Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

吹きガラス体験

GWも終わったのに、まだ遊んでます、ボタ家。
5月9日の水曜日(ハム太の休日です)、
とあるガラス工房にお邪魔しました。

いつも陶芸をする公園に行く途中にある
陶(すえ)という地名にあるガラス工房です。
Glass Tai.mさんという所です。→HP

初めにこちらの作品と出会ったのは高松でした。
ハム太が「お抹茶にちょうどいいガラスの器や~!」と
一目ぼれして、でも「ダメ!」と買わずに帰ったけど
やっぱり欲しくて出直してまで買いに行った器。

それがこちら。 初めて頂いた作品

ちょっと暗くて見づらいですね?すみません。。
ガラスって撮影するのが本当に難しいですね。
今回初めて知りましたが…。
それは置いといて!
中は真っ黒、外側は深い赤色で「漆器をイメージ」した
シリーズのうちの1色です。
他にも緑とか黄色とか沢山色はありました。
そしてガラスの器では珍しく高台までついていて
優しい雰囲気と凛とした雰囲気と、両方感じる様な、
そんな作品です。

この作品を頂いて帰る時に、工房のショップカードも頂き、
他の作品も見てみたいね~と出かけたのでした。

==========

お店には元気な可愛いワンちゃんもいて、芽キャベツ大喜び!
2人で(2匹で??笑)キャッキャキャッキャ遊んでいましたよ。
ワンちゃんの後を付いて、椅子の下までくぐってました(爆)

一通り、SHOPの作品を見せて頂いていたら、
隣の工房で女性のスタッフさんが、ちょうど作業中だというので
見学させて頂くことにしました。

ハム太は、昔、大阪でガラスの切子細工を習っていたことがあり
ガラスについても一応の知識はあるようですが
私は工房なんて初めてで、TVでしか見たことなかったので
ただただ、作業風景をじぃ~~っと見ていました。
すると、普段は予約をしないといけないのですが
ちょうど作業の区切りの良いところだからと
吹きガラス体験してみませんか?と言ってくださいました。

でも芽キャベツもいるしな~と思ったら
20分くらいですよ、とおっしゃるので
それくらいなら芽キャベツも待っていられるだろう!と
お言葉に甘えて体験することにしました。

こちらは色見本。 色見本のガラス玉

作品見本と合わせて、色見本のガラス玉もありました。
芽キャベツ、このガラス玉で遊びたくって仕方ありません。
かちん!かちん!とするたびに、こちらはヒヤヒヤでした!

仕方ないので、芽キャベツに「何色がいい?」と選ばせたら
なんか変な緑色を選ばれてしまったので(爆)
それは却下して、記念すべき1番目の作品ですから
無色透明のガラスにすることにしました。
ごめんよ、芽キャベツ!(笑)

そして目指すはコップ!!
がんばるぞ~。

それから一応、最初から最後までの手順の流れを説明してくださり、
いざ作業開始!です。

熱いガラスに息を吹き込んだり 吹きガラス吹き中~~~!

濡らした新聞紙の上で転がして形作ったり、
冷めてきたら、また温めたり、  熱いガラスをコロコロ~! 
熱い炉の中でコロコロ~ 上をチョン切って、大きなハサミでコロコロ~! 
最後の仕上げでコップの形にしていきます。職人さんの様??(笑)

そして完成~!完成~。。

とてもじゃないけど…一人じゃできない作業でした。
スタッフの方がずっと付いてて下さって、
ぜ~~~んぶおっしゃる通りに(いや、それすらおぼつかない感じで)
やっとこ作業して、途中ふにゃら~となってしまったり
「もうダメだー、こりゃ!」と思った瞬間もありましたが
全てスタッフの方が、かる~くコロコロ~としたら
カンタンに元通りになるんですね!!不思議っ。

ガラスって見てると簡単そうなのに、本当に難しくてびっくり!
お菓子の飴細工と同じ感じだろうな~と思ってたのに
やっぱり全然違う!
ひゃー、久しぶりに汗かきました(笑)

じゃん!! 工房の作品

どうです?素晴らしい出来栄えでしょうー?

…って、当たりまえです、こちらは工房SHOPでハム太が選んだ作品。
プロの作品ですよ~!


ど素人のワタクシの作品は…こちら。

            myグラス!

