Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お節とお屠蘇。

まだやってます、こんな話題・・・。(汗)
しばらくはお正月ネタが続くかもしれませんが、お付き合いくださいませ。

==============

さてさて我が家のお節。。。
東京出身の私と大阪出身のハム太。
2人でドイツでこしらえていたお節は、ドイツで手に入る範囲の食材+乾物でやっていたので
見た目「お正月風」ってな感じで頑張ってましたが
日本で迎えるお正月となると、更に「ちゃんとした」のを望んでしまいますよね。

去年のお正月は私の実家にハム太が遊びに来たので
我が家のお節を食べたはずなんですが…
写真を見ても「ちらり」としか写っていないわ、実家でお重を見た覚えはないわ、
御屠蘇なんて陰も形もなかった!!てな感じで
それらをちゃんと実家でやっていた気配を漂わせるハム太に、年末からビクビク!
去年の我が実家でのお正月を、一体どう思っていたのでしょう??

とりあえず年末に、お重や屠蘇器を見にデパート2軒(しかない)を回ってみましたが
塗りの良いものは買えるお値段ではないし、お手入れも大変!
かといってプラスチックのでは気に入らない(ハム太が!)ので却下。

私は別にお重に入れなくても、素敵な大皿(無いけど)に少しずつ盛ったりしたんで
良いのにな~と思ったんですけど、どうしても「お重」にこだわるハム太。
最終的には、どうせ今は使ってないだろう!と実家から奪うことまで考えてたっ!!
いやいや…
使ってるかもしれないしさ…
奪うのはどうなの??


ということで、なぜか私の引越しの時に荷物に入っていた
ガラスの3段重(たぶんお菓子とか入れるんだろな)を使いました。

     ガラスのお重?

これが…
お菓子用(たぶんプラリネとか、チョコレートにピッタリなサイズ)なので
深さが無いんですよねぇ~。
だから、みんな寝そべらせて入れなきゃならず、じぇ~んじぇん入らない。。

だもんで、汁物(?)は別のお重(みたいな器)に。陶器のお重?(小)

そして、お節のメニューですが
大阪出身ハム太の言う食材と、激しく激突っ!
そんなもの聞いたこと無い!お節には入れないよ!とお互い言い合う始末。

  くわい そのひとつが「くわい」

私の実家では、お節に入れる芋といえば八つ頭でした。
「頭が沢山出るように」の願いを込めた、縁起のいいお芋。
見た目は、ずんぐりむっくり?ごつごつしていてデッカイ!!そんなお芋。
毎年ちゃんとお節に入っていました。
なのにハム太は、
八つ頭ってなんや!聞いたことないわ!と言うんです。

それで、年末、お節の買出しに1人でスーパーに行き愕然っ!!!
ホントに八つ頭が売ってない~!!(泣)
実家に電話して「八つ頭が売ってないんだけど。」って報告までしちゃいましたよ。

そして、数々のお芋を見ていると
親芋(大きさは八つ頭くらいだけど、形は里芋のデッカイのみたいでした)と、里芋
それから例のくわい、いつものジャガイモ、さつまいも…と並んでいます。

お節のメニューを決める時から
くわいや!くわいぃ~! と言われていましたが
くわいなんて初めて聞いた私。
形状を聞いても「は?」って感じでした。
それをスーパーで見つけて、またもやびっくり!
なんじゃこりゃあ~!
とても食べ物には見えない形。。
ホントに食べるの?
ちゃんとお野菜売り場のお正月コーナーに並んでいても、まだ信じられないので
1人では買えず、後日改めてハム太と買いに行きました。

でも…ドイツへ行く前なんて、お節は全部母任せでしたから
お節の食材を買いに行ったことも無く(あってもカマボコとか、そういうの。)
もしかしたら東京でも、普通に食べられているものなのかしら?
どうなんでしょう。

あー、でも八つ頭が売ってないなんて…。(まだ言ってる!)
しぶしぶ「くわい」を買いましたが、これはもちろんハム太に調理してもらいましたよ。

私の担当は
 ・黒豆
 ・伊達巻
 ・栗きんとん
 ・ごまめ

・・・あれっ!?
甘いものばっかり!

