Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

伊吹島(3)

さて、シャボン玉につられて例の急坂を1人で登ってくれた芽キャベツ。
しかし、急坂のあとにもなだらかな坂道が続き、
シャボン玉への新鮮な気持ちも薄れ掛け…
また不穏な空気が漂ってきました。

そうしたら無料休憩所とかかれた、公民館のような建物があらわれ
「クーラーついてます」との張り紙に誘われ
少し休憩することにしました。
10分くらいでしょうか、お茶を飲んだりトイレに行ったり。
靴を脱いで寛ぐだけでも、相当癒されました♪
本当、ありがたいですね。

しかし先には何があるかわからないってのに
まだ作品は1つしか見ていない現状。
さっさと行かねば!という気持ちがあったので、
ハム太がトイレに行っている隙に、水筒をリュックに片付けて待っていました。
ハム太が帰って来て、さ、行こうか~!と立ったら…

「うぎゃ!冷たっ!!」と叫ぶハム太。

なんとまぁ、水筒の蓋が閉まっていなかったらしく、ドボドボこぼれていました。
なんてこったー!

ハム太がお膳の上に置いていった水筒、すでに蓋が被せてあったので
てっきり中栓が閉まっていると思ったんです。
だって普通、お茶を注ぎ終わったら中栓いちいち閉めますよねぇ?
しかも自分が席を立つならなおさらだし、
隣には、いつ手を振りまわして水筒倒すかもしれない3歳児までいるというのに!
でもハム太の言い分は「普通確かめるやろ~!」って。
そーですかねぇ???
そこの奥さん!さて、どっちが正しいでしょうかね!?

とにかく片づけて、無料休憩所を出ましたよ。
少しばかりプンスカしながら~!(爆)

さ、次の作品、次の作品!
無料休憩所から、また更に坂を登ったり角を曲がったり。
迷路のような島の道を「こっち?」「あっち??」と言いながら
探検気分で進むのは楽しい物でした。

やっと着いた2つ目の作品。 作品入り口
入り口は「中はなんだろ~」とわくわくするような作りになっていました。

      きらきら~虹が見えます

中は↑こんな感じで
地面に大小さまざまな浅い穴が掘られていて、
その中に少しだけ水が溜っています。
そして小さな鏡が置いてあったり、太陽の方角によって
水に反射したキラキラや、鏡に反射したキラキラ、
そして虹のように見えるキラキラまであって、とっても綺麗でした。

こういう作品だと3歳児芽キャベツでも「きれいね~」とか
「にじみたいね!!」とか言って楽しめていました。

でも作品は作品。
この大きな水たまりに入ってパシャパシャし始めてしまったら大変ですからね~。
「さ、次行こう!」と出発しました。

ずっと坂を登ってきたので、帰りはしばらく下りが続きました。
そして、とある角の家が改装されていて
また次の作品が現れました。

   段ボールのカメさん

これ、段ボールでできたカメさんです。
箱はイリコ関係で使われている箱かな?と想像しました。
(最初の”島つくりラボ”でも、
 台風で浸水し使えなくなってしまった箱が積まれていました)

しかし、こちらの作品、窓越しに見る作品だったので
芽キャベツはもっと近くで見たい~と、カギをガチャガチャ!!
ひゃ~壊れるぅ~と冷や汗タラタラでしたよ。

次に着いたのは、島の小学校でした。
入り口には、写真撮影にもってこいの顔出しパネルが3種類も♥

   うららのいりこは日本一じゃけん!

もちろん、家族で順番に全部で撮影しました(笑)

中へ入ると、校庭には体験型の作品が置いてあり、
これには芽キャベツ大喜び!

   体験型~!

