Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

讃岐国特産!

節分も終わりまして、季節の行事も一段落かしら?
しかし先日、どこかから七草と鏡餅がどうとかって
聞こえてきた様な気がしたんです~…(遠い目)
んまぁ。。
今回はちょこっとだけ、それにかすった話です(笑)。
(七草も鏡開きもちゃんとしたんですよー…
 でも写真撮り忘れてました、やっぱり。)


今年の七草粥は、ちょうど離乳食の芽キャベツも
お粥なら食べれるじゃん♪を思って
一緒にいただいたのですけど…
もう、いつのまにか離乳食は進んでいたんですね、
芽キャベツが普段食べているお粥のほうが
よっぽど水分量が少なかったのです!(驚)

そして鏡開きといえば、お汁粉ですよねぇー♪
以前は「お汁なし粉」なんてこしらえてた事もありましたけど。。
あれは遠い昔々…(さらに遠い目)

さ、前置きはこれくらいにして。

先日湯だめ白玉を作ったときに炊いた餡、
(つい先日の話だと思っていたら、11月でした!ビックリー!)
あの餡を「和三盆で炊いた」と書いてありましたが
あれは間違いで「和三盆の白下糖で炊いた」というのが本当でした。

今回は正真正銘、この和三盆で餡を炊きました!

 これ。 三谷製糖謹製和三盆糖

随分前に買い、使いかけのまんまで密閉容器に入っていましたが
だいぶ湿気を吸ってしまい、ほら、コロコロな粒がちらほら。
このままではダメになってしまうー。。
それでは使わないで取っておくより、よっぱど勿体無い!
なので、この和三盆を全部使い切って、高級な(!)餡を炊きました。

そしたら、甘みの優しい、美味しい餡が炊けたのです♪
(写真なし)

11月に「和三盆で炊いた」と言っていた時は 
こちらの
黒いお砂糖でした。和三盆の白下糖

これは和三盆糖になる前の白下糖というお砂糖。
簡単に言うと、白くする前のお砂糖、という感じ。
これを絞って絞って(この絞りを3回することから和三盆の名が付いたとな)…
糖蜜とお砂糖に分け、お砂糖のほうを乾燥させたものが
お茶菓子なんかで出てくる和三盆になるわけなのです。

        手の上に出してみました

だから、前回の餡は黒っぽくて
絞る前(精製する前)のお砂糖を使ったので
黒糖のようなこっくりとした風味があったんですね。
このお砂糖、あまりにも沢山あるので
黒豆を煮たり、あるときには普通の煮物をしてみたり
たまーにそういう使い方もするのですが
いつものお砂糖とは全く風味が違ってくるので
全然違うお料理みたい!
おもしろいですね~♪


スポンサーサイト
[ 2011/02/05 10:28 ] 和菓子/和スイーツ | TB(-) | CM(2)
ぼたちゃん、こんばんは~☆ 昨夜お邪魔したのですが、空が炬燵の
コードをガリガリやりだしちゃって、大声で追い掛け回していました。
もしかしたら聞こえたかも?エッ、地響きした?ありゃま~恥ずかしい。
日本って広いのか、私が無知なのか、このお砂糖も知りませんでした。
それと、今日お買い物の帰り、車の中で高松の高校にはお饂飩がどうとか
こうとか放送していました。運転しながらだったのでヘェ~ホォ~と
与作じゃないのですが、相槌打って所々見ていたの。さすが本場ですね。
てか、全然要領の得ないコメントですね。失礼!
[ 2011/02/06 21:54 ] [ 編集 ]
◎アンさん◎

アンかぁーちゃん、こんにちは♪
またコメントより次の記事が先になってしまって、すみません。
…実は芽キャベツが寝た暇な夜に、夜な夜な予約投稿していた時があって。。それ、いつ投稿する設定にしたか、自分でも忘れていました(恥)。えへへへ。
そんなわけで、最近は真面目にブログ活動しているように見えて、もうピンクのニット帽の話までしか予約されてませんので、これにて修了です・・・(汗)

ところで、炬燵のガリガリ、聞こえましたよぉ~!ちょうどそのころ、こちらでは芽キャベツの鳴き声がこだましてませんでしたか??(笑)

こちらの饂飩熱はほんと半端ないですよぉー。
小学生の頃から学校でも手打ちうどんのイベントがあったり、運動会の校庭にもうどんの屋台は当たり前みたいですし、
それに私も出産で入院して一番びっくりしたのが
入院食に讃岐うどんが出てきたことなんですから~!(笑)
[ 2011/02/07 15:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。