ハム太の担当は
 ・お煮しめ
 ・かずのこ
 ・昆布巻き

・・・あれれっ??
一手間かかるものばっかりぃ~!(笑)

そのほか、既製品を買ったのは、紅白かまぼこ棒タラ
この棒タラってやつも、私には聞き覚えの無い食材で
少しばかりスーパーの売り場で大声を上げていた私でした。(恥)

それにしても、今年の伊達巻は…薄っ!!
オーブンの鉄板に仕切りをつけて焼いたんですが、その仕切りから卵液が漏れていき
とっても薄くなってしまったんです。(泣)
去年の写真と比べてびっくり!半分くらいしかない。。
がっくりー!
でも味は適当にお砂糖を入れた割りに(エー!)甘すぎず薄すぎず、丁度良かったです♪

=========================

長い…
ここまで書いて、とっても長いことに気がつきました。
初めタイトルを「お節とお雑煮」にしていたんですけど変えました。。


そういうわけで、お屠蘇についてのお話は「続き」に入れておきます。(シュン…)



ロールケーキ?
お屠蘇…

我が実家でお屠蘇って言えば、普通に日本酒がお冷で出てきていました。
だからお屠蘇って、普通にお酒だと思ってました。
当然、未成年のうちは飲んではいけないものって思っていましたから
口だけつけてごらん!って言われても拒絶していたし
二十歳を過ぎてからも、家では一切お酒を飲まなかったので
「お酒はイヤ!」とか弱いフリをして、いただいてませんでした。(笑)

そして、父方の祖母が用意してくれていたお屠蘇は
 「味醂を煮きったもの」
と言われたことがあったので
本当のお屠蘇は味醂を煮切ったものなんだ、と思っていました。

だけど、味醂って調味料でしょぉ~??
飲むなんて信じられないっ!!
うひゃー。
と思っていたので、この味醂のお屠蘇も、怖い祖母の手前、無理矢理飲み込んでいましたから
味も何も覚えちゃいませんでした。



でもって、お節の食材バトルに引き続き
年末、ハム太とお屠蘇バトルも繰り広げられたのでした。
私の「普通のお酒」説と「味醂を煮切ったもの」説は見事打ち消され…

ハム太が言うには
「味醂にお屠蘇の素みたいなやつを、一晩浸けておくんや!」

-なにその、お屠蘇の素って…? (疑いの目)


 「イヤ…その…どっかで貰ってくるんや!!」(汗)

-どっかってどこさ? (更に疑いの目)


そんな、お屠蘇の素なんて!
聞いたことないわ~、あるわけないよ、そんなの!!

・・・と高をくくっていたら!
ある日、ハム太が薬局で買ってきました。。
屠蘇散っていうものらしい。御屠蘇セット 84円。(安くてびっくり!)

============

ハイ、ここでお勉強の時間。
今後のためにメモっておきます。
興味のある方はご一読ください♪

 屠蘇の起因 (日本記倭古事参照)

屠蘇は昔、嵯峨天皇の御代年(現在より千百有手前)に唐の博士蘇明(そめい)と云う人が
和唐使(からのつかい)として来朝の折り絹の袋に入れた屠蘇白散(とそさん)と称する霊薬(くすり)を献上しました。
天皇は元旦より三ヶ月清涼殿(せいりょうでん)の京ひさいに出御されて四方拝の御儀式の後、御酒(おみき)に御屠蘇を浸して用いられたのが始まりです。
その後国民も之に習って正月に三ヶ月の儀式として屠蘇を用いるようになり 、その年の邪疫病魔(わるいやまい)を除き幸福の年を迎えるとしてお正月には家毎に必ず屠蘇酒を戴き一家揃って新年のお祝いを致します。