階段を登って、芽キャベツと私が遊具に乗り込み、
「はい、おとうさん頑張ってくださ~い!」と言われたハム太は
奥に見える、小さな屋根の下へ誘導されました。
そして、担当の若いお兄さん2人とエンヤコラ~と回りながら押して
(昔の水牛の様に!)
それを原動力に、私たちが乗っている車が動く、という仕組み。

回している方がノロいので(爆)車も猛スピードで動くなんてことはなく
歩いた方が早いんじゃ…!?というスピードですが(爆)
芽キャベツは楽しんだようでした。

他にも漁で使われていた網をトンネルにして鈴を沢山つけて
人がトンネルを通ると鈴がシャンシャン鳴るようになっていたり、
網の上に人が乗っていると、端っこを係りの人が引っ張ってくれると
乗っている人が微妙にぴょん!と跳ねる…的なものなど
校庭にはそんなアートが置いてあり、
校舎の中へ入ると、昔の民家や漁の小道具が並んでいたり
小学校の生徒の作品が置いてあったりしました。

さぁ、そろそろ沢山歩いておなかも空いてきたし
芽キャベツの電池切れも間近そうな雰囲気です(怖)。
さて、ランチタイムにしましょうか~。



(つづく)
スポンサーサイト
[ 2013/09/30 10:50 ] ちょっとおでかけ | TB(-) | CM(2)

伊吹島(2)

さて、伊吹島の続きです。
伊吹島は小さい島なので、徒歩で観光可能ですが
本当に坂が多いと聞いていたので、完全装備で出かけましたよ。

芽キャベツも山ガール風。 さあ!しゅっぱ~つ!
(海だけどね!)

しょっぱなから坂道だったので、芽キャベツはぶーぶー!
「こんなん、きいてないけど~」ってな感じで
ずっとトボトボ。
全然進まない!!
けど、急かすと「じゃあ、だっこ♥」となるので難しいところ。

 ずーーーーーっと坂! ずっと坂道。

行けども行けども坂道なので
「まぁ~ってぇぇぇぇ~!!!(涙)」となり、
ついに奥の手が登場。

まだ着いたばっかりで1番目の坂道なのに~!もう休憩!?
すでに奥の手使っちゃって、大丈夫かしら!?
でも先に進むには、この手しか思い浮かばず…
仕方なく芽キャベツのリュックからオヤツを取り出して
食べながら進んだのでした。

そんなこんなで坂道の頂上に着き、
それから細い道を行って、また曲がり、更にすごい坂道へ突入。

 急坂注意 こんな看板まで付いてるし~!

悠長にお菓子なんて食べながら歩ける角度の坂道ではなかったので
芽キャベツも生唾ゴクリする感じの決意で、この島いちばんの坂道を下りましたよ。

すごい坂でしょ~!? ひぃ~!

芽キャベツはハム太に任せて、私は一足先に下りていたのですが
途中から瀬戸内海が見えてきて、本当に気持ちが良かった!
でも少々どんより気味だったのが残念でした。

      瀬戸内海~

あらっ!?
海に気を取られていたけど、↑の写真、手前に…!!

なんと~!

でかっ!! でかっ!!

大きな大きな木の椅子が置いてありました。
単品で撮ったら大きさが余計わかりませんが、手前のカヌーと比べてみてください~。
すっごい大きいでしょ!?

そして、この海岸をちょっと行くと倉庫のような建物があり、
そこに1つ目の作品ブースがありました。

    1つ目の作品、入り口

”伊吹しまつくりラボ” 伊吹しまつくりラボ
あとでわかりましたが、この↑看板、島の小学校の子どもたちが作った作品だそうです。
島に流れ着いてきた小さな流木など利用して作ったみたいです。
色々な人の顔になっているのですが、一人だけ天狗みたいに長い鼻をしてたりして
おもしろかったです。

この建物は、昔イリコの加工場だったところだそうで
でもいつぞやの台風で浸水し、使われなくなってそのまま置いてあったものでした。
今回の芸術祭では、
当時の台風のすさまじさや、島の歴史などを真面目に展示してあったり
イリコ量で使われた古い道具などをアートにして置いてあったり
島の細かい模型(ジオラマ?)が置いてあって、子どもたちの字で
今回の芸術祭参加作品の場所や、島の目印などを旗に書いて差してあったり
そんなブースになっていました。

