Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

補賢培元湯

タイトル、私にも読めません。
なんて読むのかしら。
(しかも賢の字も違うと思われます。)
湯ってのがスープって意味なのはわかるんですけど。

湯…スープ。。
そう、姉からもらった漢方のスープ。 漢方スープのパッケージ

1つは姉が来た時に姉が作ってくれたので飲まされた
有難く頂いたのですけど、もう1つはずーーっと棚に仕舞ったままでした。

このままでは、いつ執念深い姉に「あれ、飲んだ?」と聞かれ
もごもご答えることになるかもしれん…
そう焦ったので、このスープには骨付きの豚肉が必要だと言われていたので
そんなお肉をスーパーで発見した時に買っておいたのでした。

 漢方いろいろ これが中身。

どっからどう見ても、木の棒が沢山にしか見えない…(汗)
左手前のほうにあるのが、辛うじて生姜か?(ホッ)という感じ。
手前奥のスライスされた木は牛蒡であることを信じ
その他も、何か乾燥された野菜であると思い込んで、調理。

まずは豚肉を茹でて、一度水洗い。
それから12カップの水の中に豚肉と洗った漢方を全て入れて
強火に掛けます。
沸騰したら弱火にして、3時間煮込む。…と書いてあるはず。

ですよね!?(笑) 中国語と英語の作り方


 水に入れたところ 

                完成したスープ

こちら、完成前・完成後のスープ。
うーん…またしても真っ黒!
まぁ、以前ほどではないか。。

そして肝心のお味は??

あ、そうそう「最後に塩で味を調える」とも書いてあり、
塩を加えたら結構飲める味になりました。
漢方は漢方ですから、そういう味もするのですけど
苦くて飲めなかった前回のスープとはまるで違いました。
お肉もお箸で切れるほどに柔らかくなっており
なかなか美味しかったです。

前回のスープで「毎日飲んだら健康になる」と言われても
絶対拒否ですが
こちらなら1ヶ月に1回くらいなら頑張れそうです。
(しないけどっ。)


スポンサーサイト
[ 2010/11/22 13:26 ] おうちごはん/食材 | TB(-) | CM(2)
なんで中国語、読めてんのよ、あーた?? 笑

美味しくて、健康になれるならしっかり飲んで、
元気つけといてくださいよぉ。
そろそろ芽キャベツちゃんとの体力勝負な生活が
次のファーゼに進みますっ。(ホントか?!あはは)
[ 2010/11/23 01:43 ] [ 編集 ]
◎桜もちさん◎

いやいや、「湯」って、中華を食べに行ってメニューにスープのとこに「湯」って書いてあったのを昔覚えてたんですよねぇー。
それを「タン」と読み、「サンラータン」とか「なんとかタン」ってスープの名前に「タン」がつくってので、なんだか覚えてました(笑)
この作り方のほうは、もちろん英語表記のほうを辞書片手に読みましたですよ~!ププッ。

でもこのスープ、姉が「産後3ヶ月の妹に」と聞いて香港の漢方屋で買ってきたものでしたが、もう産後8ヶ月。。
効き目はあったのでしょうかねぇ?
次の「体力増進スープ」を発注したほうが良いのでしょうかね。。(汗)
[ 2010/11/23 19:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。