…と御屠蘇の包みの内側に書いてありました。
(字が達筆でちょっと分かりづらかったので不明瞭なところ有り)
=========================


で…
31日から屠蘇散を何か(御屠蘇用の味醂だったか、日本酒だったか…不明)に浸し
ハム太が用意したお屠蘇。

もちろん、屠蘇器はないので… 我が家の御屠蘇 グラスで。(笑)
31日からうちの母が来ていたので3人分。


この屠蘇散って、買ってきたときにビックリしたんだけど
匂いがドイツのクリスマスの匂いと同じ!!
まさにシュトーレンを作っている時の匂い。
原材料名を見ると、桂皮・山椒・陳皮・桔梗・大回香・丁字・浜防風とあります。
(大回香の回は、くさかんむり付き)

これを分かりやすく書くと
シナモン・山椒・柑橘類の皮・?・クローブ・香気のある若葉を食用に使うセリ科の多年草(感冒薬にもなる)
ということで、香りの強いシナモンやクローブが入っていることで
ドイツのクリスマスによく使うスパイス類と、そっくりな香りがするんですね。
こんなところにドイツと日本の似ているところを発見して
(どうしてドイツでハム太が、このことを言わなかったのか不思議で仕方が無い)
ひとり、ほくほくしていた私でした♪
 

でも、いくら大好きなドイツと似ている香りが漂うからって、お屠蘇は苦手。
なんだか、もわ~~んとした感じがダメで、
やっぱり文字通り”グラスに口をつけた”だけでした。



日本酒
スポンサーサイト
[ 2009/01/09 14:36 ] 季節の行事 | TB(-) | CM(12)
ながい、、、
[ 2009/01/09 18:02 ] [ 編集 ]
ながい? 面白くてドンドン読めちゃったけど!(^^)

家も八つ頭だからクワイって知らないの。
あのシッポみたいなのって何?と思ってたぁ。(笑)
どんな食感?
八つ頭は、人の上に立つ人になると言われていて、
年頭に食べるんだそう。(聞いた話だけど)
お屠蘇の素も初めて見た~!
家も、普通のお酒だったよ。
材料を見ると、けっこう強烈な香りがしそうだねっ。
病気を追っ払ってくれるなら、一口飲んでみたかったなー。
来年は薬局で探してみます。忘れちゃうか^^;
ところで味醂、家と一緒です♪
[ 2009/01/09 18:25 ] [ 編集 ]
◎謎若1号◎

あーた、会社で何やってるの!
仕事終わったなら、早く帰ってきなさい☆
[ 2009/01/10 17:49 ] [ 編集 ]
◎くろねこ・ママさん◎

長くなかったですか?良かった♪
でも「面白くて」って、やっぱり私のブログはお笑いブログなのかしら。。。(汗)

くわい、恐ろしくて沢山は食べられなかったのですが、1個だけ頑張って食べてみました。
あんまりクワイそのものには味が無い感じで、食感が少しサクッというか…うーん。。芋寄りなユリ根とでも言うんでしょうか。。
特になんてことない味で、やっぱり角があるから「ツノが出ますように」という縁起を担いで食べるだけのものっていう感じでしたよ。

そうそう、八つ頭の謂れは「人の上に立つ」でしたね。ハつ頭が出るわけじゃーなかった!(爆)

お屠蘇、今年の年末は準備段階からブログ記事に載せようかしら。そしたら、ママさんも忘れずに薬局に走れますもんね。(笑)
私も忘れなければ…ですが~~!(爆)
ママさん、味醂、いつもこんな高級なの使ってらっしゃるんですか??
我が家はこれ、お屠蘇用に高級なの買ったんですよー。
[ 2009/01/10 18:01 ] [ 編集 ]
だいぶ出遅れた私ですけど、今年もよろしくね!

