Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

6月10日 ジュネーブ?

昨晩荷造りして、この日は帰国?
いえいえ、まだ旅は続きます。

この6月10日は大移動!
朝の7時半くらいの電車でミュンヘンを出発し、
なんと隣国スイスはジュネーブまで来てしまいました。

      ジュネーブ駅

乗り換えも1度して、大荷物&子連れ&婆連れ(笑)だったのですが
どうにか無事に到着。
7時間半後の午後3時、またもヘロヘロ状態で到着したのです。

でも、目的地はジュネーブではありません。
まだまだ先の、更に隣国・おフランスだったのです!!
そこで待っているのは、ぼたん姉・カフスボタン。

カフスの待つ場所まで、車で1時間半…と聞いていたけど
すんごい山道で、常に「日光・いろは坂」状態の道を
結局3時間近くかかり、電車旅の疲れもあって、全員車酔い。
芽キャベツも途中から大号泣が止まりませんでした。

姉・カフスと会うのは、数か月ぶり。
スカイプもついてるけど、ほら、うちのパソコン、壊れたでしょー。
ブリ大根の汁こぼしちゃって!
あれから一切、スカイプせずにいたので
姉・カフスは芽キャベツがつかまり立ちしていた時までしか知らず
歩く芽キャベツ・踊る芽キャベツ・久々の芽キャベツに大はしゃぎ。
ず~~っと一緒に踊っていました(笑)。

そうそう、到着したのはもう夜でしたので、
すぐにお夕食でした。

    ラクレット♪

こんな素敵なナプキンまでセッティングしていただいて
どうです、この歓迎っぷり♪
メニューもスイスに程近いということでラクレットを用意してくれて
本当なら冬場にしか頂かないメニューだということですが
私も大好きだという事をカフスが伝えてくれたみたいだったです。

で、ところで、ここどこ???って?


えへへへ、ここ、我が家の親戚んち!(爆)

実はこの度、カフスが結婚することになり
そのお相手がフランス人だったんです~~~(驚)。
ジュネーブまでお迎えに来てくれたのも、カフスの夫でした。

 ハム色々 すっごい種類のハム♪


とりあえずハム全種類味見ー♪とろ~りチーズ
そして、とろ~りとけたチーズをジャガイモにかけていただきます!

カフスの夫には2人弟さんがいて(3人とも全然違う顔してたー!)
一番下の弟さんもおなかに赤ちゃんのいる奥さんがいて
あとはお父さんとお母さんと犬4匹と暮らしていました。
(カフス夫妻は住むのはアメリカです。)

私たち一行、英語もしゃべれないし、ましてやフランス語なんて!
会話のできない家族たちが行ってもご迷惑じゃないかしら?
と思っていたのですけど
そんなこと、ちっとも気にならない、とっても楽しい家族でした。
特にお父さんが面白くって!
ぷぷぷ、思い出すだけで笑っちゃいます。

で、もう毎日の疲れ+大移動の疲れもあり
何より、最後の車酔いがまだ取れない感じのある中の
大歓迎のアルコールの嵐だったし、夜も更けてきたので
近くに取ってもらったコテージホテルへ行こうか?となったら
突然、真っ暗に。

あらー?停電?と思ったら、
どこからともなくバースデーソング!
そしてロウソクの灯ったケーキが運ばれ、
なんとまぁ、私の目の前に置かれましたー!

      お誕生日ケーキ

聞いてないよーーー!!
なんと、姉カフスのサプライズパーティだったようです。
そういえば、バースデーケーキも無かったじゃん、ドイツで!!と、この瞬間気づいた私。

それにしても、もうお開きだね?って雰囲気だったのに、
またケーキ切ってぇ…シャンパン開けてぇ…乾杯してぇ…となり、
すっごく嬉しかったけど、つ、つ、疲れたぁ…!
芽キャベツもずっと眠たくて泣いて、肩に乗ったままだったし
重かったぁー…。
恐るべし、フランス人の歓迎会っ!!(笑)

でも姉が嫁いだ先の家族が、とってもいい人たちばかりで
すっごく安心しました。
よかったー♪



スポンサーサイト
[ 2011/08/28 13:39 ] 旅のお話 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。