FC2ブログ

Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

白たまごVS平飼いたまご

さて、卵を買ったところで終わっていた4種の卵のその後。
どうなったでしょうか~。 (→4種のたまご

以前にオリーブたまごを買った時には、卵かけごはんにしたかったのに
しそびれてしまい口惜しい思いをしたハム太だったので
今回は即たまごかけごはん?と思ったのだけど
やはりココはお菓子優先ということで(笑)
4種類のスポンジ生地を焼いてみることにしました。
たまご以外の材料は全て同じで、卵だけでどれだけ違うのか、の実験!

ちょうど小さいスポンジケーキ型が4つあったはず…と思ったけど
3個しかなくて(がくっ)
仕方がないので、2種類ずつにわけて対戦し、2回焼くことにしました。

ま、4種いっぺんにやったら、1番目のと4番目のと時間が開きすぎて
焼くころには1番目のは「あらら?」ってことになってるかもしれないし。
2種類ずつが丁度良いかもしれません。
…ということで、最初の対戦はタイトルにもありますが
白たまごVS平飼いたまご。
いちばん差のありそうな2種類の対戦です。

では、早速割って見ましょう~。

 白たまご 平飼いたまご 
 ↑白たまご                   ↑平飼い

なんだか光の角度のせいか、写真では白たまごのほうが黄味の色が濃く見えますね。
でも実際は、若干平飼いたまごのほうが濃いかな??っていう程度でした。
白たまごも新鮮な卵なので、卵白も盛り上がってブルルン!!としているし
割っただけでは、甲乙つけがたい感じでした。

では、次は泡立て器で混ぜ混ぜ~♪
とりあえず何も入れずにほぐすだけ。
やはり白たまごの卵白も新鮮なので、手に抵抗感があります。
もちろん平飼いたまごの方も!
卵黄の色は、卵黄が割れても、若干違うかな??という程度でした。
(私の目が悪いんかな??爆)

さて、次にお砂糖を入れ湯煎に掛けてシャカシャカ~っと
生地が白ぽくなって、もた~っとするまで泡立てます。
そこへふるった薄力粉と、最後にとかしバターを加え、ハイ、できあがり~。

これを白たまごと平飼いのと各々やって…
久しぶりに手動で泡立てたので、たとえ卵2個分とはいえ
連続2回は、うぐぐとくるものがありました(笑)

さて、おもしろいことに、割った時点ではそんなに差が無いかと思われた両者、
湯煎に掛けたあとから、ものすごい差がありましたよ~!
白たまごのほうは、さら~っとした生地になり
平飼いのほうは、もた~というか、混ぜてゴムべらで掬いあげると
ぷっつんぷっつん切れる感じがするんです!
とろろまでは行かないけど、ああいう粘り気がある感じ?
すっごーい。

 さら~ もったり
 ↑白たまご                    ↑平飼い

そして、ほら、色をご覧ください~!
すごい違いでしょ??

近づけてみると、もっとわかるかな?

           色の違い
               白たまご                平飼い
 
白たまごのほうが白っぽくて、平飼いたまごのほうがピンクぽい色になりました。
おもしろーい。

さて、これを焼き型に入れて(両者とも計量し、同じgだけ入れました)
オーブンへ!

           焼きまーす

ち~ん!
焼けました!!

           焼き上がり

焼き上がりはこんな感じ。
膨らみ加減は同じくらいですね??
あー、切るのが楽しみ♪
でも、アツアツでは切れませんので、冷まして置きまして
つづきの作業です。
ほら、だって卵4種類ですからね、あと2種類残ってます☆
う、う、腕がーーーーー(爆)


ということで、つづく。

[ 2014/07/23 16:38 ] Backstube/仕事場 | TB(-) | CM(2)

2014花火大会

とうとう、梅雨明けちゃいましたね~。
今年の梅雨は例年に増して降水量の少なかった高松。
一体この夏の水不足は大丈夫なんでしょうか??(恐)
なにはともあれ、暑中お見舞い申し上げます。

==============

さて、20日の日曜日の夜は家族で浴衣を着て花火大会へ出かけて来ました♪
毎年行っている引田という町の花火大会です。(→2012花火大会 )
去年も行ってたはずなんですが?記事にしてなかったみたいです。
おサボりですみません~。

