FC2ブログ

Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

海鮮づくし

2歳児連れで、朝から島2つ(女木島男木島)も行ってクタクタだったので
この日も外食~!
でも、もうお友達リクエストの店は無くて
(うどんは何軒も行けるけど、夕ご飯って感じではないのでパス)
どうしようかな?と思ったけど、先日骨付き鶏の店に行く途中に
通りかかった店があり、
ハム太と「ここ、前々から気になってるんだよね~」と
お友達に話していた店がありました。

そんなわけで、その店に決まり!
初めて行く店だから雰囲気もわからないし
そもそも居酒屋っぽいから2歳児平気かわからないし
ちょっと心配はありましたが、出かけてみたら…

こ~~~んな  初めて行く店!
賑やかな店で、子どもも大歓迎な店でした❤

子供用の椅子も、お座敷用・テーブル用完備で
何より店自体が活気に溢れていて、子どもがちょっと泣こうが喚こうが
ちぃ~~~っとも聞こえないって感じの店で
ほんと、ほっとしましたね。
子連れだと、味は二の次で、こういう心配ばかりしてしまいますね。

で、でもねぇ、やっぱり美味しいに越したことはありませんよ、
肝心のお料理は??

   お刺身盛り合わせ

まずは、こんなお刺身から~❤
どれもこれも、新鮮でどーーーーーっても美味しかったです。

 ・本マグロ
 ・さんま
 ・生簀の鯵
 ・高知のカツオ
 ・あと何だったか忘れた~2品

この店、店内に生簀があって、鯵なんかは注文後に網で獲ってから
捌いてくれるようです。
他のお魚も、産地直送で、ほとんどが北海道からのようで
他にも蟹やら何やらと豪勢なメニュー表でしたが
(そんなのは頼んでないですけどー)
どれもこれもお手頃な感じで、いやぁ、今までこの店知らなくて
ずいぶん損してたなぁ~って感じでした。

   ほっけ(半身)

これはホッケ。これで半身です。
ハム太は半身じゃなくていいって言ったのですが、
ホッケの他にも、コブ鯛の柚子なんとか焼きってのもあったし
あと何だったかな、焼きおにぎりとかツクネとか
子供たちにも食べるものが沢山あったのです。
(だいぶ写真撮り忘れ)

   ポテトサラダ

魚ばっかりじゃ~と思って、ポテトサラダを頼んだら
こんな想像破りのポテトサラダが来て、びっくり~!
でもポリポリして美味しくて子供たち、大喜び♪

しかし、ここの店、活気はあるし美味しいし子供OKだし
言うことないのですが、少々料理が出てくるのが遅い???
まー、最近「がーーーっと食べて速攻立ち去る」というのに慣れて
こうゆっくりすることがなかったからかもしれません。

強制的にゆっくり食べられたので、よかったのですが
子供たちは飽きてしまって、
お腹が満たされると席を立ちたくてウズウズ!!
生簀を見に行ったり、外に行って石を投げたりして遊び、
その度に大人が代わる代わるついていくのですが
お友達君はママじゃなきゃ嫌~~~~!!なので、
お友達はせっかくビールがきたのに、ゆっくり飲むこともできず。。
とりあえず外まで行ってもらって、
途中で交代してくるわーとハム太が行ってしまったら
誰もなかなか帰って来ず、6人席のお座敷で私1人ポツン…

えー、これ、これ、めっちゃ恥ずかしい~~~!
空いたお皿がすごい沢山あって、これじゃまるで私が一人で食べたみたい!
ひゃーーー、違います、違いますよ~!って
通る人通る人に言いたいくらいでしたよ。

こんな状況なのに、ハム太ったら、まだ〆に何か食べると追加して
「もぉ、ここ来るの遅いから止めてよ!!」って言ったのに

   海鮮丼

海鮮丼なんて頼んでましたよっ。
海鮮丼が来たのに、まだハム太も戻らず…ゆっくり写真は撮れましたけど
えらい恥ずかしくて、もう帰りたかったです~。
で、外をちらちら見てたら、やっと帰って来てくれたので、ほっ。
しばらくすると、お友達も帰ってこれたのでビールの続きを飲んでもらい
私が交代で外に行きました。

そしたら芽キャベツはなぜか裸足で、お友達君は靴履いてて
いやー、これが田舎育ち・都会育ちの差なの!?と愕然っ。
はぁ。。。

そうそう、食べてる最中に、お友達が気づいたのですが
なんとお隣のテーブルでお食事してた方、
なんとなんと、なんと!
この日の午前中、鬼が島の洞窟まで往復してくれた
バスの運転手さんだったのですよ~!!

