Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2007年6月8日(後編)

モン・サン・ミッシェルからバスに乗り、
向かったのはパリ…ではありませんでした。
到着したのは、こんな港町。
サン・マロという街です。

   ヨットハーバー?

今までドンヨリしていたお天気だったのに
急に良いお天気になって、海まで現れて、私のテンションは↑
「わ~、海だよ~~~!」と
陽気に後ろの座席の2人を振り向いたら…寝てました(凹)。
まぁ、仕方ないですよね、連日の観光で疲れてるうえに
1人は妊婦なんですもの。

なにはともあれ、 Hotel Alba
ホテルにチェックインです。
パリでは別々のホテルですが、ここは3人一緒。
ドイツでホテル探ししてたら「直前価格」の3人部屋がお値打ち料金で
見つかったので、即決でした♪
なんで安いんだろ??と思ったら…

すんごい難しい鍵でした(爆)。鍵、あかな~~~い!
毎回開けるのに四苦八苦しました。
でもフロントの人も感じよかったし、
何より清潔で、とっても居心地の良いホテルでした。
あぁ、パリには戻りたくないーーー!と正直思いましたよ~。

   ホテルの目の前が海!

ホテルの目の前も、こんなに素晴らしい海岸が続いていて
いやぁ~新婚旅行用かいね?って感じでしたが(笑)
海なんてドイツに居たら、全然見ないので、すっごく感激しました。
やっぱり海の幸ですよねーーー!

こんな町になら、住んでみたいなぁ~と思った町でした♪

  住んでみたいような街


と、いうことで、お散歩がてら夕ご飯を食べに外出!
ホテルからしばらく歩くと城壁の町があります。

 城壁の町

あら?どうやら、この城壁の中だけがサン・マロという街なの?
…かもしれません。。
この城壁の上もグルリと1周まわれるようになっていますが、
何はともあれ、腹ごしらえしなくっちゃ!

可愛いお土産やさんも お土産屋さん
素通り~~~!

パン屋さんもお菓子屋さんも…素通り~~!?

 可愛いパン屋さんの看板 メレンゲ菓子

そしてやってきた、レストラン街❤

 沢山のレストラン❤

どこもかしこも、シーフードメインの、
港町にありそうなレストランばっかり。
メニューを見てもよくわからないので、適当な店に入りました。

のども乾いてたので、ジュース頼んだら…
きったなくって、おったまげた!
 
 瓶が汚すぎておったまげたジュース

…気を取り直して、ご馳走で~す!

(あっ、写真大きすぎたー!)
妊婦Mのオーダー。
この地方の名物といえば、これ、ムール貝のてんこ盛り!

 てんこ盛りのムール貝

とはいえ、あなた妊婦よ?
こんなに買いばっか食べて大丈夫カイ?(←シャレ。笑)
心配だったけど、当時まだ貝を克服していない私ですから
お手伝いしてあげることはできませんでした~!
今なら5個くらいならお手伝いできるんだけどなー。

お次はSちゃんのオーダー。

 なんだったっけ?
 
何頼んだんだったか忘れましたが、
かなり偏食の多い彼女、たぶんサーモンのタルタルか
マグロのタルタルだったような気がします(爆)。

それから海老っ子のワタクシは、もちろんエビ料理!

 海老のなんとか

たしかに、この3品の中ではいちばん手が込んでるような見た目。
だけどさぁ~、特別絶品ってわけでもなかったかな。
残念!
なのにお値段が2人のよりも高かったし、
しかも二人のにはデザートまで付くコースだったのよー!
デザートなしにしても頼んだ海老だったのに!!
まったく期待外れでした(涙)。

そして、妊婦のMといえば…
ムール貝と格闘しててグッタリ。お疲れM
なんか斜めになっちゃってます!
あわわわ…大丈夫―!?

…と心配したけど、
その後にやってきたデザートのクレープで、見事復活♪
(ほっ。) クレープで復活??

