Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハム太と陶芸(8)

先週の日曜日、1ヶ月ぶりくらいに陶芸へ出かけてきました。
前回の作品、まだ出来上がっていないかな?と思っていたのに
ちゃ~んと出来上がっていましたっ♪
家に帰ってから、早速、ガラスの花瓶から自作の花瓶に、お花を生け換えました。

               早速、桃を生けてみました

想像していた通りの大きさに仕上がってくれたので
とっても使いやすいっ。
そーなの、そーなの、こんな大きさが欲しかったのよ~!と独り言も多くなります。

 花瓶2種  ソラマメ型のほうは、まだ未使用でございます。

それと、最後に余った粘土で作ってみた皿と箸置き。 余り粘土のお皿と箸置き

お皿を作るのに、ただ伸ばして縁を立てるだけってのもナンだなぁ~と思って
模様をリバーシブル(笑)にしてみました。
もちろん、お皿ですから裏返しては使いませんけどね。。

          表面       裏面


それから、ハム太の作品っ!  ハム太の作品

問題視されていた、取っ手付きの花瓶ですが…


 ハム太の花瓶…? 入れてみたら、リモコンがピッタリ♪♪

こりゃ、リモコン立ての使うべか??とも思ったのですが
ちょうど菜の花を沢山いただいて、私の縦型花瓶だけにはとても入りきらなかったので
この取っ手付き花瓶も、急遽(?)花瓶として出動することと相成りました。

そして、手前の2つの器。。
作った時には「また、そんなイビツなっ!!」と思ったのに
出来上がると、やっぱりなんだかいい感じ。
計算されていない偶然の美ってことでしょうか!?(爆)
この器、両手の平をお椀のようにすると、ちょうどスッポリ入る大きさで
手の納まりがとってもいい!
私たち2人ともお茶をグビグビグビグビすんごい飲むので
大き目のお湯飲み茶碗でないと、何回も淹れなきゃならないのが面倒だったところ。
それが、この器はその点もすっかりカバーしているから
今、我が家の数ある湯飲み茶碗の中で、人気ナンバーワンの地位になっています。


============


んでもって、この日の作品は??

 ドレッシング入れ 小鉢   ハム太の作品

やっと、今年の陶芸目標”ろくろに慣れる”に一歩近づきました。。
前回は一切ろくろに触らなかったことを反省し、今回は2作品ともろくろ作品。
初めの頃に作った「片口の器」のリベンジも兼ねてドレッシング入れと
あとはただ単に練習のために小鉢をひとつ、作ってみました。
ハム太はお茶碗をふたつ作ったようです。(笑)
あー、また来月が楽しみです。


茶道部~茶わん~
スポンサーサイト
[ 2009/02/27 19:14 ] 陶芸 | TB(-) | CM(8)

アートな日々・最終日

さて、短かったようで長かった、長かったようで短かった”アートな日々”。
とうとう最終日、すなわちSちゃんが東京へ帰る日になってしまいました。

最終日は、飛行機の時間があるので、あまり遠出もできないし
それになにより、もう観光名所は行きつくしてしまったので(たぶん)
どこにも行くアテがないっ!(爆)

そーいうわけで、帰る前に、もういっちょ”うどん食べ歩き”を敢行っ。

朝一で出かけたところは、私もはじめて行く”さか枝”さん。

結構都心(市役所とか保健所とかがある辺り)にあるのにさか枝
セルフ度の高いお店。

まず、うどんの玉を小とか大とか注文します。
そうすっと、3秒くらいでどんぶりに入って出てきます。
だけどこの麺は温かくないので、その場(おじさんが立ってるところ)の湯切りカゴに麺を入れ
お湯の中で泳がせます。 (これが、素人にはどれくらいやっていのかわからず、緊張する!)
店のお兄さんが「もういいよー」と言うので、湯切りしてどんぶりに麺を戻し
この写真手前の、でっかいタンクみたいなところの蛇口をひねって出汁を掛け、
写真左にある黄色い箱の乗った台に進み、そこで薬味を掛けます。

できあがったのは、こんなうどん。さか枝のうどん
なんだか自分で作った”myうどん”みたいな感じがして、愛着が湧きますねぇ。

そして、気になるお味はっ??

        美味しいぃ~♪♪


こりゃ、美味しい!
Sちゃんと新しい美味しい店を発見してしまいました。
(ガイドブックに載ってたので行ったんで、有名なお店なんですけどね。)
ここはまた行きたいお店の1つになりました。


朝ごはんを家で食べず、朝ごはんのかわりにうどんを平らげた私たち。。
(これで立派な讃岐人です!?)
その足で向かったのは高松市立美術館
今回”アートな旅”ということで、アートなものを探してたんですが
時間的・距離的に行かれる美術館がここしか見つかりませんでした。。
だけど、ちょうどこの時は讃岐漆器などの工芸品を展示していたので
Sちゃんに、香川県の伝統のものを見てもらうのによかったかと思います。