すっごいびっくり!
もし目が合えば「今日はお世話になりました」とご挨拶するところでしたが
私たちの方が長居していたし、
運転手さんの方が出口に近いお席だったので、タイミング合わず~。
残念でしたが、本当にすごい偶然です。
てか、あの島にお住まいなのかと勝手に思ってたけど~
違うのね??(笑)


と、まぁ、そんなこんなで
この夜もバタバタとして帰宅したのでした。


[ 2012/09/21 13:17 ] 外食 | TB(-) | CM(4)

のんびり島時間

鬼が島(女木島)を後にしてフェリーに乗った私たち。
お昼も食べたし、午前中は歩き通しだったので
てっきりフェリーで寝てくれると思ったのに…!!

大暴れ!!(爆) フェリーで大興奮!

他にあんまりお客さんがいらっしゃらなかったから良いようなものの、
ホント大騒ぎでした(疲)

そしてそして、フェリーに乗って着いた場所は、高松港??

いえいえ、高松港とは逆の、女木島の隣の島・男木島(おぎじま)に到着です。
この島も、何があるってわけじゃないんですが(爆)
まだちらほらと瀬戸内芸術祭の作品が残っているし
この日は車を使わずに観光しよう、というのが目的?だったので
女木島と男木島に行けば、丁度良い感じだったのです。

我が家は今年のGWにも男木島は行ったばかりでしたが
違う人と行くと、また違った楽しみもありますからね~。
芽キャベツはお友達と行った方が楽しいに決まっていますしね♪

   島時間~ こんな道が沢山♪

ゆったりと流れる島時間がいい感じです。
お昼を食べた前後にポツポツしてた雨も上がり、ラッキー!

疲れているであろうはずの子どもたちも、大好きな坂や階段に大はしゃぎ。
勝手に走って登ってくれたので、大助かりでした~❤

    曇ってて残念!

GWにハム太と行った時は、晴れていて、この景色も素晴らしかったけど
今回は生憎の曇り空。まぁ、雨が上がっただけでもヨシとしましょう♪

で、この↑写真の所々に見える白いパイプのようなもの、これも作品です。

こんな感じで しゅぽしゅぽ~
空気入れタイプのしゅぽしゅぽを上下させると、変わった音が出たり
海の方角に向いたレンズを見てみると、仕掛けがしてあったりと
2歳児でも十分楽しめる作品となっていて(しかも無料~!)
子供たちは取り合って楽しんでいました。

そうそう、女木島で沢山一緒に若い人が降りたな~と思ってたのは
この夏休み期間、残っている瀬戸内芸術祭作品を観覧できるようにしてあり
その受付のバイト?をするための人たちだったようです。
そりゃー洞窟観光には行きませんよね(笑)

さてさて、実はお昼ご飯を食べていた時は、お友達がギャーギャー君になってて
不穏な空気が流れていたのですが(その後、すっかり持ち直し♪)
このシュポシュポ作品を後にして、更に坂道を登り、
以前にご紹介した「漆の家」を見学したら(ここも無料で見せていただけました)
急に芽キャベツがギャーギャー星人に変身してしまい、
今度は一転、こちらが不穏な空気を流してしまいました~!
あー、やんなっちゃう!
でも、まぁ、同じ年くらいだと、持ちつ持たれつお互い様ね~って感じで
私は全然気にならなかったんだけど。。
(お友達もそうだったと願いたい。爆)

それから、山の上にある神社の所で一休み。
ようやくお茶とお菓子で休憩し(また離れて座ってた~。あはは)
ご機嫌も直ったので、少し降りたところにあるカフェに行こう!と
坂を下って行ったら…

にゃんにゃんー! にゃんにゃんだぁーーー❤

え~、こんなに沢山!?
男木島も何回も来ているけれど、こんなに沢山のネコちゃん
今まで見たことなかったのになぁー。
どこにいたんでしょうか??
最近増えたのかしら(笑)
確かに若そうなネコちゃんが多かったけど~。

お散歩中のワンワンには必ず寄って行く芽キャベツ。
初めて沢山のネコちゃんを見て、ちょっとビックリ??
でも興味はあるようで、じぃ~~っと見ていましたが、近づけず。。
ぷぷぷっ、ちょっと腰が引けてる感じで笑えました。

