Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2010年 元旦

七草も鏡開きも終わってるのに、まだ元旦…
相変わらず”のんびり”ですが、お付き合いくださいませ。

         正月花

今年は初めて「葉ボタン」を飾ってみました。
葉ボタンって、見た目がキャベツみたいで昔はあまり好きでなかったんですが
(どうしても野菜にしか見えず)
年を取ったせいでしょうか、最近は可愛らしく見えてきたのです。
バニラ色に似た白と、ヨーグルトに混ぜたブルーベリージャムのような色合いが
なんとも可愛い。。


さて、我が家の2010年度版おせち。
昨年は「くわい」について議論に白熱していたハム太と私ですが
今年は二人きりのお正月ということで(去年は私の母が来ていました)
食べる人も少ないので、シンプル且つ量少なめで仕込むことにしました。
と、いうことで「くわい」は登場しなかったのであります。

      壱の重?    弐の重

              参の重

んでもって、二人だけだったので、何の重にどの食材を入れるかっていうのを
なーんも気にせずに詰めてしまったので、適当さもひとしおです。
一応、お煮しめだけで弐の重?が一杯になったので、それ以外を壱の重に詰め込み、
元旦の朝に焼いた海老と鰤を並べた隅にカズノコを配し、
汁気の多いなますと、冷蔵庫には入れないごまめを小鉢(?)に盛った!というだけ。

 元旦のお雑煮 そして、こちらが元旦のお雑煮。

いくら二人きりとはいえ、この風習だけは変わりが無かった!!
元旦は、ハマグリのお澄まし仕立てのお雑煮。
続く2日は、里芋と三つ葉の白味噌仕立て。
ラスト3日は、ボタ家実家風の鶏と根菜のお醤油仕立て。。。

そんなこんなで2010年も、始まったわけであります。
もう1月も半ばに差し掛かってきていますが…
案の定、黒豆と栗きんとんとなますは、今も健在で冷蔵庫で待機中っ!
いつになったら、全てが胃袋に収まるのでしょうか。(それも恐ろしい)


アップロードファイル
スポンサーサイト
[ 2010/01/12 17:26 ] 季節の行事 | TB(-) | CM(6)
干し柿の串差しのお話、ためになりました。
来年は、早めに柿を10個かって、干し柿を作りますかな?
多分、忘れるだろうな。。。(笑)

エビが美味しそうエビ!大きなエビだわ~。
はまぐりも美味しそう、何年も食べてないけど、
はまぐりでお雑煮っちゅーのは、人生一度も食べた事ないかも。

黒豆も栗きんとんもなますも、おそばにおりましたなら、
ぜーーーんぶ食べて差し上げますのにぃ~。(要らんってか? 爆)
[ 2010/01/12 21:54 ] [ 編集 ]
ずいぶんご無沙汰していました。
今年も宜しくお願いしますね。

黒豆とたつくりは一袋煮ました。
ツムジが黒豆が好物みたい!凄い奇声を
発して催促するんですよ。(笑)
ケメコは何んと言ってもたつくり。
金柑の甘露煮と一緒にしっかり抱いて行きましたわ。
で、嫁と娘はお煮しめやサラダなど色々持って
行ったみたい。
先日から次々に空容器が返って来ています。
喜んで食べてくれて持ち帰ってくれる・・・
嬉しいものですね。
[ 2010/01/12 23:52 ] [ 編集 ]
◎桜もちさん◎

干し柿…来年というか、準備するのは今年ですね??
柿ってどれくらいから干しとくもんなんでしょうね~?
この柿、サイズが普通に菜まで食べる柿よりも、ものすごい小さいんですよ。500円玉の一回りか二周り大きいくらいでしょうか。干して多少は縮むにしても、相当小さいサイズの柿だと思われます。
うまいこと、お手ごろサイズの柿が手に入るといいですねぇ。(笑)

海老、美味しかったでござんす!!
ハマグリは差し上げても、海老だけはお譲りで来ませんっ。(爆)
私もハマグリのお雑煮なんて、聞いたことも無かったんですがねぇ。ほんと「所変わればなんとやら」です。ハム太家がおかしいのか??
それに貝類の苦手な私としては、アサリで精一杯なのにハマグリだなんて。。。元旦早々チャレンジ精神出さないといけない羽目になりました。

黒豆・栗きんとん・なますの最強トリオ…タッパーに詰めて送ってもよろしいですかぁ??
なんかもう、自力で消費できる気がしないです。
[ 2010/01/13 09:00 ] [ 編集 ]
◎アンさん◎

こちらこそ、よろしくお願いいたします♪

我が家も黒豆は1袋煮ちゃいました。。多かった!!いや、最初から多いのはわかっていたのですけど、袋に半分残っていても、またいつ煮るのかって話で。。ええい!と1袋煮てしまったのです。。
奇声をあげてまで食べてくれるつむじくん。。アンさん、我が家にも連れて遊びにいらしてくださーい!(笑)

ごまめ(実家では我が家も”たつくり”と呼んでいましたが、ハム太家では”ごまめ”と言うらしいです)はなんと2袋!
これは私もけめこちゃん位の時から大好きで、母が作っているそばからポリポリ食べていたものでした。
そんなわけで、日ごろのカルシウム不足を補うためにも、大量に作ってみたのですが…ハム太が最初に炒り過ぎてしまい、とっても苦いのができあがってしまったんですよぉー!(泣)なので、こちらもなかなか減らない現状です。

そして、年末にTVで「おせちの重に隙間ができ始めたら、それを埋めるために金柑の甘露煮を詰める」と言っていたので、私も金柑の甘露煮も準備してたんですが…三が日を過ぎお重に隙間ができ始めたら、もうお重に詰めなくなって普段の小鉢などで済ましているので、全然金柑の出番もありませんでした。
あー、やっぱり、お正月はワイワイ大勢でお祝いするのが一番ですねぇ。
[ 2010/01/13 09:09 ] [ 編集 ]
ぼたんさん、見事なおせち料理、ぱちぱちぱちぱち!
私なんか昆布巻きも上手に作れず、こんな立派なおせち料理、尊敬ですよ~!
生け花も素敵です!
ぼたんさん、段々日本の奥様になってきましたね~。
[ 2010/01/14 07:43 ] [ 編集 ]
◎chiblitsさん◎

ありがとうございますぅ~。
chiblitsさんに褒めていただくと、嬉しさもひとしおです♪
でもねぇ、これ全部ひとりで作っていたのなら胸も張れるんですけど、本当に半分こずつハム太と分担して作ってるもんで(しかも出汁とりとかもハム太)一人じゃ、絶対こんなにやれてません。。
辛うじてお花だけは一人で生けましたが(笑)、その後の水遣りはハム太がしてます。。(爆)
[ 2010/01/14 12:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。