Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クーファン

また手芸ネタ…。
そして今月、毎週土曜にしか記事アップしていない私。。(猛反省)
これに深い意味はなーんにもありません。
たまたまなんです、おサボりで申し訳ありましぇんー。

さて、フランス語で「大きなかご」を意味するというクーファン。
生まれたての赤ちゃんを入れておくカゴとして、色々市販されていますね?
「Baby in car]のシール同様、あれもまた気に入ったものが無く、
そして手芸屋さんで手に取った、赤ちゃんのためのソーイングブックに
とっても可愛いクーファンを見つけ、作ってしまいました。

  クーファン


というのも、もう1年も前の話。。
芽キャベツがお腹にいるとわかってから、すぐに本を買って---
はい、そこからお決まりの”放置”が続き、
生地を買って裁断して、更に”放置”。。
縫い始めてからは丸3日かけて、放置せずに仕上げました。
(だって放置したら完成できなそうだったんだもんー!)

 上から見たとこ 上から見るとこんな感じ。

一番苦労したところ パイピングアップ パイピング。


コレ、赤ちゃんの為に作ったモノ第一号の作品でした。
第一号なのに、こんな大作を作ってしまい、ヘトヘトに。
その後しばらく何も手につかない状態でした(笑)。

そして、使うのが楽しみでもあり、
クーファンに寝る赤ちゃんを想像してはワクワクしていたなぁー。
懐かしい…。

そして、無事に生まれて退院した芽キャベツ。
ベビーベットも用意してあったのだけど
最初は私もベットでなくてお布団で毎日寝ていたので
その横にクーファンに入れて寝かせていました。
生後1ヶ月すぎまでは毎日寝ていたかな?

それから私が寝室で寝るようになってからは
芽キャベツもベビーベットを使うようになって、
でも昼間は居間に移動して、クーファンに寝かせていました。
3ヶ月になるくらいまでは、結構使っていたと思います。

だけど季節が変わり、梅雨も終わりかけると
もう暑くて暑くて(フカフカで熱が篭ってそうでしょ?)
かわいそうなので、お座布団にマット敷いたりして寝かせていました。

そして、そろそろ、また涼しくなってきたので
クーファンに…

 は、入らないー!! 入れなくなった芽キャベツ

芽キャベツ、大きくなって、クーファンに入らなくなりました。。
無理矢理入らなくもはいですがね…
寝るにはちょっとね?

そんなわけで、芽キャベツ専用のおもちゃBOX(?)に変身し
棚に収納することにしました。
(クッションの使い道には思案中。押入れに押し込んであります。)

 棚に収納 もうちょっと大きくなったら
ここから自分でおもちゃを出し入れして遊んでくれるといいなー♪

余り生地でネズミちゃんも作りました。お気に入り枕とお手製ねずみ
お腹を押すとピューピュー鳴くおもちゃです。
枕は姉がプレゼントしてくれたもので、芽キャベツのお気に入り♪

しかし、こんな大きなもの作って、たったの3ヶ月しか使えないなんて。
ハム太は邪魔がって、危うく捨てられそうでしたっ(泣)。



スポンサーサイト
[ 2010/09/25 14:58 ] 手芸/工作/ものづくり | TB(-) | CM(8)
メチャメチャ素敵じゃないですか!絶対手作りとは思えないわよ。
ホント器用ね・・・。(しみじみ)
赤ちゃんってアッと言う間に大きくなりますよね。私もケメコに
オクルミを編んだけど、8月生まれでその年の冬のみだったわ。
翌年はアンヨがニョキッ!(爆)
クーハンは、ケメコの時に良いのを見つけて買ったの。だけど
使わなくなってから猫達のベッドになってしまい、猫アレルギーの
ツムジには新しく買う羽目に!
今頃は玩具入れになっているんじゃないかしら?(笑)
[ 2010/09/25 22:25 ] [ 編集 ]
◎アンさん◎

