FC2ブログ

Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

アートな日々・2日目

さて、Sちゃん滞在2日目の朝。
いつもはハム太独りで食べる朝食(?バナナとヨーグルトだけ)ですが
紅茶を淹れ、パンをトーストし、ヨーグルトにはフルーツを飾り…
(我が家にしては)素晴らしくまともな朝食を3人で食べました。

 常に誰かお客さんを呼んでたほうが、おまえには良いかもしれんな?

そんな賞賛を浴びつつ(違)、
しゅっぱぁ~つ!
ハム太の会社まではハム太が運転し、そこからはバトンタッチ。

そうそう、念のためにSちゃんに
”免許持ってるんだったっけぇ~?”と聞いてみたんだけど…

鹿01 持ってないのー。

…撃沈っ。
これじゃ運転代わってもらえないのね。何かあった時どーするの!


んま、気を取り直して出発でございます。
2日目のこの日は、まさしく「アートな日々」にふさわしい一日となっております。


まず目指すはイサムノグチ庭園美術館
皆さん、イサムノグチさんてご存知ですか?
20世紀を代表する彫刻家、だそうです。
香川県の庵治(あじ)という所、すごく上質な庵治石というのが採れます。
庵治に行くと、そこらじゅう石屋さんなんですけど…
そんな場所にイサムノグチはアトリエを構えていて
日本の古民家風の家も建てて、晩年はそことアメリカ(カナダだったっけ?)とを行ったり来たりして
生活していたそうです。

そして”庭園美術館”というだけあって、
イサムノグチの作品は、ほとんどが外に置いてあります。
驚いたことに、生前に本人が「いつ自分が死んでもいいように」と
ご自身の手で、一つ一つの作品を設置されたんだそうです。

で、美術館内(というのか?屋外)、イサムノグチが住んだ古民家、
敷地内すべて写真撮影禁止だったので、写真がありませぇーん!
(カメラを家に忘れたのはこの日なので、私は残念でもなかったですが、アート好きのSちゃんは心底残念がっていました。)

詳しくはHPを見ていただくとして(上の紫の大文字んとこで飛べます)
ここ、行ってハイどーぞ、とは行かない美術館。
前もって往復はがきで予約しないとダメなんです。
興味のある方、そこんとこご注意してくださいね。

それにしても屋外とは…
雨はかろうじて上がっていましたが(ついさっきまで降っていた)
特に舗装されているわけではない庭園。
靴がどろんこになってしまいました。。
それに何より寒くて寒くて!
説明してくださる方がグループについてくださるんですけど
その説明後、30分×2場所で約1時間程度、自由に作品を見せていただけます。
よりによって、車でお出かけだからって、薄着で出かけてしまった私。。
歩き方もカニのようにカチンコチンになっていました。
ここに行くのは、春先や秋など、気候が穏やかでお天気の日が良いですね。


そうそう、往復はがきで応募すると、地図つきのお返事が来ます。
でもそこには
”ナビに入れても辿り着かない場合がある程へんぴな場所なので
             早めにお出かけください。”


というようなことが書いてあるではありませんか!
いわば昨日からペーパードライバーを脱したばかりである私に辿り着けるのか!?
とっーーーーっても心配だったので、ハム太の会社を出て、直行しました。

んが、指定時間の1時間半も前に到着。。
これは余りにも早すぎたっ。
でも場所が確認できたので安心し、美術館から程近いところに
まー、お馴染みですがセカチューのロケ地があるので出かけてみました。

Sちゃんは”セカチューは好きだけど、本しか読んでない。。映画はちらっとだけ観た!”そうで
ですから、ロケ地は見てもピンと来ない様子。
それでも、美術館の駐車場で1時間以上過ごすよりは、全然良いですよね♪
そして、この時間はまだ雨が小降りで降っていたので、なるべく車から降りないで眺められる所とか
ちゃんと駐車場に入れて観光できる写真館など見物してました。
そして、とある細い道に入って行き…
んま、この先は何もなさそうだし、ここでUターンして美術館へ向かおうか…
ちょびっとだけ、郵便局の駐車場貸してくださいね、Uターンするだけですけど~。
と、バックで下がって行きました。

ピー、ピー、ピー…(バックする音)




    バコンっ!!!