こちら広島は「くわい」だねぇ。うちでも植えてたよ。
そういえば、今年はなかったなぁ。。。
八つ頭って名前は知ってるけど正月に食べるとは知りませんでした。
我が家も重箱じゃなくて大皿盛り、でもって、御屠蘇もなしの手抜き正月。
我が家は昔っから父と母で作ってるので、
私もほとんど手伝ってないんだよね~。嫁にいってもお節は作れないかも(>_<)
重箱は、年明けの今が買い時だよ!
[ 2009/01/10 21:27 ] [ 編集 ]
本日、やっと日常に戻る事が出来ました。大変長いこと、ご無沙汰しておりましたが、今年も宜しくお願い致します。

うわ~、タイムリー!御屠蘇の話を、わたしゃついこの間、あんこさんから聞いたばかりだったのです。だから、ドイツでも『御屠蘇もどき』作れるんだそうで、あんこさんはあの町の新年会に持って行ったとかなんとか・・・
私も、御屠蘇ってただの日本酒だと思ってました。

八つ頭って、私も知りません。くわいは、我が母のお節に入ってます。こういったものって、地域差が大きいですものね。ちなみに、お雑煮もハム太さんと揉めませんでしたか?
[ 2009/01/12 23:37 ] [ 編集 ]
みなさんへ、

お雑煮や、正月用意でもめてはいませんよ♪

仲良く決めましたのであしからず。。。
[ 2009/01/13 12:13 ] [ 編集 ]
少しご無沙汰でした。
実家は八つ頭の方ですね。クワイは結婚してから知りました。
名古屋はクワイなの。市販のお節料理に入っていたけど、ふふふ~誰も食べないんだよ。
ちょっとエグ味があるからね。
数年前、実家で初めて作ったの。田んぼに凄い量を!だけど口に合わなかったのか、
その後作ってないみたい。(笑)
我が家のお屠蘇は、味醂にお屠蘇の素(プッ)を漬け込んで作るのだけど、あはは~
いつからか日本酒オンリーを飲む様になってしまいましたわ。(爆)
[ 2009/01/13 22:42 ] [ 編集 ]
◎acho☆さん◎

いえいえ、とんでもないです。のんびりなのはお互い様。。(笑)
こちらこそ今年もよろしくお願いいたしますー!

へぇー!acho☆ねーちゃんちも「くわい」派なんですね。やっぱり関西よりもこっちに「くわい」は浸透しているんだわ。
私もお節なんてお手伝いもソコソコって感じでしたけど、やってみれば意外とどうにかなるもんです(爆)
ましてやacho☆ねーちゃんなんて普段からお料理してらっしゃるんだから、なんも問題なしですよぉー。
いつでも嫁に行けますって!!(^v^)
重箱…結局買っていないけど、この買い時を逃して、また年末に大騒ぎするのかしら。(笑)
[ 2009/01/14 14:33 ] [ 編集 ]
◎ふろっしゅさん◎

おー、おきゃえりなさい♪日常へ!!(笑)
今年もハム太ともども宜しくお願いいたします~。

おお、ドイツでもお屠蘇の話題で持ちきり(?)でしたか!…べ、べつに覗き見なんてしてませんよぉー。監視カメラなんて、取り付けてきてないですったらぁ!(怪)
でもやっぱり「お屠蘇の素」が「ドイツの匂い」に似ている説は合っていたのですねー。
むふふふ♪

八つ頭って、北海道にもないらしいです。(母談)「くわい」よりも使用地域は狭いかもしれません…。なんか、ぐやじぃー!(泣)
お雑煮のお話!そうだ、それも書こうと思っているのに。。あれ、まぁ、もう15日??(汗)
[ 2009/01/14 14:40 ] [ 編集 ]
◎謎若1号◎

また会社で遊んでる…!!
お昼休みだからってぇ。

[ 2009/01/14 14:42 ] [ 編集 ]
◎アンさん◎

名古屋は「クワイ」なんですねー!
ママさんは八つ頭派ということで、なんとなく「八つ頭」と「クワイ」の境界線が見えてきた感じがしますぅ。
でも誰も食べない人気の無いクワイなら、やっぱり美味しい八つ頭にしたほうが良い気がしますー。(爆)
次の年末年始もまた香川で過ごすなら、母に八つ頭を送ってもらおうかと思います。
酒豪(笑)のアンかぁーちゃんは、お屠蘇よりもやっぱり日本酒ですね♪にひひ。
[ 2009/01/14 14:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。