大人はフムフムと見る感じがありましたが、3歳児芽キャベツには
惹かれるものは無かったようで~(爆)
2階もあったのですが、1つ1つじっくり見ることは不可能で
くる~っと1周して下に下り、また先へ進むことにしました。

さぁ、次の作品を見に行きましょ!!
と、心新たに出発したのですが…

さっきの坂!!
あれ、下ったってことは登らなきゃいけないんですよねーーーーー(凹)

やだ、どっちが芽キャベツ抱っこすんの!?
なんてハム太と無言のアイコンタクト。
むむむむ!!
もうお菓子で誤魔化すのなんてイヤだしなぁ~…
と思ってたら、思い出しましたよ!!
本当に奥の手を持ってきていたことを~!

芽キャベツのリュックに、シャボン玉を入れていたのでした。
早速とりだして、ふぅ~っとしてみたら~
あーら不思議。
子供っちゅーのは、どんなに疲れていてもシャボン玉を見たら
ついつい追いかけてしまうもんなんですよね~♪
この手で、あの急な坂も、ノンストップで登ることができましたよ。
やったー!
これにはハム太も拍手喝采。
「おかあさん、さっすが~!いいもん持ってきたなぁ~!」と
久しぶりに沢山褒められましたよ。えへへ。



(つづく)
[ 2013/09/28 15:51 ] ちょっとおでかけ | TB(-) | CM(0)

伊吹島(1)

今日は芽キャベツの運動会予行練習でした。
そのまま子供たちは2時まで保育してもらい、ママたちはランチ会へ。
初めてのクラス総出(クラス14人中13人出席)のランチ会。
ちょっと緊張しましたが、みんな良い人ばっかりで
すぐに和気あいあいとなりました。
あー、楽しかった♪

しかし、この1週間、芽キャベツが鼻水と咳を出していて
毎日「今日は熱が出るかも!?」とヒヤヒヤでしたので
ランチ中も先生に呼び戻されるんではないかと、ドキドキでした。
みなさんは体調崩されてませんでしょうか。
季節の変わり目、どうかご留意くださいませ。

さて、そんなこんなで芽キャベツに振り回された1週間。
またブログを放置してしまいました。すみません~。
夏休み中のお話も、終わっていなかったのですが
ざざ~っと飛ばして、夏休み最後のハム太のお休みの日の話。
(飛ばしすぎ!?)
夏休み中、東京から母・葉牡丹が来たり、色々しましたが~
全部すっとばしま~す。

=======

8月28日水曜日。
ちょっと早起きして、車で香川県観音寺市へ向かいました。
高速で降りたところは三豊市だった様で
今や、全国的に有名になられた、うどん県副知事の看板がデカデカと!

      うどん県副知事

へ~、三豊市出身だったんだ~と
この時初めて知ったのでした。てへへ。

それから無料駐車場に車を停めて、無料シャトルバスに乗って観音寺港へ。
そこからフェリーに乗って、やっと伊吹島に到着です。

夏休み終了間際ということもあり かまぼこ屋さんのウチワ
結構たくさん人出があってびっくり。
早めの時間のフェリー目指して行って正解でしたね♪

そして、朝早い便というのもあって、島民の方も乗られていて
島の歩き方アドバイスや、色々な由来など面白いお話を聞かせてくれました。
芽キャベツが持っている地元の蒲鉾屋さんのウチワも
「おじょうちゃん、あげるわー」と言って、下さいました。
暑かったのにウチワ持って行くの忘れてたので、本当に助かりました。

そうこうするうちに(20分くらいだったかな?)島が見えてきて
岸に近づけば近づくほど、お魚の出汁の香りがします。
生臭い魚のニオイではなくて、香ばしい様な出汁の香りです。

くんくんくん。
あー、いいにおい。

一体、なんの香りかって!?