それから、日も暮れかけて来たので、
またホテルまでテクテク戻りました。

 夕暮れの町

これでも夕方っぽいけど、確かもう10時とかじゃなかった?
夏のヨーロッパの日暮れの遅いこと、遅いこと!
ついつい夜更かししてしまいます。

さて、順番にお風呂入ろう~と言ってたら、
海側のドアにお客様が。

ボン・ソワール!にゃんこ
ニャンコさんです。
やっぱり海に近い街だとニャンコが多い気がするなぁ~。

しばし撮影会をして、夜は更けていきました。

 夕日が沈んだ海



つづく

スポンサーサイト
[ 2012/03/31 08:11 ] 旅のお話 | TB(-) | CM(2)

ハム太と陶芸(26)

最近、陶芸も行くタイミングが難しくなっています。
何より芽キャベツ様のご機嫌が優先ですから~!(爆)
2011年も、年内に行けるかな?と思っていたのにダメで
結局、年が明けてしまいました。

しかも1月も末でした! 2012年1月29日

この後、2月も行けなくて
やっと3月も末の25日の日曜日に出かけたのですが
カメラ忘れました(涙)。
しかも出かける時は、外が暖かそうだったので
家族揃って薄着で出かけたら、ものすごく寒くって
お弁当まで持って行ったのに車の中で食べる羽目になり、
その後少しお散歩しよう!と公園を歩いていたら
雪まで降ってきてしまいましたー!
これには降参!
すぐさま車に乗って退散しました。

さて、この3月25日に引き取ってきた作品は
1月29日に作っていた作品です。
引き取りに行くのがとっても楽しみだったんです。

     れんこん皿

憧れの「れんこん皿」です。
雑貨屋さんで、れんこん柄のお皿を見るたびに
「いいな~」と思っていたんです。
でも、私が行っている教室は絵付けができませんから
どうしようかな~と思っていて、
芋判ならぬ”れんこん判”で模様にしよう!と思いついても
いつ陶芸に行けるかわかりませんから
「行く」となったら行きがけにレンコンを買うわけにもいかないし
なかなか持って行けるタイミングがなかったのですが
やっと、やっと念願かなって
れんこん皿を作ることができました。

当然のことながら5枚とも全部違う柄です。

 れんこん① れんこん②

              れんこん③

↑の3枚までは、すっごくいい感じ❤


4枚目… れんこん④
控えめに2個しか押さなかったので、寂しい~~~!

そして、最後の5枚目!

うぎゃ!! れんこん⑤
逆に「沢山押したらどうだろう?」と押してたら
ついつい押しすぎーーー
なんだか煩い柄になってしまいました(凹)。

まぁ、使う頻度は間違いなく最初の3枚が多く、
お客様が4人、5人だった場合に下の2枚も出動させましょう。
そのお皿に当たってしまうかもしれない方、
どーもすみません~(笑)。
でも、全体的にはとってもお気に入り。

最近では、ろくろ作品よりお皿のほうが使えるものも多いし、
芽キャベツを気にしながら作業できるのでお皿ばっかりに
なりつつありますが…
そして、もう我が家の食器棚もスペースがありませんが…
やっぱり陶芸って楽しいな❤

また4月も行けますように~!




[ 2012/03/30 13:37 ] 陶芸 | TB(-) | CM(2)

2007年6月8日(前編)

おフランス2日目の朝は早起きでした。
3人娘そろって電車でお出かけです。

行先はどこでしょうか? 電車で出発~!

じゃじゃーん!
憧れのモン・サン・ミッシェル!!
(え?写真小さすぎですか?すみません。。)

   行先は?

電車を確か1回乗り換えて、更にバスに乗って
ようやく到着しました。
パリから5時間半だったけか?それくらいかかりました。

もちろん日帰りは無理そうだったので
あの1泊したパリのホテルに、大きなスーツケースを預けて
1泊分の荷物だけ持って出かけました。
しかし、お友達との待ち合わせ場所に行くまでの間に
「あ!スーツケースの鍵掛けてくるの忘れたァ~!」と
思いだし、冷や汗をかきましたが
もう戻る時間もないし、電話かけても鍵なんてどうしようもないし
その前に言葉が通じないし…ってんで諦めました。
とりあえず部屋じゃなくてフロントに預けたし
鍵自体は忘れたけど、ベルトは掛けて置いたし…
貴重品って貴重品も入ってないし。
まぁ大丈夫だろ!!と言い聞かせ、出発しました。(爆)

さて、モン・サン・ミッシェルといえば
フランスでも有数の観光地。
さうがに凄い人です。それに凄いお土産屋さんの数!
フランス語だけでなく英語やイタリア語、もちろん日本語表記も。

   有名なオムレツ屋さん

そして、こちらが有名なオムレツ屋さん。
モン・サン・ミッシェルといえば、ここのオムレツでしょ!!
というくらいに有名なので、食べるの大好き3人組は
絶対にここで食べる!と決めていました。
意気揚々と店内に入ったのですが…
店内は満席で、予約しないとダメなんだそう。
でも午後の時間に予約できるというので3人予約して
先に寺院を見学に行きました。
(ホントは寺院がメインのはずなんですけどね??)