ガラスが冷めるまで2時間ほどかかるので
(ゆっくり冷ますために、専用の箱に入れる)
後日郵送してくださいました。

水玉模様は、作業工程の途中に、
溶けると水玉になる石?を混ぜ込み、形にしていきました。

作っている間はただただ必死でしたけど、
こうやって改めて見ると、この水玉の模様の出方も
世界に1つしかないし、
ガラスを良く見ると筋のようなものも残っていますが
それも世界に1つしかないオリジナルなのですよね~。
なんだか感激です。

よくよく触ると、ちょっとポコっとしてる所もありますが(笑)
それもまた味ですよね。

そんなこんなで、昔、ガラス好きだったハム太、
最近はガラスにお熱の様で…。
毎日違うグラスで麦茶やら日本酒やら飲んでますよー!
吹きガラス体験も、本当は自分がやりたかったんだろうに
「ボタちゃんにもガラス好きになってもらうために」って
私までガラス道に巻き込もうとして~(爆)
泣く泣く?譲ってくれたようですから、
近々またお邪魔するんじゃないでしょうか。
(今度はちゃんと予約しないとねー❤)



スポンサーサイト
[ 2012/05/18 13:25 ] 手芸/工作/ものづくり | TB(-) | CM(4)
ぼたちゃん、こちらもお邪魔します☆
お写真だけ拝見したら、漆器かと思いました。
素敵ですね。
赤も渋くて本当に素敵です。

昔娘と小樽へ行った時、旅行者向けの吹きガラス
体験教室がありました。
道行く人から細い棒を吹く姿が見えていて、凄く
興味あったんだけど娘に袖を引っ張られてしまい
断念!今思えば残念だったわ。

水玉のコップ、素敵なのが出来上がりましたね。
やはりぼたちゃんは手先が器用なんですね。

ところで、お髪が短くなってる…。
[ 2012/05/18 23:14 ] [ 編集 ]
まず、ぼたんさんって細いのね・・・うらやましいですぅ。私も昔は・・・ってね(笑)。

私は水玉のコップの方が好き~。これからの時季にぴったり、涼しげですね。突然とはいえ、こんな貴重な体験ができてよかったですね!

それにしても芽キャベツちゃん、情緒豊かな子供になりますね。小さいころからお父さんお母さんと一緒に本物を体験させるって素晴らしい。かちんかちんと言うぐらいなんですか!いい夫婦、親子関係ですね。なかなか夫婦でも何で結婚したのみたいなカップルはたくさんいますよ・・・。
[ 2012/05/19 09:15 ] [ 編集 ]
◎アンさん◎

沢山のコメントありがとうございます。
ほんと、あのガラスの器、漆器のようですよね。
ガラスって入れるものも選んだりしがちですが、漆器の様にも使えると、使える幅も広がってとっても良いです♪
…ですけど、お抹茶用に買ったので、お抹茶しか今の所入ってませんけど(ズコっ!)

おたるもガラスが有名な街ですよね~。
私も一度行ったことがあります。
旅行者用の吹きガラス体験があったのですか?
それは気が付きませんでした!
あったら、私もアンかぁーちゃんの様に釘づけになっていたことでしょう(笑)
ふふふ、アンさん親子は袖を引っ張る方が逆みたいですね~♪
うちもそうならないように、気をつけなくっちゃ!?(爆)

髪、短い…えーーー!もうだいぶ短い歴長いですよ~。
芽キャベツが生まれてから、引っ張られるのが嫌で切っちゃったんです。
それから、ず~っとボブくらいから肩くらいまでを行ったり来たり。
今も美容院行く前でボサボサです。
伸ばすかどうか迷っていますが、やっぱり切ってしまうかもしれません。ラクなんですもーん!(笑)
[ 2012/05/19 14:33 ] [ 編集 ]
◎ハンニバル強子さん◎

いえいえ、細く見えるだけなんですよー。
骨が太いもんで、肉付きが薄く見えるんでしょうね。
それに出産したもんで、お腹まわりはぽよんぽよん。
ぼん・きゅ・ぼんとは程遠い、ま平らな体型です(涙)

水玉コップの方がお好きと言っていただけで、本当にうれしいです~♪
ありがとうございます!小躍りしちゃいそうです(笑)
これから夏に向けて、出番が増えそうで嬉しいです♪

それに「いい夫婦関係」だなんて❤
ハム太は家事が好きで自分から楽しんでやってくれることが多いのですが、そういう部分を、ちょっと年配の奥様に「私たちの時代は違ったわよねーーーーーー!!」と言われたことがあり、ちょぴっとトラウマ?すっと耳に残っています。
私の父も、お茶すら自分で淹れない、家事なんて何ひとつしない人でしたから、男の人ってのはそういうもんだって思ってた部分もありますが、
真逆のハム太と結婚したら、あら不思議、会話もはずむし(?)なんでも共有できて、いいことづくめです。
何にもしてくれない旦那だったら、陰でグチグチ言うしかありませんもんね。(うちの母もそうでした!)
それこそ「なんで結婚したの?」って夫婦になり兼ねないです。
あー、やっぱり今の私たちのスタイルで間違ってないんだって自信になりました。
ありがとうございます~!
[ 2012/05/19 14:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。