Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

100gの生イーストで

”ずいぶん前”もいいとこの、2009年のお話です。
2009年のクリスマス。
家に篭っていることが多かったので、沢山お菓子を焼きました。

 Weihnachtsgebaeck メリークリスマス!

ほとんどドイツのレシピで焼いた、盛りだくさんのクッキーたち。
おそろしい量です。

ドイツの定番、シュトーレンも! Stollen

この量、ただごとじゃないので
もちろん東京と大阪の両実家、それと友人2人に送りつけました。

それは置いといて、このシュトーレンを作るのに
生イーストを使いました。
ドイツだとどこのスーパーへ行っても絶対に手に入る生イーストですが
日本ではドライイーストしか手に入りませんよね。

我が家からだと車で行かねばならないところに、幸いクオカショップがあって
そこで生イーストを入手できます。
だけども、車でしか行かれないっていうのが味噌で、
イコール「ハム太の休みの日にしか行かれない」ということ!

そんなわけで行くとついつい、多めに…とか、これもあったら便利かも…とかで
買いすぎてしまいます。
生イーストもそのひとつ。
1袋が100g入りで、シュトーレンに使うのは計算上103gでした。
これって1袋で済ませるか、2袋目も封を切るか迷うところじゃありませんか??

そんなわけで一応2袋買ったものの、やっぱり100gきっかりで済ませて
2袋目は封を開けなかったんです。
それで封を開けないまま、もちろん賞味期限をすぎたまま、年を越しました!!

いやぁー、でもこのまま捨ててしまってはもったいないっ。
家にいることが多いんだし、やっぱり何か作ろう!
と思い立ち、いろいろとパンを焼いてみました。

    Berliner-Landbrot Berliner-Landbrot
ベルリーナーラントブロット、つまりベルリン風田舎パン。
記念すべき1個目のパンはドイツパンでした。
それが…えっっっらい硬い焼具合で、切るのにも一苦労。。
切った切り口はボロボロで、お見せできる代物ではありませんでした。
でも味は、酸味は日本人に合うくらいなものの、ドイツを思い出す味でした♪


 ライ麦パン なので2回目もライ麦の入ったパンにしました。
こちらも硬めの焼き上がりでしたが、力のあるハム太が綺麗に切ってくれました♪
とある朝、ゆで卵を載せていただきました。


お次はベーグル! ベーグルサンド ベーグルサンドにしてパクリ!
ちょっとサイズが小さすぎて中身が飛び出しそうですが。。
ベーグルって普段自分から好んでまで食べるほど好きじゃなかったんですが
ローカロリーパンってことで焼いてみました♪
これが、意外に美味しくて、ハム太にも好評ですぐなくなっちゃうほど!
また作ることがあれば、ワンサイズ大きいサイズで作りたいと思います。
生地にオレンジピールを練りこんだのも焼いてみたんですが
こちらも美味しかった!
甘いおやつにもなるし、意外にもハムとかでも美味しかったんですよ。


その後は普通の食パンを2回焼き、 食パン

生イースト最後のシメには、こちら。 Zopf
ドイツの編みパン、Zopf(ツォップフ)を焼きました。
何も入っていないプレーンと、レーズン入りの2種。

  Zopf断面  切った断面はこんな感じ。

ふんわりと焼けて、最後のシメにふさわしい、良い出来でした♪
このZopfを焼いたのが、先週の土曜のこと。
一体どんだけ生イーストをもたしたんでしょうか(汗)。

それと、これらのパンのレシピは全て日本で行ってた製菓の専門学校の時のもの。
前にドイツのレシピでライ麦パンとか焼いてみたけど
気候や材料の違いからか、全然うまく焼けませんでした。
そんなわけで、日本では日本のレシピのほうが美味しくできるんではないかと
今回は全て日本のレシピ。
おかげで、おおかた美味しくできたのだけど…

