FC2ブログ

Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

ハム太と陶芸(17)

今月の陶芸は、日曜日ではなくて祝日の木曜日でした。
   
    2月11日。 2月11日

駐車場に着くと、1台も車が止まっていませんでした。
お天気も悪く、特になにもイベントの無いこの日、全くお客さんはいないのでした。
だって有料公園だものね。
お天気が悪かったら、みんなショッピングセンターとかに行ってしまうのでしょうね。

陶芸教室も本来はお休みの日なのですが
この祝日は「専科」といって、常連さんだけが参加のできる日になっています。
普段は小さな作品しか作れないのですが
「専科」の日は、みなさん大きな作品に挑戦できる!とあって
私たちも先生に「祝日、会社お休みならおいで」と誘われていたのでした。

 ランプいろいろ ランプいろいろ
                
        先生の作品 かぼちゃのランプ

この日の「専科」は、教室に飾ってある、大きなランプを作るというものでしたが
ハム太が、我が家ではランプなんて使わんでしょう、と言い張るので
私たちは違うものを作ることにしました。
3人の仲良しおばさまグループは、かぼちゃのランプに挑戦していました!

ハム太は、また茶道で使う水差しを作ると決めていて
早速、壺のようなものを作り始めていました。
水差しというと、普通はストンとした形をしているみたいですが
ハム太はどこだかで、下のほうが丸っこい形をしているのを見つけたとかで
それを作りたいっ!と前日から言っていました。

ヘラを当てて、下のほうをま~るくしていっています。ハム太作業中

しかし、いつもだったら500gの粘土で作業をしているのに
この日は大きな作品用だからと、1kgの粘土で始めたので
2人とも四苦八苦っ!
ハム太なんて、作りたいものがハッキリしているにも関わらず、
ちぃ~っともうまくいきません。

一方、私はというと、ハム太の作業がこんなに進んでいるのにも関わらず
何を作ったら良いのか、ちっとも思い浮かばずに
写真ばかり撮っていました。
しかし、いつまでもブラブラしているわけにはいきません!
やっとこ土を練り始め…ろくろに乗せて回して…
あー、やっぱり!
作るものが定まっていないので、全然形になりません。

一度ろくろから粘土をおろして、今度は平たく伸ばしていきました。
やっぱり、ろくろより伸ばすほうが簡単だわ。。
そんなことをやっているうちに、ぼちぼちお昼。
先生はおばさまグループと一緒に外へ食べに行ってしまい、
私たちはお弁当持参だったので、お留守番を任されました。

休憩に入る前までには、ここまで作業が進んでいました。

 ハム太途中経過 ハム太の水差し

         私の何か? ぼたん途中経過

ハム太は、これまでにも1度練り直して、またここまで作りました。
私は…大小ふたつのボウルを作って、乾燥中!
一体何になるのでしょう。

さて、お弁当を食べ終わって、誰もいない教室…
なんともまぁ、暇だったもので
2人はまたそそくさと作業に没頭しました。

そして、できあがったのは…


 あれっ?? 大皿

ハム太…すっかり壺の形の気配は微塵もない、大皿に変身っ!
あれから2度もまた練り直し、すっかり集中力を欠いてしまったハム太。
かわいそうに、大皿になってしまいました。
お食事に出る前に「へぇ~、水差し!いいじゃない♪」と褒めちぎって出て行った
先生とおばさま方…
帰ってきたら、壺から大皿になってるもんで、こりゃまたビックリ!(笑)

私はというと、こんなんができました。

 豚のプランター ぶたちゃん♪

乾燥してたときは、もっと深い器だったのに
乾燥を待ちきれずに作業を始めた上、頭の部分が重過ぎて
ぶたちゃんの体、みるみるうちに沈んでいっちゃいましたっ!(シュン)
それでも、浅めの寄せ植えプランターか…
何でしょう、何かの入れ物には使えそうです。(笑)


それから余った粘土でキャンドルフード
キャンドルフードを作ってみました。

そして、最後に色を決めます。
こちらが教室の色見本。 色見本
沢山あって、毎回迷ってしまいます。
ここにある以外にも、秘密の釉薬(笑)を持っている先生。
色についても、相談に乗ってくださいます。

今回はハム太が「素焼きっぽくしたい!」と言うので
そういう風に仕上げてくださるそうです。
ただ、本物の素焼きだと割れやすいので、あくまでも「ぽく」なんだそう。
私もプランターにするなら、素焼きっぽいのが良い!と
ハム太に便乗して「素焼き風」でお願いしておきました。
出来上がりが楽しみです♪



[ 2010/02/19 17:20 ] 陶芸 | TB(-) | CM(2)

カリッコリー

”カリッコリー”ってお野菜、聞いたことありますか??
日曜日にスーパーに行ったら売っていました。

         カリッコリー

こんな尖がったブロッコリーみたいなやつ。
説明文を読むと「カリフラワーとブロッコリーを掛け合わせたもの」だそうで。
だから名前も”カリッコリー”!!!(笑)