でも、ものすっごい小さなスペースだったので、すぐに見終わってしまい
しかも他にお客さんもおらず、ぽかぽかしてきてお腹も満腹。
すっかり目が半目になって、うっかりソファで寝てしまいそうになりました。

いかん、いかん。




いかん、ということで、Sちゃんリクエストのうどん屋”池上製麺所”へ。
私は3度目か?
前に行った時は真夏だったので、夏休みの人も多かったのでしょう、
しかもこの日は、今にも雨が降り出しそうだったので前ほどは混んでいませんでした。

るみばあちゃんも、以前と変わらず元気いっぱい。るみばあちゃん


              るみばぁちゃんのうどん

そして、まだ満腹だというのに、「ちくわ天が食べたい!」というSちゃんにつられて
私までカボチャ天を乗っけてしまいました。。

く、く、くるじぃ~!!!

しかも、こういう状況の時って、必ずといっていい程いつもハム太が隣にいたので
もう食べれなかったら、ハム太のどんぶりにヒョイっと投げ入れるか
「もぉ無理っ」とどんぶりごと渡して食べてもらっていたのに
この日は…ハム太…会社じゃんー!!

ぐ、ぐ、ぐるじぃ~~~!!!


無理矢理くちに詰め込んで、しばらくリスのようになっていました。
ふぅ~!!
やっと飲み込み、車に向かおうとしたら…

降ってきましたよ、雨!
んまー!帰るって時にまたしても雨だなんて。
ほんと、大事な外での観光の時には良いお天気に恵まれて、
やっぱり自称晴れ女なだけあるわ、Sちゃん。


それから、池上製麺所から空港はすぐなんですが
飛行機の時間までにはまだ、だいぶある。。

うーん、うーん・・・

どこ行こう??



ナビで何か検索しても…
道の駅とかしか引っかからず。
でもまっすぐ空港へ向かうよりはマシかと、近くの道の駅へ。

そこでは運良く産直もやっていたので、
どれを見ても安くて安全な野菜や果物にSちゃんも大喜び♪
すでにパンパンな荷物が車に乗っているのに
お母さんが食べたがっていたからと、大きな文旦を3つも買っていましたよ!(笑)

お買い物を終えても、まだ時間が有り余っている!!
道の駅のおばさんに、このあたりでちょっと見るような所はないかと聞いたけど
「さぁねぇ。。。無いわねぇ。。。」
とのお返事。

この道の駅、温泉も併設していたので
温泉、入っちゃう??とも思ったけれども、着替えもメイクもなぁ~~んにも持ってないので
私はパス! (元々温泉好きでないしー)
外で待ってるからSちゃん、入ってきていいよ~、と言ったけど
やっぱ、それも入りづらいものがあるしねぇ。。
ごめんよ、Sちゃん。


何も無いまま、車に乗り込んだはいいものの、すっかり雨も本降り。
空港手前にある、なんとかファームみたいなところも寄ってみたものの
どーにもこーにも閑散としていて、何もすることがない。
体験教室とかも、予約しないとダメだったみたいで何もなし。

あーあー、と思ったけど、この先にあるのは空港とグラススキー場のみ。
この雨じゃグラススキーなんて、とっても無理だしね。
結局、空港に行き着いてしまいました。

それから2時間弱、荷物整理とチェックインと最終お土産見物を終えても
まだ時間はありましたが、ソファに座って、延々としゃべりまくっていたのでした。
せっかく遠路はるばる来てくれたのに
最後の最後は空港で時間を潰すことになるなんて…

ホント、ごめんよ…


次までに、もうちょっと香川の観光名所、勉強しておくね。(きっと)
それから、もっと遠くまで車で行かれるように頑張ります。(たぶん)
だから、これに懲りずにまた来てねー!!(絶対♪)


それにしても・・・Sちゃんが来る前は
”何話そう~♪ でも4泊もあるんだからさ、もしかして話題が尽きちゃうかもしれない??”
なーんて思っていたのに、
不思議なことに、体はクタクタでも、口は動くんですねぇ。
まだしゃべり足りないようです。(爆)




これにて、”アートな日々”の終了です。
普段行きたかったけど行けなかった所にも沢山行けて、楽しい毎日でした。
そろそろ1ヶ月経っちゃうなんて、信じられないー!







飛行機

[ 2009/02/21 16:48 ] 外食 | TB(-) | CM(4)

アートな日々・4日目

前日、日帰りで海を渡って一日中歩いたにも関わらず、
4日目に出かけたところは…

こちらも、もうだいぶお馴染みになってきました、
こんぴらさんでございます。

           こんぴら本宮

お正月に行ったばかりだというのに、ひと月そこそこでまた登ることになるとは!!
「下の茶屋で待ってるから登ってきていいよぉ♪」と行ってみたのですけど
やっぱり、それは叶わぬ希望でした。(笑)

本宮でおまいりを済ませると
なにやら、厳かな雰囲気が漂ってきました。

ふと見ると・・・

船乗りさんたちがぞーろぞろ。 船乗りさんたち
どうやらお祓いに来ていたようです。

そう、こんぴらさんてば、前々から不思議に思っていたけど
山の上の上の上にあるっていうのに、海を祀っているんですよね。
ほら、だから、こんなのも飾って(?)あります。大漁旗

あの船乗りさんたちは、きっとまた長い間、船の上で生活するのでしょう。
船の上での安全を祈願しにいらしてたんですね!