な、な、なんなのぉ~??(涙)
視界には何もないのに、何かにぶつかった衝撃がっ。

急いで路肩に止め、降りて確かめてみると…
ほっ!
もっとナンバープレートがふたつに折り曲がってしまっているかと思ったのに
バンパー(?)の端っこがちょびっとずれてるだけでした。
自分で思っていたよりず~~っと軽症だったので、気分も落ちず
それよりも、今までハム太が車を壊しては文句をブーブー言っていたのに
自分も大損壊させてしまっては、今までの威厳が台無し!
これからは文句も言えやしない!
ハム太に怒られるぅ!ってことが頭をよぎったので
見た目、なんともない感じだったので、ホントのホントに安堵しました。

それから、美術館に向かって再出発。
みごと15分前という理想的な時間に到着したのでした。


すっかり寒さでカチンコチンになり、お腹もぺッコペコになった2人。
お待ちかねのうどん屋さんに行きましょうか。
そして、ここいらで近くにあるうどん屋さんと言えば??

そーです。
どなたかも夏においでになって堪能されていた山田家さん
またまた美味しいうどんをご紹介したいところでしたが…
残念!カメラを忘れてしまいました。


そして午後は??
 ”続き”は、またしても長くなっております。 


今度はジョージナカシマ記念館という、こちらもまた世界的に有名な方の
記念館というか、作品を展示してあるので美術館のような感じの所へ行ってきました。

この方についても、全く存じ上げなかったのですが
この記念館ができたのがつい最近のことで(去年だったかな?)
こちらの地元の新聞では連日大きく取り上げられていました。
そして、その新聞にはナカシマさんの作品の写真も載っていたのですが
その作品というのが、とっても素敵だったんです。

え?何の作品かって?
ジョージナカシマさんは木のスペシャリスト。
そんなナカシマさんが木と対話しながら作り上げていった、木の家具。

そんな木の家具を見ているうちに、
是非ナカシマさんの作品を見てみたい!と思うようになっていたんですけど
「近いからいつでも行ける~」という思いがどこかにあるからか
なかなか出かけることができなかったんです。

そして今回アート好きのSちゃんに、取っておいた新聞記事を見せると
案の定、”行きたいっ♪”というお答えが。
それに午前中に行ったイサムノグチ美術館とは、同方面。
こりゃー、行かないわけにはいかんべ!


それにしても、カーナビってホント便利。
住み慣れない(まだ?)土地でも、迷うことなく辿りつく。
近ごろ、カーナビを手になさってあっちこっちに出かけてらっしゃるこの方に
大いに共感できた数日間でした。


んま、とにかく無事にジョージナカシマ記念館に辿りついた2人。

     ・・・ほ、欲しい。。


見学して、思ったことはそれ。
ホントに素敵なんです、どれもこれも!

木と対話できるとうだけあって、どの家具もその木(種類ってだけでなくて、年輪さえも)に
ぴったり合った家具になっているんです。

そして、見た目がアートなだけでなくて
座り心地も最高っ♪
もちろんナカシマさんが実際にお作りになった作品は展示されているだけですが
ナカシマさんが、桜製作所という会社にだけ自分の作品を作ってもいいよ、
という権利をお渡しになっていて(この記念館も桜製作所によるもの)
その方々が忠実に作られた家具が1階に置いてあって
そこはカフェ兼自由に座れるスペースとなっているんです(もちろん購入可)。

木だけだと、ごつごつしてて、長時間座っていたら痛くなるんじゃないか?
座る前はそんなことも考えましたが
ほんっっっっっとに全然痛くない!
”ごつごつ”どころか、ずっぽりと柔らかい感じで、とにかく座り心地が良いんです。

あー、欲しい・・・。

そう思わずにはいられません。

ですが…ヒョイと買えるお値段ではありませんよ。
これはもっともっと年をとってから、自分のご褒美にでも買おう!
そう思いたい一品です。

本物は買えなかったので、ポストカードで我慢、我慢(涙)。ポストカード


それから、まだ時間が早かったので、
これまたお馴染みの栗林公園へ。

まだウメもポツポツ咲いているくらいで何も”見もの”はありませんでしたが、
素晴らしい日本庭園を散策しながらしゃべりまくって話に花が咲いてとっても楽しいひと時でした。
途中、お茶屋さんを見つけたので、和菓子とお抹茶をいただきました。
おうどんを食べたきりで、小腹がすいてきていたので大満足♪
日も暮れてきて寒くなってきたし、そろそろ帰…

あっ!!