すっごい階段!! こんな階段が延々と続きます。

ほんっとに疲れましたね、ここ。。
数日前にもドイツの観光地でかなり歩いてますし、
もう階段にはウンザリでした。
しかも生憎、お天気もイマイチで…
やっと頂上?に着いても、絶景とはちょっと違ったような。

   微妙な景色…

それでも、海の中に現れる寺院って雰囲気を味わったり
遠くの湿地にノソノソしている羊の群れなんかを眺めて
とりあえず階段の疲れを癒しました。

そうそう言い忘れましたが、友人Mったら
この旅行直前に妊娠発覚し、お腹にベイビーちゃんがいたんです!
来る前に「いる」って聞いてたら、旅行やめな!って言ったけど
いること内緒で来て、ミュンヘン空港で言うし(爆)
いるならいるで予定変更とかも考えられたのに、
「平気♪平気~♪」と全部予定通りに行動しました。
今思うと、すっごい恐ろしいーーー!
こんなハードスケジュールで初期妊婦が行動するなんて!
あの頃、当然わたしなんて未婚だし妊婦経験もなく
「本人がそう言うなら…」って感じだったけど
結果的に何事も無かったから良かったけど
いやぁ、恐ろしいことをしてましたね、ほんとに(滝汗)。

   内部

こうやって写真を見返すと、
「やっぱりM、無理してたのかな??」と思われる表情してたりして
今頃になって猛反省。
ごめんよー、M!
カバン位持ってあげれば良かったねぇーーー(そこ?)。

さて、寺院内部もくまなく見学して
(写真とりすぎて、どこがどこだかわからず。
 省略しまーす。)
せっかくだから、3人で記念撮影しよう!ということになりました。
バックに選んだのは、ここ。
              ↓

     外観

寺院をバックに入れて、いい感じです♪
あ、そこの人、カメラお願いできますか?

はい、ぱちり♪

えっとー… 唯一の記念撮影!
ぜんっぜん寺院、入ってませんけどぉー!?
これだったら、そこら辺どこで撮っても同じじゃん!(爆)
という記念撮影になってしまいましたが
まーこれもまた良い思い出??(苦笑)

そして、またあの階段を下り、
待ちに待ったオムレツ屋さんでのお食事タイム❤です。

 念願のオムレツ! ステーキ?

  パン?サラダ?何???  チーズと焼き菓子

でもメニューを見たら、ものすごっく高くてびっくり!
さすがおフランスの観光地です(怒)。
そして、他のテーブルに運ばれてくるオムレツを見たら
ものすごく大きかったので、一人で1つは食べられないよね、と
3人でオムレツ1つ+サイドメニュー1つを頼んで
シェアしよう!と決まり、オーダーしたら
「1人1つ、必ず注文してください」とのこと(怒)。

そんなに食べきれるかね??と
更にもう一つ考えて注文し、オムレツが来たらびっくり!

あんなに高いのに、半分になって出てきました(写真参照↑)。
他のテーブルに届いていたのは、どうやら2人前だったようです。
そういうこと、何も書いてなかったように思うけど?(怒)
なんだか騙されたというか、腑に落ちない感漂いましたよー。
でも、最後に注文してないのに
焼菓子セット?が出てきて、ちょっとご機嫌が治る3人娘(単純!)。
でもさぁ、これ出さないで、もうちょっと安くしてほしいよね(爆)。

でも、ここのキッチンが、すっごくすっごーーーく

可愛かった❤ オムレツ屋さんのキッチン❤

銅製の鍋やらボールやらが、所狭しと飾ってあるのが溜りません❤
それに、こんなに古そうなのに
ちゃんとここで調理して出てきているところがスゴイ!
だから高いのかなー??

  暖炉??で焼いてる!

