FC2ブログ

Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。
月別アーカイブ  [ 2013年07月 ] 

◎第24番◎ 最御崎寺

芽キャベツ夏休み中につき、とぎれとぎれのブログUP中です。
しかも!!
「久しぶりに88か所巡りしたの?」と思われた、そこの皆さん。
ブッブー!です。

去年の8月、家族で高知旅行へ行った際に訪れていた88か所寺の記事を
「後で書く」と言って、書いていなかったのを思い出したのです~!
「もう、そんなん、どーでもいいわ~」と思わず…
3か所だけですので、どうかお付き合いくださいませ♥

=======

”忘れ去られていたシリーズ・第2弾”2012年8月7日
まずは◎第24番◎最御崎寺(ほつみさきじ)からです。

車でエッライ坂道を登り ←あっち
(この時点でハム太は「ぶ~ぶ~」でした!)
やっと車を停めて、まずは有名だと言う灯台へ行きました。

こんな路で涼しげ? 涼しげ~
いえいえ、とんでもない暑さでしたよ~!
しかも徒歩道もアップダウンのある山道的な道で
まだ2歳児だった芽キャベツ、すぐに「だっこ~」の連続でした。

やっとのことで灯台に着いたものの
「えっ、コレだけデスカ!?」という雰囲気は否めず…どよ~ん。。
まぁ、まぁ、帰りがけに88ケ寺寄らせていただきましょ~と元気を奮い立たせ、
えっちらおっちら道を戻りました。

 弘法大師像 門の前には弘法大師像が。

とっても古そうな門。 最御崎寺
あまり人気(ひとけ)も無くて、し~んとした雰囲気が緊張感がありました。

ガイドブックによると、第26番金剛頂寺の西寺に対して”東寺”と呼ばれるのだそう。
そして、この寺がある室戸岬の洞窟・御厨人窟(みくろどくつ)は、
弘法大師が19歳の時に、求聞持法を成就し、教海から空海へ改名した場所だと
言われているんですって。

さて、中へ入ってみましょう。


     ひろ~い

広いですね~!
4万9845㎡もあるんですって。

なんだか迫力がありますね? 塔

唐から帰った弘法大師は、再びこの地を訪れて
虚空蔵菩薩を刻み本尊として、伽羅を建てました。
境内には大師伝説にまつわる遺跡が数多くある…

とうことで、見つけたのはこちら。

鐘石と言われる大きな岩?です。鐘石(空海の七不思議)
「空海の七不思議」と書いてありますが、どうして七不思議なんでしょうね~?
他の6つは見つかりませんでしたけども。
どこかに在ったのでしょうか?

窪みに置かれている小石で叩くと、鐘のような音がする、とあります。
叩いてみると、本当に綺麗な音がしましたよ。
2歳児芽キャベツ、もう夢中になって叩いていましたが(汗)
叩くのに飽きると、小石をポイッポイっとし始めたので、うひゃーーー!
お寺の中のものとかって、どなたかが願掛けで置いたりすることも
あるんじゃないかと思って、本当に冷や汗たらたらでした。


境内にはこんなものも!
なんと土俵です~!土俵もある!!
そんなにお相撲が盛んだとは、聞いたことなかったですけど
ちびっこ相撲とか開催されるんでしょうかね?

今の芽キャベツがお邪魔していたら、
勝手に土俵に上がって「おすもう、しよ~~~!」とノリノリになりそうです。
なぜかお相撲好きな3歳児に成長しました。


◎第24番◎ 最御崎寺
高知県室戸市室戸岬町4058-1
0887-23-0024
スポンサーサイト



[ 2013/07/25 15:09 ] 四国八十八箇所巡り | TB(-) | CM(8)