アンかぁーちゃんに、そこまでお褒めいただいてホントにうれしいです~。
だけど…底を縫いつけた時に、しつけ糸で予めしつけするのが面倒で待ち針だけで止めて縫い合わせたので、ところどころ生地が変な風に入り込んでしまったり、苦労したパイピングもガッタガタですし。。。どこからどう見ても手作り感バッチリです(笑)。

あはは、8月生まれでしたら編み物系はなかなか使えないですね。。うちも3月生まれで母が色々編んでくれましたが、新生児のうちは使えず、やっと大きさが良くなってきた頃には暖かくなってきちゃってて、全然使えませんでした。

赤ちゃんのものって揃えてもすぐに使えなくなってしまって、本当に残念ですよねー。
かといって、何も買わないわけにもいかないし。。
ずっと小さいままなら良いのにぃー(爆)!!
[ 2010/09/27 20:16 ] [ 編集 ]
すばらしい!
これってクーハンっていうんですね、そしてお家で作れるんですね!!はじめて知りました。
すっごい器用で粘りづよい性格なの?
つめの垢を煎じてのませてくださいっ!!
私は裁縫系は嫌いじゃないんだけど、器用でも細かくもないからほとんどしてないなー。ベッドカバーのボタンがとれてたり、ズボンのすそあげしていたところがほどけてきているのも、もう3ヶ月くらい放置のままです(泣)
ダメ主婦やわ~。
[ 2010/09/27 21:16 ] [ 編集 ]
すげぇ。。。凄過ぎて、言葉もごじゃりませぬ。

芽キャベツちゃんがすくすく良い子に育つのも
当たり前に思われてきました。良いお母さんを持って、
幸せ。
[ 2010/09/27 23:15 ] [ 編集 ]
◎ゆかりさん◎

クーハンなのか、クーファンなのか。。
私の持っている本ではクーファンと紹介されていて、フランス語ではcouffinと書くみたいです。
私もこの本で初めて家でもつくれるんだって知りましたよー。
わたし、器用さはそこそこで粘り強さもそこそこだと思うんですがね、こーんな大きな生地、買ってしまって(切ってしまって)途中で止めたら勿体ないじゃないですかぁ。。
そこのケチさに仕上げられた秘密が隠されていると思うんですよねぇー。
だって生地切る前までの長いこと、長いこと。。

ボタンつけなんて、長期放置も当たり前ですよぉー。
我が家のお客様用マットのボタンは2年越しでやっと先日つけましたし、娘の洋服のボタンも2週間くらい放置してて、コレ付けないまま放置してたら絶対来年は切られないサイズだ…と思って渋々つけたんですよ。
ほら、やっぱりマメよりケチ度の問題かも。。
さっきも洗濯物畳んでいて、娘の服のボタンが取れかかっていましたが、見て見ぬフリしてしまっちゃいました(爆)。
私の爪の垢煎じてもなーんにもなりませんよー。
[ 2010/09/28 16:56 ] [ 編集 ]
◎桜もちさん◎

うひゃひゃひゃひゃ。
そんなに絶句していただくほど感激してくださって、ありがとうごじゃりますっ。
色々書いてあるとおり、実際見たらそんなでもないシロモノなんですけどね。。

でも、そこまでお褒めにあずかり、朝から(読んだのは朝でした)一人ほくそえんでしまいました。
ぐふふふふふ。
そして芽キャベツを「お母さん、褒められちったー♪」とルンルンで抱っこしてあげたら、芽キャベツも笑って喜んでいました。
[ 2010/09/28 17:01 ] [ 編集 ]
芽きゃべつちゃーーーーーん、もっかい抱っこさせてぇ~~~。可愛い可愛い可愛いーーーーっ。
あ、写真見返そ。気持ちを落ち着けよ。
[ 2010/09/28 19:25 ] [ 編集 ]
◎桜もちさん◎

今、芽キャベツに「桜もちさんが、もっかい抱っこさせてーって言ってるよ♪どーする?させてあげるぅー?」って聞いたら
にかっって笑って、舌をペロって出してました(笑)。
どうやらOKサインが出た模様です。
抱っこできるうちに、再会したいものです~!ほんとにっ。
[ 2010/09/29 18:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。