それから前回ハム太とも休憩したカフェがいい感じだったので
そこへ向かったのですが…
がーん!!こちらはお休みでした。
ここで一息つけるとばかり思っていたので、一気に力が抜け
かなり気落ちしてしまいましたが、仕方ない!
一番最初に登った坂の所にあったカフェに行ってみよう!!
と、頑張って頑張って歩いたのに、そちらもお休み。

どちらのカフェも芸術祭の作品を閲覧するのは可能で
例の受付のバイト?さんが座ってらっしゃったのですが、
私たちは、まさに花より団子状態で
芸術より喉の渇きを癒したかったのですよ~!

あぁ、どうしましょう。

とりあえず子供たちは水筒もお菓子もあって、神社で一息ついてましたが
大人が脱水しそうだったので、あとはフェリー乗り場に戻るっきゃなくて
またまたフェリーの時間には早いけど、戻ることにしました。

こういう時、一応案内人の立場にあると焦りますよね~~~。
自分のせいでカフェが休みだったわけじゃないんだけど
なんだか申し訳なくって。。(涙)
あー、ホントに残念!

それからフェリー乗り場近くに戻ると
昔からある、いくつだかわからないおばあちゃんが営まれてる
ふっるーーーい食堂?みたいな所があって
そこに「かき氷」の文字を発見したので、迷わず飛び込みました♪
大きな大きな氷を、これまたすんごい大きなノコギリみたいなので
ぎこぎこ切ってからかき氷器に氷をセットしたのでびっくり!
あんな重そうなノコギリ、こんな小さなおばあちゃんが…!?です。

で、お店は狭いので、かき氷を頂いたらフェリー乗り場の待合に行き、
そこで食べることにしました。
お茶とお菓子で休憩したくせに、子供たちにかき氷を盗られ
なんだか潤ったような潤ってないような??
そうこうすると、お友達君はママに抱っこをせがんで
いつの間にか寝てしまいました。

わー、芽キャベツよ、走り回ってないであなたも寝なさいよー。
っていくら言っても聞かず、更に声も大きく踊ったり歌ったりなので
港に入ってきたフェリーが高松港行きかどうか聞いてくる~と
外に連れ出して、ほっ。

で、時間には早かったけどフェリーはもう乗船できるようなので
お友達の所へUターンして、皆でフェリーに乗りこみました。
フェリーに乗りさえすれば、揺れて眠くなって寝るだろう!と思ったけど
芽キャベツ、結局50分の航海中も踊り続け、
(お友達君は熟睡中~。羨ましいーーー!!)
高松港に着いて、また少し歩いてから電車に乗ったのですが
電車の揺れには弱かったらしく、すぐに寝てしまいました(遅っ)

一方、お友達君は、電車に乗る前の徒歩移動中に起きてしまいまして
まさにお昼寝バトンタッチ。
あー、一緒の時間に寝てくれるのが、どんだけ在り難いことか!
わかってくれとうのが無理な話でしょうが、んもうっ!!って感じです。

そして我が家の最寄駅まで20分くらい乗って、それから徒歩です。
芽キャベツ、こういう移動の時に寝るなんてっ!!
お友達君は、ちゃんと歩いてエライ、エライ!
やっぱりフェリーの中で寝てもらうのが一番でしたね(涙)
んでもって、10分弱歩き、その後階段で3階までやっとこ登り
カギを開けて、あーーーただいま~~~っと、どっと疲れが出たら

「やだー、ちょっと!!」とお友達が大きい声出すので
虫嫌いのお友達、また虫でも発見??と思って
「なに(それより早く芽キャベツ下ろしたいーーー)」と言うと

「芽キャベツちゃん、靴、片っぽないよ~」

もう、これには、ホントがっくりというか、なんというかねぇ。。
白目剥いて倒れそうでした(爆)

とりあえず芽キャベツを下ろしたら、まだ爆睡してたので
ぽいっとおいて、今来た道を戻って行ったら
半分ちょっと戻ったあたりの道の真ん中に、片方の靴が転がっていました。

これが高級靴ででもあれば、めちゃ嬉しいところですが、
もう今年の夏に随分履いて、底がすり減りすぎて滑るので
そろそろ捨てようかなぁ~と思っていた靴なだけに
見に行くのも億劫だったし、見つかった喜びも薄くて
本当になんだかなぁ~という感じですが
あれから数週間経った今でも、まだ履いているので(笑)
やっぱり拾いに行って良かったですかね。
地球にも優しかった!!私の努力、無駄じゃなかった!!!
そう思うことにします…。


