Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第3回?うどん紀行

久しぶりに「初めて行くうどん屋さん」に行きました。
最近では外食って外食もしないのですが(節約のため---凹)
うどんなら、まぁたまには行けます(笑)。
でも、ちゃっちゃと済ませたいがための外食ってパターンが多いので
いっつも行くのは近所の決まった店になっていました。
3店舗くらいを、その日の気分などで替える程度です。
どこも美味しいので、とっても満足ですけど。

それが先日、ハム太の免許書き換えがあって
滅多に行かない免許センターの近くへ行ったら
「はりや」といううどん屋さんが見えてきました。

    はりや

偶然にも最近ハム太が会社で「うまいらしい!」と
聞きつけてきてたお店だったので
「こりゃー行くっきゃないね!!」と、寄ってみました。

小さなお店で、開店前は行列。
私たちが店の前に行ったら、その行列は無かったのですが
ただお店が開店したから、人がテーブルに移動しただけの話でした。
テーブルに座りきれないお客さんは、店内で行列。
私たちもその列に並びました。
幸いにも芽キャベツも大空腹ではなかったので、
なんとか待っていられました!(ほっ)

 店内の様子 珍しいカウンター式のうどん屋。

カウンター内は、奥で天ぷらを揚げるおばちゃんが1人、
手前で補佐するおばちゃんが1人、
大鍋でうどんを茹でる若者1人、
その全てに目を光らせながら仕切る男性1人、という具合。
この仕切っている男性が、うどんを茹でている若者には厳しくって
お客さんは全員しーーーんとしている中で
全員の注目を浴びつつ怒られている人がいるっていうのは
何とも緊張しますね。

しかし、この男性、最初は気づかなかったのですが
お客さんにはすっごく親切で優しいのです!
でも、とにかく目を光らせている感じが怖くって、
芽キャベツがギャーギャーになっちゃったら
「出てってくれる?」と言われやしないか…
そもそも「そんな赤ちゃん、連れてくんな!」と
すでに居ることはバレているんだけど、
なんとなく芽キャベツを隠しておきたい気分でした(爆)。

そして、やっとカウンターに座る時がやってきて
(立っている時点で、すでに注文を聞かれています)
芽キャベツ、もう食べる気まんまん!!
空腹もピークになっちゃって
ここまで来てキーキーしだしちゃった!!(滝汗)
ひぃ~~~、ごめんなさいーーー。
でももう注文しちゃったし、食べて行かなかったら
「なんだ、食べていかねぇのか!!」って怒られそうだし
でもキーキーのままだったら
「うるせぇガキだな!!」って怒られそうだし
あわわわわってなりました。
ええ、でもすべて私の妄想で、お店の人は凄く親切です。

        わかめうどんに夢中!

芽キャベツ注文の「わかめうどん」も
「わかめうどん、お嬢ちゃんの?熱くないほうがいいね?」と
ぬるめのうどんにして出してくれました。

それから、ハム太と私のもきました。
あぁ、お腹ペコペコだったんだわ。
緊張で忘れてた!!

  かしわざるうどん

ハム太が会社の人に聞いた「かしわざるうどん」です。
「かしわ」というのは関西で「鶏」のことを言いますね?
私は数年前に知って、最初は何のことかと思いました。

その「かしわ」の天ぷら、つまり鶏のから揚げが
冷たいザルうどんに付いてくるんです。
これがこの店いちばんのおススメ?のようで、
ほとんどの人がこれを注文していました。
まだまだ寒いですから、私は「ざる」じゃなくて
温かいうどんにしようと思っていたのですが
あまりにも皆が「ざる」を頼むので、つい便乗~!
さすが人気なだけあって、すっごくシコシコで美味しかった!
つゆは、この辺では珍しく甘い感じでした。
鶏…じゃないや、かしわもすっごく柔らかかったです。
が、5個も乗ってくるので食べきれず、ハム太に「食べて」と言ったら
3個も取られました!
私ってば2個しか食べてないじゃん。。

でも、マイペースでわかめうどんススッてる芽キャベツが
気になって気になって。
カウンターだから、空いた席にどんどん座らせていく方式で
私たち3人がどけば、隣もあいてるから4人座れるのに
真ん中に芽キャベツがいるお陰で
誰も座れない・・・となっている状況に脂汗。