えへへ、伊吹島って、瀬戸内海に浮かぶ島のひとつですが
イリコで有名な島なんですよ~!
高松で買えるイリコも、ほとんどが伊吹島のものですが
とにかく大きくて良質の物が多いんです。
我が家もすっかり伊吹島イリコファン。

そんなこともあって島まで買い付けに…

ではなくて!!
3年に1回催されている「瀬戸内国際芸術祭」の2013年度夏会期、
伊吹島会場に訪れたわけなのです~。
今年は春・夏・秋と会期を区切っての開催で、
伊吹島だけは夏期しか開催しないので、残りわずかの期間しかなく
夏休みも残りわずかということで、平日にも関わらず結構な人出でした。

さあ、とにもかくにも、島に到着しましたよ。

フェリーから島に降り立つと、目に飛び込んできたのは大漁旗。
いや~、漁師の町って感じですな!

   大漁旗がお出迎え♪

さっ、気合入れて、レッツ・ゴー!!
…と、その前に、まだ朝ごはん食べていなかったので(8時半くらい)
港の待合場で、持参したおにぎりを齧らせていただき、
トイレも済ませての出発となりました。

ではでは、長くなりそうなので
次回に(つづく)


[ 2013/09/27 17:18 ] ちょっとおでかけ | TB(-) | CM(2)

2013お月見

昨日はお月見でしたね♪
お天気も良く、すごく綺麗な真ん丸お月様が見れました♥
…といって、月の写真が無いんですけど~。
てへへ。

やはり食い意地が張っているんでしょうかね~。

まずは芽キャベツが幼稚園から帰って来てから
一緒にお団子コネコネしましたよ。

私が全部ちぎってから こねこね~
それを真ん丸にしてね~とバトンタッチしたのですが…

あ、そういやエプロンするの忘れたね!と言ったら
「エプロン、するー!」と台を降り、エプロン掛けて~
さっ、続きを…と思ったら!!
そのままクルクル回って、どこかへ消えてしまいました。
がっくり。

結局9個しか丸めてくれなくて、
その後いくら誘っても戻ってくれず、の頃は全部私が丸めましたとさ。

   こんだけー


そんな苦境?にもめげず 出来ました♪
真ん丸のお団子が、ちゃんと完成しましたよ~。

ススキと萩も買ってきて、お月見ムードは完璧!
  
 トトロとお月見 トトロもにんまり♥

そして夕ご飯は…
お月見の月に見立てた栗入りの、鶏肉の煮物。
スーパーでもらったレシピでの初挑戦メニューでしたが
和食なのにニンニクが入ってたりして、美味しかったです。

ちょうどハム太が帰宅した際、 栗と鶏肉の煮物
芽キャベツご機嫌ナナメで、抱っこでぎゃーぎゃーだったので
ハム太がお鍋から器に移してくれました。
”盛り付け”なんて無くて、ただ”移した”ってだけなので、こんな。
ひどぉーい!

けど、その後、ゴキゲンも復活した芽キャベツも
パクパク食べてくれたので良かったです♪

一応、レシピを↓に入れておきますね。
栗ごはんの時に、少し綺麗な栗をこのメニュー用に取り分けておけば
すぐに出来ると思います。



 

Read More

[ 2013/09/20 13:07 ] 季節の行事 | TB(-) | CM(4)

金魚とカレー

芽キャベツ夏休みが始まったある日。
ハム太も会社がお休みで、突然コンタクトを作りたいと言い出しました。
ハム太、三十路半ばにして、とうとう色気づいたか!?
それともオヤジ化に歯止めをかけるための、イメチェンか!?