って、後半、なんだか芽キャベツの愚痴の様になってしまいましたね~。
おまけに写真も無く長文になり、申し訳ありません。。

そして、さらにこの日の夜の話が続きまーす。
つづく


[ 2012/09/20 12:57 ] ちょっとおでかけ | TB(-) | CM(4)

鬼が島

まだまだ続いてます、お友達滞在記。
4日目は朝から島へ渡ることにしました。

フェリーに乗って、女木島(めぎじま)へ出発です。

「うみだぁー」「うみだねー」 フェリーの上

女木島というと、別名は鬼が島。
桃太郎が退治した鬼の住んでいた洞窟があるのです!
今日は探検隊?ということで、また芽キャベツは山ガール風です。
(さて、いつまでもつか!?汗)

高松港から女木島まではフェリーでたった20分。
そこから洞窟まではバスが出ています。
フェリーから降りると、若い人たちも沢山降りたはずなのに
洞窟へ向かうバスは私たちだけの貸きりでした。
なぜ??

貸きりなので好きな所に座りな~と 貸切バス
子供たちに言ったら、全く正反対の場所に陣取る2人。
そういや、フェリーの中でも、我が家は椅子席
お友達親子はお座敷に、と、めっちゃ離れていて
なんにもお話できなかった(涙)
まー、べったり一緒にいると、もめる2人なので(爆)
ちょっと離れたくらいで仲が良いほうが親も助かります(笑)

バスを降りると、帰りのバス時刻表が書かれていましたが、
2時間おきくらいにしか無くて、どう見ても時間が合わず、
すっごい超特急で洞窟を見るか、
のんびり見ても1時間くらいバスを待つか…しかなくて
どうしよう?と思っていたら
バスの運転手さんが「11時20分くらいに迎えに来ますから~」と。。

えー?そんな時刻表に無い時間にバスで迎えに来てくれるなんて!
そんなサービスありぃ??

でも、それはとっても在り難いお申し出だったので
素直に受けることにしました。
あー、助かるぅ!運転手さん、どうもありがとう♪

   おにが島

さて、私にとっては懐かしいこの看板↑
芽キャベツも、まだ歩き始めのころに来たことがあり、
この看板に見覚えがあったのでしょうか???
全然怖がる様子もなく、山ガール風でウキウキ♪

一方、お友達の怖がり君、こんな可愛らしい鬼の看板で
何か察知したのか、それ以上前に進みたがらなくなってしまいました。
とりあえず皆行くよ~と洞窟の前までは来たものの…

  洞窟入り口

ちょっとリアル系の青鬼に、またビビっておりました(笑)
芽キャベツはご覧の通り、ピースしてルンルンです♪
それを見たお友達も、ママも行っちゃうって言うし…(涙)と
仕方なく入り口で記念撮影をし、なんとか洞窟へ入り込みました。

ここから先の洞窟の話は、以前ご紹介した時のをご覧ください~。
今回はビデオばっかり撮ってしまい、あんまり写真は撮れませんでした。

洞窟の内部は、ちゃんと案内してくださるオジサンがいらしゃって
前来た時とは別のオジサンでしたが、今回も楽しいお話でした。
芽キャベツは、オジサンを気に入ったのか、
私がビデオをオン・オフしたり忙しくしてたら
急にオジサンの横に行って、自分から手を繋いだりしてましたよ(驚)

洞窟中には、まだ瀬戸内国際芸術祭の時の作品が残っていたり、
見どころ満載なのですが…
まー、やっぱり洞窟は洞窟。
暗くてジメジメですからねぇ~。
お友達の怖がり君は、ママから離れられませんでした❤
あはは~!

そうそう、洞窟の真ん中あたりでは
3人の鬼が「会議中」と称して、お酒を飲んだくれてる人形が座っており
それを見た芽キャベツ…

  「おとーさんだぁ~!」

と何度も何度も大声で言い、
最初は貸切でしたが、後から来た年配のご夫婦がいらして
「ぷぷぷ」と笑われてしまいましたよ。
もぉ、恥ずかしいー!

でも確かに、髪も短くて眉毛もぶっとくて
ハム太にそっくりな赤鬼さんでした(爆)
ビデオばっかり撮って、写真撮り忘れ~。残念!

