FC2ブログ

Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。
月別アーカイブ  [ 2010年11月 ] 

国産にんにく

我が家のメニューは、だいたい和食が半分くらいで
そのまた半分を洋食(パスタが多い)とかドイツ風ごはんを占め、
その残りがラーメンとか中華とか(夏は冷やし中華率がupしますね)
になります。
エスニック系は、私が辛いもの嫌いなせいもあり、滅多に登場しません。

そんなこんですが、にんにくは大量に消費します。
なぜかしら?

でも、そのにんにく、調理する度に皮剥いて刻んで…というのが面倒。
それより何より手ににんにくのニオイがついてしまうので
今や一応専業主婦ですが、ケーキ屋さんの手としては頂けないのです。
にんにく風味のショートケーキやら
ほんのりニンニク香るシュークリーム♪なんて誰も食べたくないですよね(笑)。


そんなわけで、我が家では一度に沢山のにんにくを買ってきて
フードプロセッサーで粉砕して塩漬けにしておいて
ボンヌママンの空き瓶に詰めておく、ということをしています。
これなら、好きなときに好きな量だけピュっとヘラですくえば
手も臭くならないし、毎回の調理時間短縮にもなるってぇもんです。

しかし、にんにくって高い時は高いですよねぇ。
国産にんにくともなれば、なおのこと。
一応香川県も青森に次ぐ(?)にんにく産地のようなのですが
そーんなにゴロゴロにんにくが転がってるわけじゃないので
やっぱり高い。
青森産にんにく、1個で300円とかでも売ってますし。


それが、見てっ♪♪♪

            徳島産にんにく
 
徳島産のにんにくが1ネットで480円!
これは即買いですよぉー、そこの奥さんっ。

一瞬、中〇産かと見間違うほどの安さ。
実際、前回の仕込みの時は値段に負けて中〇産にしてしまったんですけど
(だって国産は1ネットで1400円くらいしてた)
このお値段なら♪や、っすーーーい!


これを早速買い込んで(って、これ、いつの話かしら?相当前の話です。)
皮をむきむき、芯ととりとり、フードプロセッサーでガシガシ。
そしてニンニクの重さの20%の塩を加え、更にひとまわし。
(フードプロフェッサーに入れるときに計量しておきます)

そして熱湯消毒した瓶に空気の入らないように詰めて
冷蔵保存します。
1ネットでボンヌママンの瓶3,5個分くらいでしょうか。
ずいぶん持ちます。

でも、これを使って我が家では
トマトソースを大量に仕込んだり(2500gのトマト缶使用)
今夏はバジルもペーストにしたし
まぁー、結構なくなっちゃうんですよねぇ。。

実は近所で「あそこんち、にんにく屋敷」って評判だったりして(汗)。



スポンサーサイト



[ 2010/11/09 09:48 ] おうちごはん/食材 | TB(-) | CM(6)