芽キャベツの浴衣、 サイズアップ! 颯爽と歩きすぎ?
去年までのが「明らかにつんつるてんになったー!」と東京の母・葉牡丹に報告したら
またいつものお友達からお古を頂いてきてくれました。にゃは。
前回は白地に紫陽花柄でしたが、今回は水色地に紫陽花。
ちょっと何かこぼしたくらいでは目立たない??色にほっとしました(笑)

まだ、こんな↑明るいうちに家を出ましたが(それでも7時くらいだった??)
引田に到着すると、もう薄暗いくらいでした。
花火は20時から21時という予定なので、まだまだ時間あるねーと思っていたのですが
車から歩いて会場に向かう途中で寄った観光地の一角で、花火が始まってしまいました。

 花火 そこでも綺麗に、しかもベンチに座ってゆったりと見れるので

美味しい和三盆かき氷を頂きながら見ていたのですけど
やっぱりココまで来たからには、もっと近くで見ようじゃないか~ということになり
打ち上げ会場近くまで移動することにしました。

すると、やっぱりそちらは夜店なども出ているし、すごい人!
芽キャベツも頑張って自分で歩いてたけど、大人の波に飲まれそうで
(しかも夜店ばっかり見てるから!!)
ずっと呼びかけながら歩かにゃならん状態で(手はつないで手もすぐ離れちゃう~!)
結局ハム太の肩の上に乗ってもらいました。
あー、よかった。

良かったけど、さっきまでハム太が持っていた荷物が私に回って来て
おーもーたーいーーーー!!
んもうっ。

とうことで、とっとと定位置決めて座りましょ~っと
持ってきた携帯椅子に芽キャベツ座らせ、
レジャーシートは忘れたから大人はしゃがんで、花火見物です。

今度は目の前が打ち上げ場なので、すごい音と迫力!
芽キャベツずっと「うーるーさぁーいぃー」と叫んでいましたよ。
せっかく来たのにぃ~!

   きれ~い♪      打ち上げ場から

ここで、20分くらいは見れたでしょうか?
すぐにクライマックスのシメの花火が始まりましたが
やっぱり、何度見ても、この最後の花火が一番好きだなぁ~♪
あぁ、本当にキレイ!

        シメの花火
 
また来年も見に行けますように♪



[ 2014/07/22 08:37 ] ちょっとおでかけ | TB(-) | CM(4)

4種のたまご

今度引っ越す町へ行くときに、何度か通った事のある道に
「さくらたまご」と大きく書かれたお店があって
ずっと気になっていました。

そして先日ハム太と2人で通りかかったときに、
よーし、思い切って寄ってみよう!と直売所に寄らせて頂きました。

外には「さくらたまご」の自販機もあるのですが
直売所の中に入ると、他にも色々な卵が置いてありました。
よく見てみたら、あら?
見たことあるたまご!
以前にご紹介した「オリーブたまご」が売っているじゃありませんか。
やはりお話を伺ってみると、あの時買わせて頂いてたお店でした。
へ~!

そんなこんなで、色々売られていた中から4種類の卵をいただいて
食べ比べをしてみよう~!ということになり、
こちらの4種類をいただきてきました。

          4種のたまご

左上の丸いカップに入っているのが平飼いの卵。
その下の6個入りのがオリーブたまごで
その右のが殻の色が桜色のさくらたまご。
一番上の白いのは、言ってみれば普通のたまごですが(爆)
こちらでは、獲れた日に選別して、翌日に店頭に並ぶので
スーパーなどで売っているのより新鮮な卵なんだそうで
やはりそう聞くと試してみたくなりますよね~♪
(直売所の真横に養鶏場があります)

さてさて、帰ったら早速たまごかけごはんかい??