さて、洞窟を出て、記念撮影です。

    ももたろう芽キャベツ

最近↑このタイプの記念撮影にハマっている?芽キャベツ。
見ると必ず撮りたがります。
でも大抵、背が届かないので、カメラ撮る人と黒子役が必要で
大変なのよねーーー!
今回、私が黒子でしたが、見れば見るほど桃太郎の衣装とマッチしており
自分でも笑ってしまいます。

この後、ガイドのオジサンが、洞窟から見える景色まで案内してくださり
「ほー」と感心していましたが
そろそろバスの時間だからということで、
私たちはバス停方向へ、
自家用車で来られた先ほどのご夫婦は、展望台へ行かれました。

またまた貸切バスに乗ってフェリー乗り場へ着いたら
雨がポツポツ。
あちゃー、傘も合羽も持ってきてない~!

とりあえずフェリーが来るまで、お昼ご飯たべましょう!
と、フェリー乗り場の売店兼食堂のようなところで、うどん。

   鬼が島うどん(小)

これは↑確か「鬼が島うどん」って感じの名前だったと思いますが
注文したのは小サイズ。
大だと海老が2本乗ってくるので、それが鬼の角を表わしているっぽい??
でも小では、なんの意味も無かったですね(爆)

これと、芽キャベツにはワカメうどんか何かにして(忘れたー)、
とりあえず腹ごしらえを済ませました。
結構時間はたっぷりあると思ったのに、ふと時計を見ると
そろそろフェリーが来ちゃう~!
どーして子供との食事って、こう時間がかかるのかしら(疲)
はぁー。。


   フェリー、来た来た~♪

さぁ、フェリーが来ましたよ♪
…って、ごはんを食べる時にリュックと水筒を下ろした芽キャベツ、
この時点で「もぉ、しないっ」といくら言っても断固拒否。
山ガールはこれにて終了でーす(凹)


つづく

[ 2012/09/18 13:53 ] ちょっとおでかけ | TB(-) | CM(4)

一鶴

ドルフィンセンターの帰り、車中で寝てしまった子供たち。
ハム太を会社まで迎えに行かねばなりませんでしたが、
ちょっと時間があったので、道の駅に寄りました。
私は車に残って、寝ている子供たちとお留守番。
お友達は、去年買った「いりこだしパック」をリピしたい!と
ずっと言ってたので、だしパックを買いに行きました(笑)

それからハム太の会社まで迎えに行くと、時間ピッタリ~♪
なかなかタイミングが良かったです。

それから、そのまま香川名物の骨付き鶏の店「一鶴」へ行きました。

       一鶴

こちらの店も、去年遊びに来てくれた時に行っていましたが→その時の様子
「また行きたーい!」とのリクエストがあったので出かけました。

初めてハム太に連れられて行ったときは、
この豪勢な外観にビビり、こんな高そうな店、大丈夫ぅ??なんて
冷や汗タラタラで足を踏み入れましたが、
一歩中へはいると…なんだかビアホールのような感じのする店で
至って庶民的なのがギャップで笑えます。

さてさて、今回も

骨付き鶏は「ひな」で。骨付き鶏(ひな)

その他、小鉢を2つか3つ頼み、
忘れちゃいけない鶏飯も~!

   鶏飯と生キャベツ

生キャベツは頼んでないけど勝手に出てくる!
でも、これって1テーブルに1皿なの??
分け前がどんな感じなのか、イマイチわかりませーん。

骨付き鶏の塩辛さからいったら、1人1皿生キャベツがあっても
全然食べれちゃう感じなんだけどぉ。。
キャベツおかわりってできるのかしら!?(笑)

いやー、それにしても去年の子どもたちは
本当に食べるのに忙しいほどに手がかかったけど、
一応、若干(!)去年よりはゆっくり食べられた??かな?
忙しいは忙しいんですけどねぇー。

まぁ、またサササと食べて、退散いたしました~。



[ 2012/09/17 13:27 ] 外食 | TB(-) | CM(4)

ドルフィンセンター

さて、お友達滞在3日目です。
この日のメインイベントはドルフィンセンター
子供たちも「いるかちゃん、まってるねー♪」と朝からご機嫌です。

でも前日も夜まで川で遊んだし、少々お疲れ気味もあって
家を出たのがギリギリ!
まだ2歳児の2人では、「イルカのエサやり体験」くらいしかできないので
それを目当てにいったのですが、11時から2時間ごとにあるスケジュールで
ドルフィンセンターに到着したのが、11時5分前。
お友達が急いで車から降り、聞いてきてくれましたが
残念ながら11時の分は定員オーバーでした(涙)

