Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

たけのこ堀り

まだまんのう公園です。

    チューリップ畑

チューリップ畑を後にして、すぐさまお弁当!?
いえいえ、まだまだ歩きます!

もうすぐルピナスの咲き乱れる水辺 ルピナスが咲く水辺
一昨年も見ごろ時に来ましたが、それはそれは見事でした。
今年も見られるといいなぁー。

ルピナスの葉 もう葉っぱがぐんぐん成長していました。

雨上がりの雨水が、全部の葉っぱの真ん中に溜っていて
キラキラ輝いて、本当に綺麗でした。
写真を撮るのに夢中になっていたら・・・
ハム太には「先行くでーーー」と言われ、
芽キャベツにも「いっこーっよ!」と袖を引っ張られてしまいました。
しゅん。。

白いネモフィラの絨毯!ネモフィラの絨毯
かわいいですねー♪
これには芽キャベツも振り返り振り返り歩いていましたよ。
でもココ、ゆるやかな上り坂。
私がカメラを仕舞ったのを見たからかどうか。
芽キャベツったら両手あげて「だっこー」のポーズ。
うーん、でもまぁ確かに沢山歩いたしね(ご飯もまだだし)
…と言いつつ、すぐには抱っこしませんでした。(爆)

ちょっとだけでも進ませようと、「あ、ちょうちょ!」
「あっ、きれい~きれいね~、お花!」とか言って
数歩ずつでも前進させます(爆)。
でも、先行っちゃったハム太が全然みえなくなっちゃったし
危険な誘惑の幼児用遊具広場を通過せねばならないので
仕方なく抱っこ。うー、重たいっ。

そんなんで、やっと辿り着いたのが竹林。

    竹林

これで3年目でしょうか。
でも今探したら過去の筍掘りの写真がありません。なんで?
2008年2010年
でも毎年恒例となりつつあります、まんのう公園での筍掘りです。
なんと無料~。
しかも「1家族1本ずつ」となっていますが
1本だけ持って帰ろうとすると、必ず「もっと採ってって~」と
言ってくださいます。

私たちが到着したら、もうハム太は上の方にいて
ちょうど1本収穫したところでした。
んじゃ、1本採れたし帰ろうかーと戻ってったら
やっぱり「もっと採ってったらいいに~」とのお言葉❤

よっ!そのお言葉待ってましたっ!!(笑)

 たけのこめ~~~っけ! たけのこ、めーっけ!

せっかくだから芽キャベツにも体験させてあげたかったし
(なんでハム太一人で終わらせようとしてたのか、疑問ーーー!)
良かった、良かった―♪

…って、なんか引きずられそう(笑)よいしょ、よいしょ!

まー、まだ重たいし、無理だわなぁ。
でも筍ってもんが地中から生えてきて、掘って出すってこと
体験できて良かったねー。
また来年も来られるかな?

 はい、ぽーず! 筍と2ショット!

めっちゃでっかい筍にびっくりー。
すぐさま芽キャベツを横に立たせて、はい!ぽーず!
…ってすると、最近ピースサイン?出すんだけど
まだピースができずに、こんな手(笑)。
いつからピースってできるようになるんでしょうか。

この日の収穫。 この日の収穫

もうおなかペコペコ!
ハム太は急いで車にお弁当を取りに行きました。
芽キャベツもさぞかし腹ペコで…と思ったのに
先ほどの幼児用遊具の誘惑に負けてしまいましたよ。

 こわごわ~ 砂浜?

いえいえ、ふわふわドームという大きな風船?です。

ぴょーん、ぴょーん! じゃんぷっじゃんぷっ!

初めて遊んだけど、さすが雨上がり!
ほぼ貸切状態で楽しむことができました♪
最初は恐々してたけど、最後には上手に飛んでいました。

それからやっとお弁当。

 おべんと あのお重、もう3度目の出番です。

そして筍掘ったあとに、筍ごはんのおにぎり弁当(笑)。
筍三昧というよりは筍攻めって感じでしょうか?