レシピが家庭用ではないので、全部機械用の時間設定になっていて
それをHBも無い、手捏ねでやるのは、本当に大変でした。
やっぱり私にはパン作りよりお菓子のほうが向いてるなぁ、と改めて実感!
でも楽しかった!
家で手作りの美味しいパンが食べれるって幸せですね♪



スポンサーサイト
[ 2010/02/23 18:36 ] お菓子/パン | TB(-) | CM(4)
ぼたちゃんは本当にマメですね。
クッキーが凄く可愛い~♪
こんな可愛いクッキーだったら、
愛おしくって食べるのが勿体ないんじゃない?
いいわよ、私がお相伴してあげる・・・って、
昨年の話か!(ガクッ)

この型を使ってクリスマスツリーのオーナメントを
作るといいわね。
勿論焼き〆で!

そうそう、最中のお皿、練り込みで作ったんですよ。

(素焼きしてから施釉して本焼きするでしょ。
焼き〆は、素焼きしてから釉薬をかけないで本焼き
するんです。だから強度もあって割れ難いですよ)
[ 2010/02/24 22:59 ] [ 編集 ]
ぼたんちゃんのお菓子やパンは、ホントプロの仕上がりだわ。
私には、全くもって真似出来なさすぎて、泣けて来る。(笑)

生のイーストでも、結構もつんだねぇ?
私、一度お友達のところでパンを焼かされたんだけど、
ドライイーストが古過ぎて、全く膨らまなかったことがあります。

↓↓ 桜のうつわ、すってきに出来上がったわね!それ、欲しい。
(人の物を、欲しがるなーー!自分。)
[ 2010/02/25 06:13 ] [ 編集 ]
◎アンさん◎

よく”マメ”と言われることが多いのですが…(滝汗)、実はかなりの面倒くさがり屋です。
ほーんと信じられないくらいゴロゴロしてますもん。
ハム太にいっつも呆れられているくらいですよ。
それを”マメ”に見せるという、テクがすごいんですかね??(爆)

うふふ、クッキーもシュトーレンもパンもぜぇ~んぶもうお腹の中・・・いや、外にっ!
ご近所さんだったら、手土産に持ってって一緒にマリオしながら食べれたのに。。残念ですぅ。

クッキー型を使って、クリスマスのオーナメント、前から憧れていて、実はクリスマス前に家で樹脂粘土で作っていたんですけど・・・できあがる前にクリスマスが終わってしまいました(泣)
今から作って、今年のクリスマスには確実に飾れるようにしたほうがいいでしょうかね~。

それにしても最中のお皿って、縞模様の緑色のお皿ですよね??あれ、ご購入されたお皿だと思っていました!
すんごい素敵ですー!
違う土を組み合わせて作る作り方、いつか挑戦したいです!
[ 2010/02/25 13:56 ] [ 編集 ]
◎桜もちさん◎

ありがとうございます♪
お菓子はさておき、パン職人ではないので、パンも褒められるととっても嬉しいですぅー!
でも、桜もちさんのお菓子も、いつもすっごく美味しそうですよ。そういえば、桜もちさんお手製のお菓子って頂いたことがないような。。(爆)
でも本場の旦那様も、美味しいとおっしゃているんですから、絶対に美味しいに決まっています!
売り物でなく家で食べるんですから、見た目は二の次、味重視!ですよぉ。

私も生イースト、結構もったのでビックリしました。
当然冷蔵庫で、なるべく空気に触れないように、密閉して保存していたのですけど、もうダメかと思ったのに使えてビックリです(笑)
ドライイーストも同じく密閉して冷蔵庫に入れてますが、こちらも長くもっています。
桜もちさんのお友達のドライイースト、相当の相当古かったんではないでしょうか。。
せっかく作ったのに膨らまないって、かなり悲しいですよね☆しかも、お友達のうちでって…気まずいですね!(笑)

桜のうつわ、気に入っていただけて嬉しいです!
”欲しい”だなんて、最高の褒め言葉です♪わーい!
[ 2010/02/25 14:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。