とりあえず半分以上は食べたし、満足そうな感じだったので
残ってるのもハム太に吸い上げてもらい(爆)、
お会計をパっと済ませて、
そこらへん、汚れてそうなところを拭き拭きして
平謝りで出てきました。
(何度も言いますが、お店の人は優しくて親切です。)

ふぅ~~~。緊張した…。


こんなに緊張するうどん屋も初めてですな。
小心者って辛いですね(笑)。


ところで、タイトルですが
「うどん紀行」が第2回までで止まっていました。
でもその後にも、うどん食べてる記事は沢山書いているので
一体何がなんだか。。
私にもわかりませーん!適当です。



スポンサーサイト
[ 2012/04/08 07:21 ] 外食 | TB(-) | CM(4)
ぼたちゃん、こんばんは~☆
今日のコメ返にも書いたのですが、息子達がやって来て、
何処のうどん屋が美味しいか、何処のお店に入ったか、
色々話してくれたんですよ。
息子、4時頃帰って行ったかな?きっと息子には、
ぼたちゃん一家の姿が見えていたんでしょうね(笑)。
お土産の『だし醤油』が先日スーパーで山積みされていて
ビックリ!お値段見て二度ビックリしたの。その事を
話すと、そちらでは半分くらいのお値段と聞いて三度目の
ビックリでした(爆)

昔、息子と入ったトンカツ屋さんで、大将が若い子達を
怒鳴りつけていたんです。カウンターに座っている客は
緊張して空気がピリピリ!
あれは感じが悪いですね。二度と行かなくなったけど、
今でも怒鳴りつけているのかしら?
[ 2012/04/08 22:44 ] [ 編集 ]
◎アンさん◎

息子さんたち、どこのうどん屋さんに行かれたんでしょうね?
今度お話してみたいです~。
うふふ、私たちが見えていたんでしょうか♪
でも4時ごろご帰宅されたなんて、結構早いお帰りしたね?車で4時間くらいだと思うのですが、こちらをお昼には出発されたのでしょうか。
我が家だったら、もっと目一杯遊んでしまいそうな気がしますー。
せっかく行ったのだからって勿体ない~って(爆)
あとで子供にしわ寄せがきて後悔するのですが。。

あはは、だし醤油も現地価格と本州価格があるのですね!
おうどんも、こちらで食べるとお安いですけど、東京支店の同じ店でもすごいお値段ですもんねー。
やはり、こちらは何でも安い気がします。

昔ながらの?頑固な大将も素晴らしいですけど、やはりお客様の前では…と思いますよね。
修行の世界は辛いですが、後で「経験してよかった!」と思うものですが(不当なものはダメですけどね)
お客様からしたら、見ていて気持ちの良いものではありませんよね。
せっかく外でお食事して、嬉しいのに、なんだか…となっちゃいますよねー!
[ 2012/04/09 09:02 ] [ 編集 ]
美味しそうなうどん。かしわって言うんですか!聞いただけじゃ、千葉の柏ですか、って感じですよね(笑)。芽キャベツちゃん、いいのいいの、堂々と食べましょう~。でも分かります。私もそうでした。ただ並んでる人たちって、意外に気にしてないと思いますよ!図々しくなってもいいんですよ~。

でも、やっぱりシコシコ感が写真からも分かります!私がちょっと奮発して買う冷凍の讃岐うどんとはちがうな。
[ 2012/04/09 13:52 ] [ 編集 ]
◎ハンニバル強子さん◎

そうなんですよ、鶏のこと「かしわ」って言うんです。
私は柏餅の柏かと思って(爆)、どこに葉っぱが入ってるの???と頭が「?」で一杯になった記憶があります。
やっぱり異文化ですよねーーー(笑)。

ここのおうどん、すっごいシコシコでしたよ~。
他の店よりも若干細めな感じがします。
でもご主人(目を光らせてた方)、関東のご出身だそうです。
だからつけ汁が甘いのかな?と思いました。

並んでる方、気にしてませんかね~?
でも私、子供ができたからわかりましたけど、子供いない時は全然理解できませんでしたから、
やっぱり人それぞれ感じ方も違うと思って、ペコペコしちゃいますね~。
ただ単に小心者なだけなんでしょうけど(笑)。
[ 2012/04/09 14:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。