   美しい花壇と山々

あーそれにしても気持ちがいい!
こんなに素敵なお花に囲まれ、遠くには山々まで見えて。
雨にも降られずに、なんて運のいいことでしょうか。

 ルピナスの寄せ植え 最後にルピナスの鉢植えも見つけました。

早くあの水辺の満開ルピナスが見たいなぁ~♪



スポンサーサイト
[ 2012/04/28 10:54 ] 季節の行事 | TB(-) | CM(4)
そうそう、2とかピースって難しいんですよね。長男のときなんてなかなかできなかったから、2歳の後半から3教えていました・・・(苦笑)。でもいつの間にかできるようになりますよ。このピースとかのサインって日本人独特じゃないですか!こちらの子供たち絶対にしません。でも我が息子たち、こちらに住んでいても日本人の血どっぷり。全員教えていないのにピースしてます。

それにしても筍取り、のどかでいいですよね~。ピグの畑じゃ筍は取れませんからね(爆)!
[ 2012/04/28 12:46 ] [ 編集 ]
ケメコもツムジも2歳の時に上手く2が出来ませんでした。
でも3歳になったら3が出来ると言う事は、そのうち出来ますよ。
二歳児には、筍掘りの記憶はチョット・・・ですね。
来年・再来年と、出来れば体験させてあげたら良いと思います。

昔、ここへ越して来た時、空いた土地を希望者が借りて共同で
畑を作っていたんです。その時に落花生を植えたら、子供達は
落花生って地下に出来ると初めて知ったんです。
驚きと発見。30年近く経っているのに、息子は今も覚えてて
自慢そうに嫁に説明するんですよ(笑)。

軽いカルチャーショックは興味の対象になるものですね。
[ 2012/04/28 23:58 ] [ 編集 ]
◎ハンニバル強子さん◎

私、子供がピースサインできないって知らなかったので
もっともっと小さい時に芽キャベツができないことを知って、どっか骨とか関節がおかしいのかと思ったんですよー。
だって「生まれてきた赤ちゃんは初めはピースできません」なんて、誰も教えてくれませんでしたから。
自分だって記憶はないですし。
ほんと、びっくりしましたよー(笑)。

写真を撮るポーズ、確かにピースするのは日本は当たり前ですよね~。
アメリカは全然なんですね!
ドイツでは若者の中にはする人もいて、全然って感じはなかったんですけど。
でも教えてもいないのに日本の習慣をなさる息子さんたち、なんだか嬉しいですね♪

たけのこ堀、全然のごかじゃないんですよー。
本当に斜面のきつい、ぬるぬるの場所だったんで
ひゃーひゃー言いながら大変だったんです(笑)。
芽キャベツは一度、べったりお座りしちゃってました。
ピグ畑も”お出かけ”でたけのこ堀作ったら良いのに~、と今思いつきました。メールしたら採用されるでしょうか(笑)
[ 2012/04/29 16:18 ] [ 編集 ]
◎アンさん◎

やっぱり2はできないものなんですねー、本当に不思議です。
芽キャベツは「何歳?」と聞かれると、あの写真の手を出しながら「さんしゃい!」とサバ読みます(爆)。
「違うでしょ、2歳でしょ!」と言うと「にしゃい~…」と小声になって言います。
変なのー!!(笑)

軽いカルチャーショック!!それって本当ですね。
私なんて、ここへ来てすべてが軽いカルチャーショックですから、こうやってブログネタにも困らず、お花の向こうに山が見えるだけで「ほー」と思ってしまいますが、
あの公園、本当にいつ行ってもガラガラで、地元の方々はあんまり行かないようです。
(つぶれないか、ハラハラ!)
生まれた時から山が見えていたら、何も不思議ではありませんもんね。

芽キャベツも筍を無料で掘れるのが当たりまえだと思っちゃうかもしれませんが、毎年行けたらいいですよね~♪
いつか都会へ連れて行ってみるのが楽しみですね。
一体どんな反応なんでしょうか。ぷぷぷ。

落花生の自慢なさってる息子さん、ふふふ、そういうお話を傍で聞くのも嬉しいですねー♪
やっぱり芽キャベツにも色々体験させてあげたいなーと思います。
[ 2012/04/29 16:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。