それにしても、こんぴらさんの瓦…金マークの瓦 お金が貯まりそうっ!(爆)


それから、もう下山しよう~と、何も考えずに途中まで降りていったのですが、
そ、そうだ!
せっかく、はるばる東京から来て、しかもお天気もいいし
もっと上の奥の院まで行こうって話てたんだった…
すっかり忘れてたぁ!

しかも、ここからがこれ以上にキツイのに、もうすでに降りてきてるし。。

その言葉を飲み込んで、ワタクシ、Sちゃんにちゃんと報告し、
ふー!
そこから、また本宮まで戻り、さらに奥の院まで登ってきました。(疲)


 こんぴらうどん    灸まんセット

膝をガクガクさせながら下山し、
これまたお決まりの”こんぴらうどん”で遅めの昼食をとり、
その足で”灸まん茶屋”で、これもお決まりの”灸まんセット(200円)”をいただきました。

==========

連日のおでかけと前日の直島、そしてこんぴらでの登山で、もうグッタリ。。
睡眠不足と疲れで、帰りの車の運転はホント代わってもらいたいっ!と思いました。
Sちゃんめー!
免許持ってないなんてぇ~!!

でも、ただ助手席に乗っているだけだって、車移動って疲れますよね。。
(我が家からこんぴらまでは下道で1時間半くらいかかります)
一応運転しなければいけない私は半目になれず、4分の3目くらいで踏ん張りましたが
Sちゃんは横目で見た限り、2回はカクンってなってましたよ。(笑)

それでもなんとか夕方前に、高松市まで戻ってくることができたので
こちらにも寄ってみました。




Read More

[ 2009/02/20 15:25 ] ちょっとおでかけ | TB(-) | CM(6)

アートな日々・3日目③

お次は家プロジェクト
家プロジェクトとは…
直島・本村地区において古い家屋を改修し、
アーティストが家の空間そのものを作品化したプロジェクトです。
ここでは、それぞれの建物、ひいてはそこで営まれていた生活や
日本の伝統、美意識に対峙した空間がアーティストによって形づくられ、
永久展示・公開されています。

と、もらった観賞チケットに書いてあります。

というわけで、ここにあるとおり
とある地区の家々を訪ねる、というアートなのです。

通常、観賞できるのは6軒のおうち。
”きんざ”という家だけは、予約が必要なんだそうです。

地図つきの観賞チケットをもらって、いざ出発!

こんな町並みの本村地区。 落ち着く町並み
やっぱり日本家屋っていいなぁ~!
あー、落ち着くわ。。

こんな町並みをてくてく歩きながら、
”アート”の家を目指していきます。

       ”南寺”入り口  ”はいしゃ”  ”護王神社”

内部はもちろん、撮影禁止。

そして、各々のおうちには、”近所のおっちゃん”みたいな雰囲気のオジサン達が
誘導とか説明とかしてくれます。
それがまた、ゆる~い感じでいいねぇ。
東京じゃ、まずないです。(笑)

でも、”アート”な家より、こういうおばあちゃんの後姿とかおばあちゃん2人

 のんびりネコ はためく暖簾の下でアクビするネコとか

そういうほうが見ていて楽しい、というか
ほんわかする、というか
いいなぁ~と思ってしまうのです。

もちろん、素晴らしいアーティストの方々の作品ですから
とっても素晴らしいことは間違いありませんけれども。


そんなこんなで、”アートな島、直島”でのアートに触れて
さて、帰ろうか…と思ったけども、
フェリーの時間がっ!!
あと2時間もあるよぉ~。。



Read More

[ 2009/02/19 18:26 ] ちょっとおでかけ | TB(-) | CM(2)

アートな日々・3日目②


次に訪れたのは地中美術館。 地中美術館

こちらも安藤忠雄さんの設計による建物。
中の作品はもちろん、建物自体も撮影禁止とのことで・・・(シュン)
あぁ、だけども、この建築は素晴らしかった!
三角形の建物になっているんですけど(三角屋根ではなくて、上から見て三角)
それがまた、三角だからって変わった威圧感とかがなくて
「こんな家に住んでみたいなぁ~」っと思えるような建物。
さすが世界的に有名な安藤忠雄さんです!

でも中のアートには、待ち時間とかがあって(8人までしか中に入れません、とか)
これ、このお客さんの数だからまだいいけど、混む時期はどうなってるの??と
余計なことを心配してしまうのでありました。




つづく (短いっ!?)

sai.palette
[ 2009/02/18 21:05 ] ちょっとおでかけ | TB(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。