…っと長くなりそうなので、この辺で。
続きはまた後日です。


[ 2014/07/21 09:08 ] Backstube/仕事場 | TB(-) | CM(4)

オーブン試し焼き(続)

オーブン屋さんでの試し焼きが終わり、(→オーブン試し焼き
翌週でしたか、家でもまたシュト-レンを焼きました。
生イーストが余っていたっていう理由と
他のレシピでも焼いてみたい!と思ったからです。

それにしても家で1人で作業するってのは、なんて気楽なんでしょうかねぇ~♪
まず「アレが無い、コレが無い!」とオタオタすることが無いですしね。
もー、ホント、どっか出張で作業するっての、
必ず何か忘れ物してオタオタするんですよ。
念には念を入れて、かなり確認しているのにも関わらず!です。

まー、そんなこんなで、家で焼いた分と
オーブン屋さんで焼いた分と、
薄くスライスして、食べ比べなどもしていましたよ。

        お試し1

        お試し2

上の写真がオーブン屋さんで焼いた分。
下の写真が家で焼いた分です。

まー、パッと見、違いがわかりませんよねぇ~?
私もこの写真じゃ、よくわかりません(キッパリ。)

でもやっぱり、オーブン屋さんで焼いた方は、ところどころ苦くて(焦げたから)
中はしっとり?って感じでした。
家で焼いた方は、いつもと違うレシピで焼いたのですが
なんか妙にフカフカする感じで、パンに近い??と思いました。
具の量が少し少なかったからでしょうか。

あとは、入れるナッツをくるみとアーモンドで試してみましたが
焼いてから2日くらいはくるみでも良かったけど
日が経つにつれ、中の水分を吸ってしまって、カリっとした食感がなくなり
アーモンドのほうが比較的食感が長く保たれるなーと思いました。
これも好き好きですし、シュト-レンは薄くスライスして長期間頂くお菓子で
最初の1切れから最後の1切れまで、だんだん味や食感が変わっていくのも
楽しみの一つなので、くるみでも良いのだけど~~~
やっぱりアーモンドかな??
ほとんどのドイツのレシピでもアーモンド採用されていますし
食べ比べてみると納得です。

そうそう、オーブン屋さんで焼いた分のシュト-レンも
焼き上げ直後は半生ぽい気がしてならなかったのですが
完全に冷めてから切ってみたら、ちゃんと焼けていたし
日が経つにつれ、ドライフルーツやラム酒の味も落ち着いてきて
心配したほどではありませんでした。
(焦げた部分は気になったけどねー!)

あー、でも、あのオーブンに慣れるまでには
また何度か試作しないと~ですね。
早くおうちができて、お菓子の作業も始めたいものです。

それから、パッケージのイメージもいくつか試してみました。
と言っても、シールとかまだ無いので、家にあった代わりのもの貼っつけただけですが。
なんとなーくのイメージです。

どシンプル。 シンプルバージョン これにお店のロゴシールなんか貼ったらどうかな?
         かなりエコなイメージですね。

ドイツ感!  どっぷりドイツバージョン ドイツカラ―のリボン+金のシールで高級感も。

かわいい系?カワイイバージョン 毎年作ってた時もこんな感じのラッピングでした。
         赤い糸がかわいい感じで、やっぱり赤やオレンジがあると美味しそうに見えます。

こんな感じで、楽しみながら色々試行錯誤(とまでいかないけど??)してまーす♪



[ 2014/07/20 07:08 ] Backstube/仕事場 | TB(-) | CM(0)

オーブン試し焼き

我が家に小さいながらもお菓子の工房を作ることになり、
機材を色々決めなくてはならなくなったのですが…
いやー、これが大変でした。
だって沢山ありすぎてわかんないんだもん!!
しかも予算や大きさや電力消費量などなど、制約もあるし!
もー大変すぎて…

  「もうやめたい!」

と思ったことも何度もありましたが、なんとか最近メドがついてきました。

6月の終わりには、「これにしようか」と思うオーブンも決まり、
幸運にも、そのオーブンでメーカーさんで試し焼きをさせて頂けることになりました。
「うちのテストキッチンで~~~」と仰られてたので
どっか別に大きなキッチン設備の整った部屋があるのかと思ったけど
(いつも古ーい応接セットのある事務所しか行ったことなかったので)
行ってみたら、その事務所にオーブン置いてくれてるだけでした(笑)

