愛い声が聞こえてきそうです。
お花を好きになると、それに続いて、自然と虫や土や水も大切にすることに繋がりますよね。
本当に素晴らしいことだと思います。

あははは、備前焼なんて名前のお煎餅があるのですね!
それは陶芸の先生には大うけだったことでしょうね。
ふふふ。
あ、この花器は土は備前の土らしいですが、窯は滋賀県だそうです。
おととしの夏ごろに出かけた「京都ものづくり展」で工芸大?の学生さんが製作された作品を頂いてきたものです。
ハム太はこの「京都ものづくり展」に今年も行きたいとノリノリです。確かお盆の頃だったと思うのですが~。
アンかぁーちゃんも行かれたらきっと楽しい所だと思います。またお知らせ致しますね~(遠いですかね??笑)
[ 2012/05/24 13:01 ] [ 編集 ]
◎ハンニバル強子さん◎

あはは、花嫁修業とは気が付かなかったです!
よし、そうと決まったらビシバシしごかなくっちゃ!?(笑)
お料理と掃除は好きみたいですから(今の所?)あとはお裁縫ですかね~。
あの針刺し、1個芽キャベツにあげようかしらー(笑)

芍薬、蕾はコロンとして可愛いのに、開くと雰囲気が違いますよね~。
満開の時は、そりゃあ床の間が華やぎました♪
え、ごはんのメニューですか?
そんなの芍薬に合わせるなんて頭、全然ありませんでしたよ~~~。
ずっといつも通りのメニューでした。カレーも食べましたっけ(笑)。
[ 2012/05/24 13:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。