Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

6月6日 ウルム

ウルムでは、お世話になった上に更にお泊りまでさせていただいて
一夜明けました。

その上、午前中にはウルム市内観光までしていただきました。
1年半住んでいたとはいえ、毎日学校(週に1~2日)と
仕事(週に3~4日)があり、他にも家事やら買い物やら
日々の暮らしがありましたので
一応行ったことはあるけど~くらいの感じの場所ばかりで
詳しい謂われや歴史などを説明していただいて
本当に勉強になりました。

      ウルム大聖堂

そして、これが懐かしのウルム大聖堂。
ちょっと写真切れてますが、あの尖塔の高さが世界一。
スペインのサグラダファミリアが完成しない限り(笑)
世界一の高さださそうです。
がんばれ、ウルム!!

そいでもって、お昼前に感動のお別れをして
さぁ、時間まで何する?となったら
ハム太、即「H&Mで買い物やな、とりあえず。」と一言。

おいおいー。せっかくのウルムなのに??
ミュンヘンの方が沢山H&Mあるし、広いのにぃー。
でも、まぁ広すぎて見切れないって感じなので(混んでるし)
空いてるウルムH&Mで、しこたまお買いもの♪
あー、久しぶりに思いっきりお買いものできたわ~!

で、お次は??
荷物が多くなったところで、今度は腹ごしらえかえ?
ええ、ええ、もちろん♪


 ギリシャ料理1

 ギリシャ料理2

 ギリシャ料理3

これはギリシャ料理。
実は「ウルムに行くなら行きたい(食べたい)お店がある!」と
常々思っていたお店(クレープ専門店)があったのですけど
行ったらお休みでした。(号泣)
で、仕方なくナナメ前あたりにあるギリシャ料理のお店へ入ったのです。

ここ、昔、ハム太とディナータイムに行ったことがありました。
その時は「高いなぁー」と思った記憶があったので
その点を心配したのですけど、ランチタイムは「あれれ?ホントに?」
っていうお値段でした。
あの夜の高さは何なんでしょう。
それとも数年経って、すべて値下げしたのかしら?(爆)

満腹になり、芽キャベツもお尻スッキリ♪
どんだけー??っていう量のう○ちをしました。
オムツ替えに行ったら、オムツに入りきれていなくて
あらら、お着替えが必要~!!(驚)
運悪く、お泊りセットは全て駅のロッカーの中。
でも運よくH&Mで買い物してたので
無事に?お着替えできましたが…こんなへんてこりん!
部屋着用に買った薄手のワンピースしか着せられず
(他のはサイズが大きすぎて、ダメでした)
半袖Tシャツの上に半袖ワンピースという、レストランを出ると…
へんてこな恰好になりました。

そして
   あっちへ 心も体も身軽になり…

   あっちへこっちへ こっちへ 大忙し。

いや、忙しいのは芽キャベツではなくて、
追いかける私たち大人ですけどね。

 ハム太の手も取らず ハム太が手を差し伸べても
                絶対受け取りません。(笑)


完全に一人で歩いている気になっています。1人で歩いてる気ぃー??
やーね、まったく。。


そして、到着したのはウルム時代に行きつけ(?)だった
ジェラート屋さん。

 大人はジェラート♪ 大人はジェラートですが
芽キャベツはまだ甘いもの禁止しているので
持参した「えびぽんせん」をカジカジ。
よしよし♪いい子♪♪


それから、更に電車の予約時刻までウルムを堪能し 
ちょっと疲れたので本屋さんのカフェで休憩。
チーズケーキを食べました。  チーズケーキ
ホンワカ優しい味で美味しかったです。

で、「まだ時間に余裕がある」とハム太が言うので
のんびりしながら駅に向かっていたら、
電車の出発時刻ちょうどに
「時計狂っとった!!」と言うじゃありませんか!!!

ほんとに、この人はもう…
もう、こりゃ絶対間に合わないよ、と言いつつも
私は芽キャベツを抱っこし、ハム太と葉牡丹3人で猛ダッシュ!
駅に着くと「もう出発」の合図で電光掲示板がチカチカしてました。
でも横には「5分遅れ」の文字も。

いっそいでハム太、預けてた荷物を取りにロッカーへ。
それが往復してきて姿が見えたところで
私たちもダッシュ。
一度階段を駆け下りて、隣のホームも駆け上り…
あぁ、電車がいました!!

先頭の私、急いで電車の扉のボタンをガシガシ押しましたが
(ドイツの電車は乗り降りする人がボタンで開閉するシステム)
もう電車が動き出していたら、そのボタンをいくら押しても
アウトなんですけど、それでもしつこくガシガシ押してたら
背後から「はぁ~~~ろぉ~~!!」と呼ぶ声。
振り向くと、1つだけ開いた扉に足を掛けた車掌さん。

おー、神様!車掌様!!
たすかったー!
これで無事に家族全員、予定の電車に乗れました。

…が、出発すると同時に車掌さん(女性でした)に
「ホントはとっくに時間過ぎてるんですからねっ!!」と
お叱りの言葉をいただいちゃいました。
はい、すみません。。。


というわけで、余裕があるはずの時間だったので
駅で飲み物とパンを買う予定だったのに、何も買えず
ミュンヘンまでの小一時間、空腹と喉の渇きに耐える羽目に。
芽キャベツだけは、お茶ともらったオヤツがあり凌げました。
いいなぁー、赤ちゃんって!!(爆)




 
スポンサーサイト
[ 2011/08/23 13:08 ] ドイツのお話 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。