まー、でも買う前に試させて頂けるなんて、あんまり無い事ですので~
ありがたや、ありがたや~です。

んで、オーブンとホイロ(パンを発酵させる機械)以外は何もないと言われてたので
自宅で生地を仕込んでから、それを持参で行くということで(汗)
色々時間とか考えて大変でした。
(暑いので生地がダレたり、発酵が進んでしまうのでー)

ということで、そんなに長々と作業もできなさそうだし(冷蔵庫も無い)
どうせ14時には芽キャベツもお迎え行かなきゃならないし
あ~~~バタバタ、バタバタ!
…ということで、ハム太の休日の水曜日にしてもらって
運転手兼荷物運び兼助手として働いてもらうことにしました。にゃはは。

んで、水曜日なので当然芽キャベツは幼稚園がありますから、
ハム太に幼稚園まで送ってもらい、その間に生地を仕込みはじめました。

そうそう、何を焼くかって?

結婚して以来、クリスマスには毎年焼いてた(試作を重ねていた??)
ドイツの発酵菓子・シュト-レンと
オーブンの焼きムラを調べるために、クッキーを沢山!と決めました。

クッキーは生地を前日に仕込んで、もう型抜きまでしてタッパーに詰め、
保冷剤と保冷袋で冷やして持って行き、あとは現地で並べて焼くだけ~♪
なので、良かったのですが、問題はシュト-レン。

こちらは、普通のパンほどまで発酵に気を使うものでないのですが
でもやっぱりイーストが入っている発酵生地ですから
生地を置きすぎるのは嫌なので、時間を計算すると
到着してすぐに作業して焼かないと~!!って感じでした。

我が家からオーブン屋さんまでが車で20~30分。
その間が、ちょうど生地の発酵時間にピッタリだったので
そういう時間配分で行き、着いたらすぐラム酒に漬け込んだフルーツを
やさしく混ぜて、分割、丸めて、成形、そしてオーブンへ~!
…という流れだったのですが。

到着すると、まず荷物を運び入れ(ハム太が)
とりあえずオーブンを見せてもらって(ほー、これが♥と、なり)
じゃ…そろそろ温度設定して、ぼちぼち焼くぅ?
なんて思ってたのに

ずーーーっとずーーーっと説明してくれてて(涙)
長いのなんのって(爆)
いや、ありがたいんですけどね、ほんとに。
でもね、でもね、もう生地がさっ…(汗、汗)っとウロウロする私。
いちおうエプロンとか付け始め、作業したいアピールするも
止まらない話。
ひ~ん!

しかも、そこ事務所なもんで、応接セットが置いてあり、
「あ、じゃ、どうぞ」って、ウッカリ座らされそうになってしまい…
実際、一瞬座ったんだけど
「いや、あの、あっちがー…」とゴニョゴニョ言って
話のお相手はハム太に任せて、私は作業に取り掛かることができました。
ふぅ~。
ほんと、ハム太に付いてきてもらってて良かったーーーーー!!

ということで、着いたら即シュト-レンの作業開始予定だったんだけど
冷蔵庫も冷房も無い中でのオーブンがんがんで(暑)
とてもじゃないけど型抜きしたクッキー生地がもたなさそうだったので
そっちを先に焼くことにしました。
天板にずらーーーっと並べて、一気に焼けば、
色付きの仕方によって、焼きムラがわかるのです。
オーブンは3段なので、真ん中の段の奥が火の通りが遅いとか
手前側が早く色づけば、そこは火の通りが早いんだなーとか。

ということで、いつもの設定温度180度にしてもらい
早速オーブンへ!!

え~~~~~~~~!?

とっととオーブンへ放り込み、今度はシュト-レンのほうに取り掛かってたんですが
ぱっと顔を上げると、クッキーがものの数分で色付いてるじゃありませんか!
なんでぇ~~~??

