FC2ブログ

Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。
月別アーカイブ  [ 2011年08月 ] 

6月11日 フランスのどこか

前日、長時間移動+遅くまでの宴(?)でボロボロで起床。
しかし、この日はボロボロになっている暇はありませんでした。
朝から大忙し!
なんと、この日が姉・カフスの結婚式当日でした。

 和装芽キャベツ 芽キャベツもお着替えしました。

そして、山の上にある姉婿の実家から、車で山を下り
走って走って、更に走って
また山を登り…
おーい、どんだけ遠いの!?
また「1時間半くらいかな」というセリフで2時間はかかりました。
そして前日と同じ「いろは坂」状態の道。
またしても車酔い患者続出でした。

しかし、到着した場所の景色の良いこと♪
すごく素敵なシャトーレストランでした。

      お城

お天気がイマイチだったのが残念ですが
予報では雨だったとのことで持ちこたえただけでもヨシとしましょう。

そして、カフス夫妻が式を挙げたのは
このシャトーレストランに併設されていた小さな小さな教会。
教会の内側ぜんぶの壁にタイルで絵が描かれており
すっごく素敵ぃ~~♪と思っていたのに
後で姉に伝えると「フランス人には不評だったんだよっ。」ですって。
どうしてかしら。

           教会にて

式が終わると、お待ちかねの(そっち??)お食事タイム!
わーい、わーい♪
車酔いなんて一気に吹き飛んじゃいました(爆)。

でもまずはお庭で撮影会ですって…。シュン。

 お庭

芽キャベツもいるので、私はテラスから眺めていましたが
すぐに皆戻ってきたので、レストランからも前菜が運ばれてきました。
お外で前菜だなんて、いい気持ち~♪

 これ前菜。 前菜
デザートに見えるけど、前菜でした。
甘いクレム・ブリュレと赤いベリーのムース…ではなくて
フォアグラのなんちゃらと赤カブのなんちゃらでした。
当然だけど全然甘くないのー!
でも脳は「甘いもの」と思って食べるから、すごい変な感じがしました。 

それから、シャトーの中に入り、
いよいよお食事の本番です♪おほほほほ。

 エビとアスパラのグリル

       牛肉のお料理

 チーズ盛り合わせ

お肉料理は、本当はラム肉だったのだけど
私が苦手だったので、私のは牛肉に替えていてくれました。
あとは姉婿の弟の妊婦さんも、牛肉になっていて
彼女もラムが苦手なのかなー?と思っていたら
フランスでは「妊婦はラム肉食べてはならぬ」という
風習?があるんですって。
ふーん、日本では聞いたことないけど~。

ここまでのお料理で、ものすごく満腹になり
そしてお隣だというのにドイツとの食文化の違いに驚き
もう、おなか一杯・胸いっぱい!という所でしたが
そこへカートを押した人が入ってきて
新郎新婦の前に、あら、ケーキ♪
…と思う間もなく

火を噴くケーキ! 火が噴いた~~~!!!(笑)

しかも結構長いこと火を噴いてました。
だって沢山写真撮れちゃったもんねー。
いつ終わるのかと心配になるくらいでしたが、
ほどなくして、綺麗に盛り付けされたケーキが登場♪

     ウエディングケーキ

いやぁ~~~~~、でもこのケーキの甘いこと甘いこと!
甘いっていうか、どっしりんこと重かった。
フランス人の皆さんも食べるのに一苦労するほどでした。
びっくり!

それから、姉・カフスは食べ過ぎたのか
ウェディングドレスの背中のホックを飛ばすという技を披露したり(大笑)
またお庭で撮影会(何時間もかかりました…とほほ、疲れた。。)したり
やっと夕方近くになって、帰ろうか~となりました。

本当は帰り道に観光して帰ってくれる予定だったらしいのですが
なんせ撮影会がながかったもので、お流れに。
一応、有名だと言う橋は行ってくれましたが
すでに芽キャベツが疲れて寝てしまってたので、私は車から出ませんでした。

そして、また車酔いと戦いながら、コテージに到着。
今日こそはバタンQしたかったけど、
そうもいかず着替えてから、また姉婿のお宅へ。。(徒歩10分たらず)

夕ご飯も、もう一口も入りませぇ~ん!状態だったのに
「じゃあ軽くね」と色々出てきました(笑)。

               パテ

ハム  チーズ色々

ホントにホントに、今見ると
「なんでもっと食べてこなかったの!ばか、ばかぁ~!」って思うくらい
すっごく美味しかったのに、あんまり食べられなくて本当に残念!
いつかまた行く機会があれば(あるのー??)
体調万全!長期滞在!を合言葉に、乗り込むぞぉー、おー!



スポンサーサイト



[ 2011/08/29 12:42 ] 旅のお話 | TB(-) | CM(4)