実はこれ、ドイツの市場とかではよく見かけた野菜。
最初出くわした時には、度肝を抜かれました。
だってちょっとゴジラみたいじゃありません??
そんでもって名前も”カリッコリー”じゃなかったと思うんですが
一体どんな野菜なのか想像もつかず、一度試してみただけでした。

そんなお野菜に、まさか日本のこんな島国で再会できるなんてっ!
しかも”香川県産”なんですよ。
こんなの作ってるんですねぇ。驚きっ!
懐かしくて、つい買ってしまいましたが
茹でている間、友達にメールを返していたらちょっと茹ですぎてしまいました。
まさしくドイツ的な茹で具合。。(爆)

でも、しばしドイツの市場の風景を思い出させてくれた
ゴジラな野菜に感謝です♪


[ 2010/02/17 12:53 ] おうちごはん/食材 | TB(-) | CM(6)

ハッピーバレンタイン

昨日はバレンタインでしたね。
確かドイツでは男性から女性へ赤いバラを贈る日だったはず。
しかもホワイトデーなんてのも無いから、お返しの心配もなし…(爆)
でも、ここ日本では、お菓子屋さんの陰謀で始まったといわれる
「女性から男性へチョコを贈る」という慣わしが、すっかり定着!
今年もチョコレート売り場に偵察に行きましたが
まー、ほんと、毎年色んなチョコが出てきますねぇ。
お値段もピンからキリまで色々です。

さて、我が家ではバレンタイン当日は外で用事があったので
夕方帰宅してから、おやつタイムにバレンタインプレートを出しました。

こんなの。     バレンタインプレート

抹茶のチーズタルトとガトーショコラの生クリーム添え。
そんな感じのタイトルでしょうか。
とりあえずバレンタインなので、粉砂糖でハートの模様と
生クリームとラズベリージャムでハートの模様を描いてみました。

バレンタインなのでガトーショコラだけでも良かったのですが
ちょっと前に買ったクリームチーズ、封を開けてから残っていて
「この抹茶、お菓子に使ってよぉ~」とハム太に言われていた抹茶があったので
それと合わせてタルトにしてみました。
ガトーショコラは抹茶タルトがあるから作らなくてもいいっか~と思ったんですが
個人的に急に食べたくなってしまったので作ったら失敗っ。
なんか変な焼き上がりでした。
でもまぁ、チョコはチョコなので家で食べるには問題なしっ!(爆)


それから、先日街に出たついでにデパートを覗いて買ってあったチョコレート。
こちらは私が食べたいものを買いました。(爆)
だってぇ、ハム太はどんなチョコでも「美味しい」って言うし。
チョコならなんでも良いもんね。
てなわけで、吟味に吟味を重ね、私が食べたいチョコを選んだ…

んですが。

 へフティのチョコ 塩チョコ

ほんとは、ピエール・マルコリーニとかメゾン・デュ・ショコラとかの
バレンタインの時季にしか売ってない限定ものとかを食べたかった!
あと普段はお目見えしないイギリス皇室ご用達のシャンパントリュフとか…
そういうのを食べたかったのに。
お手ごろ値段のは、もうみんな売り切れで、後はぜ~~んぶ予算オーバー!
シャンパントリュフなんて5000円もしてましたよ。
うきゃ~!

というわけで、庶民派の手の届くチョコを2種類買ってみました。
ハートの箱のはスイスのヘフティ社のチョコ。
箱が可愛いので買いました。
スイスチョコだし。(美味しいはず)
でもねぇ、ここのチョコってば、他に類を見ないほど小粒っ。
そこが気にかかる…

ブルーの箱のほうは、全然聞いたこと無いメーカーだったけど
”塩チョコ”っていうのが気になって
値段も安かったので買ってみました。
最近塩スイーツがすっかり定着してきましたよね。
買ってから家でネットで調べたら、ここ、ゴンチャロフ社のチョコだったみたい。
なーんだ!という感じ。
でも、こちらのチョコは4種類全部別の塩味なんだそうで。
食べ比べが楽しみです。


んで、バレンタインプレートを食べ終えた後、
買ったチョコも食べ比べしたかったんですが…
お昼にてんこ盛りのうどんを食べてしまい、そこの天ぷらが非常に重たかった!!
そんなこんなで、全然お腹も空かず、
チョコなんて別腹っと思いきや、ちっとも食べる気になれずに
写真だけ撮ってまた袋にしまっちゃいました。
今晩食べれるかしら。



[ 2010/02/15 14:45 ] 季節の行事 | TB(-) | CM(4)

ハム太と陶芸(16)