去年遊びに来てくれた時に一緒に行った水族館
あまりに「ガックリ」な感じだったので、
今回もそんな感じであんまり期待していなかったら
ものすごい人気スポットでびっくり。
駐車場に車を停めることすらできず、とりあえず15時の予約をして
他の公園に遊びに行きました。(とらまる公園

その公園でお昼も食べて、色々?遊んだのですが
ドルフィンセンターから一転、他に誰もいないし、疲れもあるし、
イルカに会えるはずだったのに、なぜココに??という感じで
子供たちはご機嫌ナナメで、ちょっとしたことで泣いてばっかり。
あー、もう早く時間よ過ぎて~~~って感じで
ようやくドルフィンセンターに向かった時には、肩の荷が下りました(笑)

   ドルフィンセンター

それでも早すぎる到着になってしまい、小1時間待っていましたが
すぐ近くにイルカが泳いでる感が味わえたし、
お菓子を食べたりして、今度は大人しく?待っていられました。

  「いるかちゃん、もうすぐだね~」
  「イルカさんにご飯あげるんだよ、何食べると思う?」

  「…ちーず!!」

最近、チーズがお気に入りの芽キャベツ。
イルカのゴハンもチーズだと言い張ります(笑)

さて、時間になり、番号札は1番♪
お友達は男の子だけど、恐がり君なので
なんでもハリキリ娘の芽キャベツが先にやるのを見れば
「ボクもだいじょうぶ!」って泣かないよ、きっと~となり
芽キャベツが1番でした。

エサやりの前には、なでなでも何回もさせてもらえるし 

    なでなで~

ちゃんと写真撮れるまで、隣のお姉さんが待っていてくれます♪
ありがとうー!

 呼んだ?? 来た来た~!

って感じで、イルカちゃんも、ずーーーっと待っててくれます❤

このあと、芽キャベツはちゃんとエサをあげて
またバイバイ~って手のひらにチューしてもらいました。

それから今度は私の番。

 私もタッチ♪ きゃー、初めて~!


小学生以上だと、子どもだけで体験させられるのですが
小学生以下だと大人同伴が条件で、きっちり料金も2倍取られます(爆)
でも、ちゃんと親も楽しむだけ楽しんでおりますー!あはは。

さて、芽キャベツが気になっていたイルカちゃんのエサですが…

  ぱくっ♪ エサはお魚~!

当然、お魚でした~。
  「ちーずじゃなかったねー」
って、当たり前です(笑)

この後、お友達親子もそれぞれ体験して
(息子くん、芽キャベツの倍は岸から後ろに下がって座ってたのが笑えました)
さて、終わり~?

かと思いきや、他のお客さんの体験が終わった後に
イルカちゃんがジャンプを見せてくれるというので、待っていました。

程なくして、始まりましたが…
デジカメとビデオを撮りながら、足元?で大興奮で駆け回る子供たちを見つつ
というのはエライ大変でしたね。
全然撮影に集中できないので、全く良い写真が撮れませんでした(凹)
え?腕の問題ですか??えへへ。

    ジャンプ!

    正面ジャンプ!

  うーん…

                  タイミングが…

  難しいー!

この5枚は、まだ枠内にイルカが入ってるからマシなほうです。
あとは、すでにイルカは水の中~って水しぶきだけの写真とか(恥)
ほんと、動くものの撮影は難しいですねぇ~。

それから、ドルフィンセンターのテラスでお茶をしてまったり~。
すぐ脇には綺麗な海岸があり、そこで海も楽しんで(数分)
でも、いつもならとっくに昼寝時間のお二人さんがいたので
車に乗り込むと…
あっちゅー間にぶっ倒れていました(笑)
そりゃー、疲れたよね。お疲れさん~!
でも楽しかったなぁ。

ドルフィンセンター、こちらはおススメスポットかも♪
私も初めてイルカに触りましたが、
あの触り心地は不思議ですね。作りものみたい!
でもそれが、ちゃんと生き物なんだから、不思議。
もうちょっと大きくなったら「イルカと一緒に泳ごう」っていうのも
挑戦させてあげたいなぁ~♪



[ 2012/09/13 13:41 ] ちょっとおでかけ | TB(-) | CM(4)