ハム太迎えに行かなきゃいけないんだったぁー!(ため息)




イス
スポンサーサイト



[ 2009/02/13 13:13 ] 楽しいこと | TB(-) | CM(8)
どちらも存じ上げないお方だったので、
どんな美術作品かなと思ったけど、
イサムノグチさん、リンク繋がってないよぅ~。
ジョージナカシマさんの作品はホント素敵♪
欲しくなるねぇ。
まずは、こんな家具がしっくり納まる家を確保しなくっちゃ(笑)
私はその前にそんなおうちをプレゼントしてくれるだんな様だわ(爆)
[ 2009/02/15 15:26 ] [ 編集 ]
イサムノグチさんこれは聞いたことがあるんだけど、ジョージナカシマさんは初めて。
アートには全く無知な私だけど、
ここは是非行ってみたい♪
見たらきっと欲しくなっちゃうだろうな~

セカチューのロケ現場はまだ行った事がないんだ。
ここからではちょっと遠いのよね。
機会があったら行ってみたいな。
映画も観たしね。

ぼたんちゃん、もうそこら辺はバッチリな様だね
是非案内して♪
あ、郵便局は結構ですから(笑)
[ 2009/02/15 23:25 ] [ 編集 ]
◎acho☆さん◎

きゃー、ごめんなさい!
ホントだ、イサムノグチさんのとこ繋がってないですね…。なんだかリンクさせるのに制限がかかってるみたいですぅ。
もし興味あったら”イサムノグチ庭園美術館”で検索すればすぐ出てきますので、よろしくお願いしまーす。

ジョージナカシマさんの家具、ほんと素敵ですよねぇぇぇ。
でも家具の前に家、家の前に旦那様…
我が家には旦那様はいるにしても、とてもじゃないけど、おうちはプレゼントしてくれそうもありませんよぉー!(爆)
[ 2009/02/16 16:32 ] [ 編集 ]
◎かりんさん◎

なんだか香川って辺鄙な場所(失礼…)だと思っていたのに、実はこんなに世界的に有名な方々のアートに触れられる場所が沢山あるなんて、ホント驚きです。
やっぱりアートな方も惚れるくらい、素敵な場所なんですねぇ、ここって♪
ジョージナカシマさんの作品、栗林公園の中にある「讃岐家具」が展示してあるところにもありますよぉー♪
…って栗林公園も遠いですよね!?(爆)

かりんさん、こちらまで車でお越しになって、どっかで私を拾ってくれたら、どこでも案内しますよぉ~♪
かりんさんが、どーしてもとおっしゃるなら、郵便局にも寄ったっていいんです!だってかりんさんの運転ですものぉー♪(笑)
[ 2009/02/16 16:42 ] [ 編集 ]
野口勇さんは存じていますが、ジョージナカシマさんは存じませんでした。
昨夜ここまで書いて、ジョージナカヤマさんの作品を見ていたら時間が経って
しまい書き込み出来ませんでした。スミマセン・・・。(ペコリ)
どれもシンプルで素晴らしいですね。
木の持つ温かみが写真からも伝わってきます。欲しい~♪(本心)

讃岐って、お饂飩だけじゃないのね・・・こんなに世界的に有名な方の
作品が見られるなんて、羨ましい!!!
[ 2009/02/17 22:41 ] [ 編集 ]
◎アンさん◎

イサムノグチって野口勇さんって書くんですねー!アンかぁーちゃんてば、植物博士の上にアートにまでお詳しいだなんて~!
ププっ、でもジョージナカヤマさんでなくてジョージナカシマさんですよぉー!(爆)
1回目はちゃんと書いてらっしゃるから、うっかりでしょうか??(笑)
でも、あの木の家具は見ているだけでも素晴らしいってわかりますよね!
座ったらまた、更に更に素晴らしいんです。
アンさんも是非、うどんのついでに作品を…いや、作品を見にいらしてついでにうどんを…いやいや、両方メインで遊びにいらしてください~♪
[ 2009/02/18 00:14 ] [ 編集 ]
おはようさん♪
テヘッ、やっちまったねーーー!
[ 2009/02/18 07:49 ] [ 編集 ]
◎アンさん◎

おこんばんはです♪
あはは!
”やっちまったなぁ~!”って、我が家でも流行ってますよぉー!
うぷぷぷ。
[ 2009/02/18 20:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する