Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

春蝉とツツジ

飛び飛び連休だった我が家のGWでしたが
(4月29日はハム太はお茶会、30日は出勤でした)
5月1日はお休みでした。

でも午後から、またしてもお茶関係の会合があるとかで
午前中しか時間がありませんでした(怒)
前日も翌日も仕事でしから、スーパーへの買い出しもしなきゃだし
大忙しだったのですけど、栗林公園へ出かけました。

 春蝉の鳴く松林

先月にもお花見に来ましたが、
やはり庭園って季節によっていつでも楽しめて良いですね♪
癒されます。

この建物は、入り口入ってすぐの所にあり、
物産展や常設のお土産屋さんが入ってたりするところですが
その横に松林があります。
松林の前を通り過ぎようとしたら「みーん!みーん!」

ミンミン蝉とも違いますが、明らかに蝉ぽい鳴き声!
えっ!
確かに今日は暑いけど、まだ蝉には早いよね?
なんだろう!?

と言ってたら、ちょうど庭師さんが通りかかったので
お尋ねしたら「春にしかない春蝉っていうんですよ~」とのこと。
しかも松(と何か、忘れました)の木にしか来ない蝉だそうで
本当、確かに松の木からしか声が聞こえません。
すごーい!
松の多い高松、きっと春蝉には楽園でしょうね(笑)
姿は見えなくて残念でしたが、貴重な声を聞くことができました。

 つつじ満開!

ツツジもちょうど満開!
このはっきりとした色合いのピンクと葉っぱの青々しさが
初夏の訪れ!という感じで元気が出ますよね。

ピンクつつじ 薄ピンクつつじ

さて栗林公園、奥には菖蒲の咲くところもあり
見ごろかもしれない?なんて話も出ましたが
時間のないハム太ですから、奥までは行かれませんでした。
入り口だけで終わってしまいましたよ。

でも蝉とツツジだけ見ていたわけではありません。
GWになると毎年栗林公園では陶器のイベントが行われ、
2009年のGW、そこでお買いものしてたので
私宛にハガキが来るようになってしまったのです(汗)

こういった作家さんの作品、拝見しては欲しくなってしまうし
欲しくても手が出ないお値段やら
手が出るけど家計に痛い(爆)ということで
行きたいけど行きたくない…みたいな感じだったのですけど
最近またお茶にやる気が出てきてしまったハム太が
色々な器を見たいらしくて、はりきって出かけてしまいました。

そんなこんなで、私は実用性のある取り皿のようなのが欲しかったのに
ハム太が選んだのは、これまたデッカイ器!!!
何十分も?押し問答していたので、公園の奥まで行く時間が
なくなってしまったんですね(爆)
ふー。
それでもチャリティコーナーにあった器だったので
相当お値引されてたはずですし
「買ったらチャリティやで!えーやん、えー人やん!」
などと、口車に乗せられて
結局買う羽目になってしまいました(爆)

どんな器だったのかって?
いやー、ためるわけではありませんが
まだ単体で写真撮ってないので、後日お披露目させていただきますね。


スポンサーサイト
[ 2012/05/08 18:11 ] ちょっとおでかけ | TB(-) | CM(4)
ぼたちゃん、こんばんは~☆
つつじが見頃ですね。先日息子たちと『げんきの郷』へ行った時、
道路の両脇につつじが満開でした。
色も同じ白と薄いピンクと濃いピンク。
息子が「ツツジはこの色だけ?」と聞くものだから、
「霧島ツツジと言う名のツツジは燃える様な赤い色だよ!」なんて
早速植物博士に早変わり!(笑)

そうそう三貴では、嫁が落花生の苗が欲しいと言うものだから、
息子と二人で「何処へ植えるん!?」と大反対!(爆)
息子達4階なんですね。ベランダのプランターで育てたら、
落花生って枝から細い紐みたいなのが伸びて地面に潜り、その先に
実がなるんです。息子と「1階の庭まで伸ばさせる気ぃ?」
もう近くの人も巻き込んで、大爆笑でした。チャンチャン♪
[ 2012/05/08 23:26 ] [ 編集 ]
つつじ綺麗ですね~。うちにも薄い色のつつじがあるんですよ。5株ぐらいあったのに、なぜか毎年1株ずつ駄目になり、初めは買え変えていたけど、ここに合わないのではともうやめました。咲いてきるときは綺麗ですけどよれってくると茶色くて汚く、やっぱり毎日手入れしろってことですかね!

陶器を買うところには当然芽キャベツちゃんも!?おお~、太っ腹。我が家も小田原に住んでいるときによく行ったら、長男が当時1~2歳、「割ってもいいのよ~おとうちゃん、おかあちゃんが払うんだから~」ですって(笑)。

春蝉なんているんですね。蝉って幼虫時代が7年前後と長くて地上に出たらたった一夏です物ね。あ、この蝉たちはきっと一春なんですね?
[ 2012/05/09 01:44 ] [ 編集 ]
◎アンさん◎

わぁ、さすが植物博士!すごいですー♪
霧島ツツジって、なんだか聞いたことがあるような気がしますが、燃えるような赤いツツジは見たことないです。
あー、すっごく見てみたいです~。

ぷぷぷ、しかしお嫁さんったらおかしい~~!
私も隣に立っていたら、間違いなく一緒に笑ってしまったと思います。
ふふふふ。
笑いの絶えないアンさんち、いいですね~♪
[ 2012/05/09 14:13 ] [ 編集 ]
◎ハンニバル強子さん◎

そーそ!!そうなんですよね~。
ツツジって咲き始めは目を引いて、パッとするので気持ちもシャキっとするし「もうすぐ夏かぁ~」と少しウキウキしたりするんですけど、
枯れかけてるツツジ見ると…気分もゲンナリしてしまいますよね~。
私も小さい頃に住んでた家にはツツジがあったんですけどね、枯れかけてたイメージがありません。
祖父母が住んでたので、知らぬ間に摘んでいたのかもしれませんね?

陶器の売り場、もちろん芽キャベツも一緒でした(怖)
走ったりしてましたけど、やっぱり関東とは違って(爆)売り場も広々、人出も少ないってんで
(しかも一番客で他に誰もいませんでした)
まぁー、なんとか大丈夫でした。

蝉の命ってほんと不思議ですよね~。
せっかく外に出たのに、それからが短いだなんて。
春蝉のじゅみょうはどうなんでしょうかね、Wikiで調べたら地方各地での絶滅危惧種なんですって。
[ 2012/05/09 14:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。