Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鳴門市ドイツ館

大麻比古神社を後にし、いざ鳴門市ドイツ館へ。

          ドイツ館

こちら、館内は撮影禁止でしたので写真はありませんが
ドイツ人の捕虜の方が生活されていた当時の生活用品や写真の展示、模型の展示、
そして日本で始めて演奏されたという、ベートーヴェンの第九の上演(お人形)などなど
色々な展示がされています。

この第九の上演というのが、上演時間が決まっているほど
こちらのイチオシ展示なのに…この日は故障中でした!(爆)

  ベートーヴェン・ハム太 入り口にいたベートーヴェンさんです!

それよりも、印象深いのは
帰国されたドイツ人の方たちが、お世話になった日本人へ
手紙や贈り物を送ったりしていたことでした。
普通、誰が捕虜として生活していた場所へ手紙や贈り物を送りますか?
展示してあると、つい「ふ~ん」とか「へぇ~!」とかで終わってしまいがちですが
これって、これって、本当に素晴らしいことなんじゃないかと思います!
(今やってるドラマの”不毛地帯”の第1回で、捕虜の生活というのを見たからかしら?)

私は運良く、戦争も捕虜も、国が東西に分かれてしまったりなんてのも
なーんにも体験せずに生きていますが
これから先だって、いつどうなるかわかりません。
今、毎日を楽しく平和に暮らせていることに、もっと感謝しなければいけませんね。


さて、お腹がすいた私たち…
ドイツ館の前に、ドイツ風の建物?小屋?がありました。

 ”軽食所”って! Deutscher Imbiss

ドイツ語ではDeutscher Imbissと書いてあります。
んー、まぁ訳すと軽食所なのか?(笑)
インビスって、ドイツではお肉屋さんの店先にあったりしますよね、よく。
パンに、焼きたてや茹でたてのソーセージを挟んでくれたりします。
早くて安くて美味い!
3拍子そろった、ドイツでは定番のインビスです。

こちらのインビスは… ドイツ製品も少し

中はこんな感じ。
ドイツ製の瓶詰めソーセージやピクルスやジャムが並んでます。
パンは近くのパン屋さんから来ているらしき箱が積んでありました。
せっかくなので、ハム太と二人で違う種類のソーセージを挟んだホットドッグを注文。。

・・・うーん、やっぱりドイツとは違うのね。
出てくるまでに時間はかかるし、そんなに安くないし、…。


とりあえず待っている間に、懐かしのButter Bretzelをぱくり♪

    Butter Bretzel 形はBretzelだけど…

とってもフワフワなパンでした!(笑)
でもお腹すいていたし、久しぶりの”バター挟みBretzel(爆)”が嬉しくて
あっという間に完食。
あと3個くらい食べられそうな勢いでしたが、お値段がお値段なので我慢っ。
あー、ドイツだったら200円もしないで食べられるのにぃー!

それから、やっと出来上がった”ホットドッグ”。 ライ麦パンのホットドッグ

ソーセージの種類が4種類もあって選べるのはサスガ!
こんなに選べるのって、日本ではあんまりないですよね?
でももう3ヶ月も前の話で、何を食べたんだか忘れてしまいました。(爆)
ソーセージはなかなか美味しかったように思います。
ただ、やっぱりパンがフワフワ!
ライ麦パンと書いてあったけど、あのドイツのバリバリに硬いパンではなくって
本当にフワフワのパン。
ちょっと残念でした☆



ホットドック
*予約投稿にて
スポンサーサイト
[ 2009/11/12 16:14 ] ドイツのお話 | TB(-) | CM(2)
ぼたちゃん、こんばんは~☆
ホント、凄い事ですよね。最初読みながら「エエーッ!」って、
私の読み違いかと思ってしまいました。
で、もう一度読み直して、「やっぱり凄い!」って感動しました。
やはりドイツ人特有の勤勉さでしょうかね?

戦争も捕虜も分裂もなく、平和な世の中だから、
猟奇的な事件が多いのでしょうか?
新聞やTVを見る度、心が痛みます。

ベートーヴェンさん、可愛い♪
[ 2009/11/12 22:19 ] [ 編集 ]
◎アンさん◎

アンかぁーちゃん、こんにちは~♪
やっぱり、やっぱり、凄いですよねっ?
当時の徳島の方たちも立派だったんでしょうね~。昔なんて「偉人さん」ってだけで恐れられていそうですもん。
ドイツの方たちも、きっと素晴らしい方々だったんでしょうね。
だってきっとお互いに歩み寄らなければ、成り立たないことだと思います。
それに、言葉の壁があることを考えると、交流をするのには、やはり「物づくり」が欠かせなかったと思います。
映画でもパン職人さんが出てきましたが、他にも色々な職人さんがいらっしゃったようで、ドイツの技術を沢山教えてくださったようです。
やっぱり「物づくり」って素晴らしいなぁ~!って思います♪

最近、ぎょっとするニュースも少なくありませんよね。本当に心が痛みます。
つい「私だったら…」と置き換えてしまいます。
でもやっぱり心のどこかでは「遠いはなし」とおもっている部分もあるんでしょうね。毎日グダグダ暮らしています(爆)。
世界の誰もが楽しくのんびり暮らせる世の中になったら良いのに~って思います。

ベートーヴェン、ハムスターの下はもちろんハム太の顔がハマってますが、実は私バージョンのもあるんですよ。
こういうの、ついつい記念撮影しちゃうんですよねぇ。。(笑)
[ 2009/11/13 15:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。