慌ててオーブン開けて、でも色は付いてるけどまだ焼けてない状態で
とりあえず焼きムラがあったので
天板の手前と奥を回転して入れ直し、また焼き続け…

(あ、やっと写真!)
いつもよりだいぶ早くに んー。焼き色まちまち~!
オーブンから出すことになりました。
これ以上焼いてたら焦げちゃうし~。
見てみると、まぁ焼けてる(火は通ってる)状態だったので、とりあえず。

しっかし、がびぃ~ん!
色黒さんが沢山できてしまいました。(凹)

でもいいです、いいんです。
こういうのを調べるための試し焼きなんですから。
(なのでクッキーもものすごくシンプルなクッキーです)
だけど、天板2枚に分けて並べてたクッキーなのに、
肝心なその全体図を、各天板ごとに写真撮るの忘れちゃって。
↑のは、もう全部を混ぜ混ぜしてしまった後の写真。
これじゃあ、なんのためにクッキー焼いたんだかっ。
自分で自分にガックリです。

しかしねぇ、この時は本当にバタバタで。
とにかくシュト-レンを早くオーブンに入れたい一心でしたから
焼きあがったクッキーのことなんて二の次になってしまってたんです。
それに助手に連れてきたはずのハム太は
ずーーーーっと応接セットに座ったまま動いてくれんしさっ。
てんやわんや~!!だったです。

んで、天板も3枚しか用意がなかったので、
焼けたクッキーをどっかにどけて、そこへシュト-レンを載せないとダメで
なのに、焼けたものを冷ます網も無かったので
焼けたクッキーは1枚の天板にぜ~~~んぶ載せて(↑の写真)押し込み
なんとか2枚の天板に、シュト-レンを分けて並べました。
よしっ、ではオーブンへ投入だぁ~!!

ふぅ~。

あー、やっと一息。
結局、私の作業中、オーブン屋さんとハム太はず~っと話していて
(機械について色々聞いていた)
私は右耳から左耳へって感じで聴こえてるけど聞いてない状態でしたが
なんとなく話を合わせて(笑)
私も話に参加していたのですが…

およよ~~~??

なんか焦げくさいっ。
慌ててオーブンへ向かうと、ありゃっ焦げてる!!

たった数分で、もうこの焦げ??
いやー、すごい威力のオーブン!
…な~んて感心してる場合じゃなくって。
ど、ど、どうするー??

とりあえず温度を下げねばならないってことで、
一度シュト-レンをオーブンから出すことに。
えー!焼き始めて数分で出すなんて~!大丈夫かしら。
パンや膨らむ系のお菓子では有り得ないことですが
(膨らみ初めでオーブンを開けると、しぼんでしまい戻らない)
んー、でも仕方ない。
真っ黒焦げになるよりは良いか???と、取り出すことに。

んで、その後、温度を下げてもらって、最投入。
なんだかんだで、この時に聞いたと思うんだけど
「このオーブン、設定した温度より30度高く予熱してくれて
 そこからのスタートになるんです」って…

そんなの早く言って栗~!!

だからクッキーも焼けるの早かったし、
そういや部屋も暑すぎると思ったのよね~~~。

で、結局…     こ、焦げたっ!(涙)
かなり焦げて、かなり焼時間短い仕上がりになっちゃって。
ホントに中まで焼けてるの??
大丈夫?大丈夫???
…と、心底心配なシュト-レンが焼きあがりました(凹)

でも、いいんです、いいんです~!
こういうの知るための試し焼きなんですからぁ~(涙)ひーん。

…ということで、やっとオーブンの温度も下がり
やっぱこれくらいの暑さ(部屋の)よね、っとなった頃
まだ少しクッキー生地が残ってたので(天板2枚分しか焼かなかったので)
最後にちゃんとした温度で焼かせて頂きました。

あー、よかった♪ 美味しそうに焼けた♪

これよ、これこれ~♪

やっと美味しそうな色に焼けました。
焼きムラもほとんどないし、わぁ~良かった♪♪♪

と、いうことで、温度に関しては色々と試行錯誤が必要そうですが
このオーブンを購入することに決めましたよ~。
機材関係の中では、一番のメインとなるオーブン決め。
ドキドキでしたが、これが決まった事により
あとの機材(冷蔵庫やシンクなど)も全部こちらでお世話になることに決めて
あー、やっとこれでお菓子工房も一歩どころか、かなりの前進♪
マイホーム計画のほうもなんとか進みそうです。



[ 2014/07/19 07:56 ] Backstube/仕事場 | TB(-) | CM(2)