先月の陶芸は、1月17日でした。
冬のイルミネーションイベントも終わり、お花も咲いていないし
なんとも閑散とした公園でした。 

                1月17日

早速教室に行きましたが…
写真を撮るのを忘れましたっ!!!
帰りにハタと気がつき、この1枚だけをカメラに収めて帰ってきた、というわけ。
がっくり~~。

この日のランチは、左手奥にある、白いビニールテントの中でいただきました。
テーブルといすが置いてあって自由に使って良いようになっているのですが
いくらビニールで覆われていようと、隙間風がぴゅうぴゅう!
ものすごい寒さでした…。
サンドウィッチも口に無理やり押し込み、すごい勢いで食べ終えて
寒いけど一応お天気だから公園を散歩してから帰ろうか、なんて言って
公園(ガーデン)のほうに歩いて行ってみたのはいいけれど
ホントに風がすごくって、しかも冷たくて先には進めずに帰りました。

出来上がっていた(年末までの)作品は、ちゃんと持ってかえってきたので
写真を撮り次第、ご紹介したいと思いまーす!
(いつになることやら。。)




[ 2010/02/13 13:31 ] 陶芸 | TB(-) | CM(2)

ハム太と陶芸(15)

久々に陶芸ネタ!
しばらく行ってなかったみたいですが、ちゃーんと行ってました。
時は随分とさかのぼり、去年の12月のお話。

  2009年12月6日 12月6日のことでした。

確かこの日は目覚めが悪く(この日も??)、午前の部には間に合わずに
午後からの教室に行ったんだったと思います。
何を作るのかも決まっていないまま、なんとなく行ったのでした。

んで、出来上がったのはこちら。 桜ミニ小鉢
5つの涙型のミニ小鉢を並べると、桜に見えるというセット。
大きさは本当に小さくて、お醤油さしくらいにしか用途はなさそうですが…
なんとなく春に向けて、こんなのを作ってみました。

そしていつもだったら、ハム太ほほうが早く終わるので(飽きるので??)
私の作業中でも、どんどこ片づけが始まって、私が終わると手を洗うだけ状態なのですが
この日は私、涙型を5つ作っただけで終わりにしてしまったので
片づけが終わってもなお、ハム太は作業に没頭していました。

 ろくろ中のハム太 もう2つもできているのに、まだ作ってる!

出来上がったのはこちら。 ハム太作品

一輪挿しに丁度よさそうな、そんな大きさです。
あの指の太さで、よくぞこの口を作れたぞなもし、という出来栄え! 
でもさぁ。。
やっぱり収納に困るようなものを沢山作るのよね、ハム太って。。!!


ハム太の作業も終わり、片付けも済んだので帰ろうとしたら…
先生に「お茶飲んできなさい~」と言われ、断るに断れなかったので(爆)
いただくことにしました。
色々と陶芸の本や雑誌を見せていただいたりして、今後の参考になりました♪
そして、この日は公園内では冬のイベント開催中で
4時半からピザ作り体験ができるから、それに行ったらいいじゃない!ということで
4時半までおしゃべり、おしゃべり。。。

4時半近くになったので外へ出ると、そこにはもう夕暮れが迫っていました。

   シャボン玉 大きなシャボン玉も飛んでいて

              沢山のシャボン玉 みんな大はしゃぎ!

 イルミネーションも目立ってきました♪ 夕暮れ

===============================================================

ピザの体験場に行くと整理券を配っていて、
私たちは滑り込みセーフの最後から2番目でした!
ふ~、あぶない、あぶない。

ピザは生地がむできていて、それを各自で薄く伸ばしたものに
用意されたトッピングをのっけて、そこへたっぷりチーズを載せてもらい
外の専用窯で焼いてもらう、というもの。
これで1枚400円です。
親子連れには楽しい企画ですよね~♪

ピザ体験 これが私たちのピザ。
言うまでも無く、手前の綺麗な円のが私ので、奥のガタガタのがハム太のです(笑)。

この上にピザチーズをこれでもかってほど乗っけられ、
外のピザ専用窯で焼いてもらいます。
焼けるのに15分ほどかかると言われ、待っていたのですが
いつの間にやら日もとっぷり暮れて、寒いったらありゃしませんでした。

 ピザの窯。 ピザ窯

そうこうするうちに番号を呼ばれ、あっつあつのピザが出てきました~♪♪

  ハム太ピザ Kno:ピザ

光の加減でちょっとわかりにくいですが…
ガタガタピザのほうは、薄いところが真っ黒にこげちゃったりしてました。
私のほうは、満遍なく同じ厚みで良かったのですが
パリパリ感はあんまりなかったかなぁ。。
ガタガタピザの焦げてない薄い部分のほうが美味しかったですぅ。

  メリークリスマス!

すっかりぬくぬく満腹になった2人。
イルミネーションも堪能して、やっとこ家路に着きました。


[ 2010/02/09 14:49 ] 陶芸 | TB(-) | CM(6)