このあと、またバスの時間まで他のお土産屋さんも物色して
モン・サン・ミッシェルを後にしました。
「いつか行ってみたい」と思っていた場所のひとつ、
モン・サン・ミッシェルでした。

   バスの車窓から

やっと来たバスに乗り、一番後ろの窓から最後にパチリ!
名残惜しかったけど…窓がきちゃにゃいっ(爆)。


つづく

[ 2012/03/29 17:40 ] 旅のお話 | TB(-) | CM(4)

肝の冷えるパスタ

わかりにくいので、昔の旅のお話を全部書き終えてから
現在の話題にしようと思いましたが、
そうすると、現在にも時差が生じてしまうので
交互に書くことにします。
わかりづらくなってしまったら申し訳ありません~!

==========

先日、菜の花のアサリのパスタを食べようと思ったら
1回目、アサリを勿体ない事にダメにしてしまい、
急遽、菜の花とベーコンのパスタになってしまったので
無性に「菜の花とアサリのパスタが食べたいっ!」病が続いてしまいました。
(思いついても、すぐに買い物に行かれないという
 田舎暮らし+車なしの生活←ハム太が通勤に乗ってっちゃう!。)

2,3日は悶々としていましたが、
やっと買い出しに行った日曜日に2食材をゲット!
早速作ったのです。

…ハム太が(爆)。

    菜の花とアサリのパスタ

お休みの日にパスタというと、
何だか知らないけど、私も「作ってね!」とも言わないし
ハム太も「今日はおれ、作るわ!」とも言わないのに
自然な流れでキッチンに立つハム太。
…いいんでしょうか(爆)。

それでそれで、タイトルにある「肝が冷える事件」ですがね、
最近芽キャベツがお手伝いしたい病で大変です。
掃除もやりたがりますが、一番やりたがるのがお料理。
私が何か作ってると、必ず飛んできます。
でも、この時はハム太が料理担当なので
キッチンのハム太にまとわりついてて
私は1人でTV見たり~(わはは)ゴロゴロしてたんです。
あー、珍しい、こんな時間❤

…と思ってたのに、なんだかキッチンが騒がしい、
というか、ハム太が明らかに助けを求めいてる!!!
という雰囲気になってきてしまったので見に行くと~~~

 まじぇるーーー!! こんな状態でした。

ゴムべらを見ると、すかさず「まじぇ、まじぇ~(混ぜ混ぜ~)」と
自分にやらせろ!!と体重かけてきて
最終的にはゴムべらを奪う習性の芽キャベツ。
ハム太もやられてて、秒殺でした(爆)。

この「まじぇまじぇ~~」攻撃は日常茶飯事で
私なんて昼ごはん・夜ごはん・凝ったおやつなら3時にもやられ、
一日何回もやられますから、もう慣れっこ。
芽キャベツも慣れてきたので
「熱いからね!!!」と言うと、一応気を付けます。
(けど全然混ざらない…爆)

というわけで、混ぜ混ぜしてんなら、いーじゃん!
と思って、私はまたTVの前へ退散っ。

…でもしばらくしたら、またハム太の助けを求める声が!
今度は何ーーー??

きゃーーーーー!!!



こりゃ、あんた、肝が冷えるべさっ!




    きゆ、きゆぅ~~~!!

なんと芽キャベツ、包丁(一応果物ナイフにしたらしい。)
ぶんどって、菜の花切ってるぅーーー!

しかし、普通、初めての包丁って
もうちょっと切りやすいバナナとかキュウリとか切んべ?
菜の花の茎なんてっ。
これ結構、私でも力いったわよ。

あー、見てるだけで恐ろしいっ。
肝が冷え冷えー!

    真剣っ!!

とか言いながら、何枚も写真撮っちゃった(笑)。


そんなこんなで出来上がった念願のパスタですから
お味も格別。
とっても美味しかったです。
芽キャベツも自作???のパスタに舌鼓。

最近、アサリもデビューして おいちっ。
だんだんと食べられるものも増えてきています。

そして、この後、大人が先に食べ終わり、
私がついててハム太がおトイレに立ちました。
すると、急に「いたい、いたい~~~!」と泣き出した芽キャベツ。

やだぁ、貝で口でも切ったの?
でも、もう貝ぜんぶ片づけたし~~、どうしたのー?
…と言っても「いたい」と泣くだけの芽キャベツ。
おろおろ。
とりあえずお茶飲んでみたら?
と、口に入れたけど、そのまま滝の様に戻って来ちゃって飲まず。
えー、一体どうしちゃたのー?
お父さぁぁぁ~ん(ハム太)!!!