いえいえ違います(キッパリ)。

ただ単に、芽キャベツ連れて海やら川やらプールやら行くときに
メガネじゃなくてコンタクトが良いんだけど
去年使い切ってしまったから、新しく買いたいんだと。
ただそれだけの理由でした。チャン♪

そんなこんなで、香川に来てから初めてコンタクト作るもんですから
コンタクト屋さんを検索したりなんだりしてから
やっと街なかに出ましたよ。

ハム太曰く、そこの店は在庫があるから、度数言えばすぐ買える、とのこと。
わたしゃ、視力だけは良いのでメガネとかコンタクトの類の話には疎くって
どうやって買うとか、そんなこと全く知らないので
「ふーん」と言って出かけたのでした。

そしたらさーーーーーーー

「では、受付だけ済ませて、隣の眼科で処方してもらってください。」
って言われちゃって。

え~~~、コンタクトって「それ下さい」「はい、どうぞ」って買えないの!?
と、びっくり!
つーか、ハム太…度数あれば買えるって言ってなかった!?
しかもハム太の目は視力も相当悪い上に乱視も混ざってるから、珍しいタイプで
そんな在庫があるかどうか怪しいとかって、店に着いてから言い出す始末。

もう憤慨っ!

でも、まぁ特に用事があるわけでもなし、
ただただ芽キャベツがご機嫌で待っていられるかって話なだけですから。
(それが大変なんだけどっ!!)
ちょっとクールダウンして、街ブラを楽しみましたよ。
(隣の眼科が開く時間まで小一時間あったので、時間つぶしてた)

そんなときに、商店街の呉服店の店先で出会ったのが金魚ちゃん。

   20130826 176-2

なんとも涼しげ~。
もう7月の終わりでしたから、夏まっさかり。
この金魚ちゃんには相当癒されました♪

芽キャベツも、こんなに沢山の金魚を見たのは初めてだったので
「わーーー♪」と大興奮!

眼科が開く時間になって、ハム太だけ眼科に行き、
私たちだけ、ブラブラ歩いていたので、時間はたっぷりあるし
芽キャベツは好きなだけ金魚ちゃん眺めていましたよ。

で、結構、水槽?が大きいので、あっちへ行ったりこっちへ行ったりしてたら
不思議と金魚も芽キャベツが移動したほうに移動して行って…

 またきたー!  20130826 179-2

最初は嬉しそうに「ついてくるね♥」とか「また、きたよ♪」とか
言っていたのですが、もうホントにずっと付いてくるので
怖くなっちゃったみたいで、最後は半べそでした(笑)
んじゃ、行こうか~と、ハム太がいるはずのコンタクトショップに行ったけど
店内もぬけの殻だし、お隣の眼科も入ってみたけど待合にはおらず。
一体どこ行ったんだ!?
仕方がないので、コンタクトショップのお向かいの広場にある椅子に座ってたけど
芽キャベツはお腹が空いたとお煎餅バリバリ食べ始めるし
もぉーーーーー
と思っていたら、ようやくハム太、コンタクト装着して現れました。

ぷぷっ。
やっぱりコンタクトしてると変だわ。
なんつーか、すごいコワモテになります。

芽キャベツにも「へ~ん!」と言われて(大笑)
ちょっと肩を落としたハム太ですが
とりあえず、もう昼だし、ゴハン食べよう~♪と
近くのインドカレー屋さんに入りました。

 わーい♥ 20130826 181

久しぶりの外食で、しかもランチなのにうどんじゃないって♪
本当、滅多にない事なので、かなりテンションあがりましたねー。
芽キャベツはお煎餅バリバリしちゃった直後だったので
あんまり食べられ無さそうだと判断、大人二人だけランチセットメニューにしました。

しかし、久しぶりに食べたナンはすっごく美味しかったです。
あのフワフワもちもち、溜りませんね。
芽キャベツにも少しわけてあげたら、もっともっとって結構食べられちゃって
無料でナンおかわりできるので、ハム太も私もおかわりました。
あー、またナン食べたい~!!

え?カレーですか?うーん、カレーは今度行くなら違う味にしようかな(爆)
私はバターチキン、ハム太は「本日のカレー」の茄子とジャガイモのカレーにしたけど
ベースの味が全く一緒でした(涙)
まー、ランチだからかな!?
辛くなさそうな2種を選んだから、たまたま一緒だったのかもしれないしね!(前向き)


[ 2013/09/18 15:52 ] 外食 | TB(-) | CM(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。