呼んだらハム太もオロオロして、いきなり芽キャベツを真っ逆さまに!
ぎょっ!!
いやいや、のどに何か詰まらせた感じじゃないのよ、
逆さにしたって意味ないよ、
でも、どうしよう~~~。

わけわからないので、おろおろするだけの親2人。。
あー、情けない。
とにかくハム太が抱っこして落ち着かせてたら…

あらら、あらら??


あのー…寝てますケド。。。


あのねー、この日、公園に行ったりしたので
バタバタ車移動ばっかりで、お昼寝がたったの20分くらいだったの。
そしたら夕ご飯食べてる最中に眠気に襲われたようで
「痛い!」と言えば抱っこしてもらえて
そのままネンネできる!と思ったようでですね。
んもーーー
何事かとおもったじゃんよー!
まったく肝が冷えることばっかりだった1日だわ!

そして夜6時から翌朝7時まで爆睡しちゃって
翌日はお昼寝ゼロだったし、
翌日も母さんヘロヘロでした。。。
やっぱり2歳児にお昼寝は欠かせないわね。


[ 2012/03/29 15:18 ] おうちごはん/食材 | TB(-) | CM(2)

2007年6月7日

さて、不定期に始まりました、5年前のパリの話
大昔のお話で、本当に申し訳ありませんが
お付き合いくださいませ❤

=========

5年前、私はミュンヘンに住んでいました。
7月に本帰国を控えていましたが、
6月に日本から友人が2人遊びに来てくれました。
日本でお菓子の専門学校に行っていた時の友人Mと
その友人Sちゃんです。

*一応参照です*
 6月3日ザルツブルグ(前編) ←まだ写真直してません、すみません!
 6月3日ザルツブルグ(後編) ←同じく、申し訳ありません~!
 6月4日フュッセン(前編) 
 6月4日フュッセン(後編)  ←写真1枚だけ”絶景”じゃなくなってます。。 
 6月5日ミュンヘン市内観光 ←1枚写真が行方不明です。ひ~ん!
 
3日間ミュンヘンとその周辺の観光案内をし、
一度お別れして、彼女たちは一足早くパリへ旅立ちました。
私は更にその翌日にパリへ向かったのです。

6月7日の何時だったかに待ち合わせたのが
オルセー美術館の前!でした。
(写真の日付が6月8日になっていますが、日本時間表示だったのです~。)

  オルセー美術館

なんせ携帯がありませんからね、
これはドキドキの待ち合わせでしたよ~。 

  ここで待ち合わせ~♪

でも何のトラブルもなく、無事に再会できました!
ふぅ~、良かった。

  美術館の中の様子

てか、画像悪いですねー。
なんだか5年よりも、ずっと前の様な話の気がしますー!


んで、この日の夕ご飯はどうしたんでしょうね?
写真がありませんでしたよ。

それから私はひとりホテルへ戻りました。
彼女たちは、日本で航空券やらホテルなどを予約していたので
私も同じホテルにしようかと思いましたが
貧乏学生生活を送っていた私には身分違いのホテルだったので
(といっても、有名高級ホテルでは全然なかったんですけど)
私は別の安宿をとっていました。
 ↓ 

小さい部屋! シャワーしかないぞ~!

こんな写真を撮っているなら、夕ご飯の写真を撮っていて欲しかった!

この狭くて決して居心地の良くない部屋に1泊しました。
当時、ドイツでは1人でどこへでも行ける気になっていましたが
おフランスでは言葉が通じない怖さから
1人でホテルにいることが本当に恐ろしかったのを覚えています。
(英語もできませんから、一体どう行動していたのか謎。)
クタクタなのに、色々と心配でしたし
(実はホテルの人に騙されてたらどうしよう!とか意味不明な恐怖)
部屋も清潔とは言い難く、落ち着かなかったので全然寝付けませんでした。
それでもいつの間にか寝ていましたけれど。


つづく




[ 2012/03/27 12:29 ] 旅のお話 | TB(-) | CM(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。