FC2ブログ

Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

行き当たりばっ旅。④

からくり時計を満喫し、今度は高知城へ向かいました。
(あ、ガイドブックによると、あの「はりまや橋」の二人の悲恋は、よさこい音頭に歌われているそうです。
そして今や、縁結びの橋として有名みたいですよー。)

    高知城
こちらが高知城。
全国に12しか存在しない旧天守閣のひとつだそうです。
残念ながら時間が過ぎてしまって、中は見学できませんでした。

 国宝?高知城 重要文化財・高知城!

知ってました??高知城って国宝・・・だったんですって。
今では国の重要文化財。それだって凄いもんです。

その他、敷地内にはいろんな像が建てられておりました。
  
 一豊像  千代像

 ↑
いつだかの大河ドラマでおなじみ、山内ご夫妻。


よく見えない??板垣退助
こちらは板垣退助さんです。


高知市内は、路面電車が走っていました。
昭和の香りのする路面電車でしたよ~。
こんな行き先もありました!!
ごめん行き路面電車
ごめん行き。
ぷくくく、おっかし~い!
御免町っていうのがあるらしい。


それはともかく、おなかがすいてきましたね。
今夜はどこで何食べよう?
そこは「行き当たりばっ旅」ですから決めちゃあいません。
でも高知城へ行ったら、ホントにすぐ近くに「ひろめ市場」なるものを発見。
               市場

ほんとはその前に通りかかったちょっと高級そうな高知料理のお店、目つけてたんだけどなぁ。。
でもね、この市場、いつだったか高知の特集してる番組でみたことがあって
地元の人が行く場所として紹介していた所。
ここも行きたかったんですよね、実は。(笑)

地元の人が 行くって言ってるだけあって、ほんと、市場内は超満員!
中は色んなお店がひしめき合っていて、その真ん中とか通路にテーブルと椅子が用意されてて
自分で好きなトコの料理を買ってきて勝手に食べるシステム。
ドイツのオクトーバーフェスト(あれは好きに買ってこれないけどー)とか
ビアガルテンを思い出しちゃいました。
それほど活気があってわいわいしている雰囲気でした。

さぁ、みなさんお待ちかねの高知グルメでーす。

RIMG1717.jpg RIMG1718.jpg
 
RIMG1719.jpg
この辺りでは「白魚」を、なんとかって三文字の名前で呼んでました。何だっけ~?メモったのに…。
3枚目の写真の魚はなんと「うつぼ」。
あんなヘンテコな魚を食べるなんて、食べるなんてー!!

そして忘れちゃいけない!
高知といえば??
そう、みっきーのお待ちかねかつお♪♪
これはね、RIMG1720.jpg
尻尾のほうばっかり入ってる余りものだったんだけど
こんなに入っててたったの180円ポッキリだったんだって♪
あと30円まけてくれても良いのにぃ。(鬼客?)

そんでもってこれが!!RIMG1721.jpg
とーっても美味しかった「かつおの塩たたき」。
普通「かつおのたたき」ってポン酢みたいなもので食べるのに
ここでは塩のみ。
しかも藁であぶったかつおですよ~!
それの仕上げにパラパラッと塩を振り掛けるだけ。
でも、これがものすごぉ~っく美味しかったんです。
すごーっく身も分厚くって、とっても食べ応えのある一皿で大満足♪
でもねぇ、お値段がたった5切れで1200えん・・・ひーん。
これはでも食べて損はありません。
高知に行ったら「かつお塩たたき」を忘れてはいけませんよー!


それにしても、ここで向かいに座ってきた二人連れの人たちは面白かった!
40代くらいの女性と30さいの男性の謎の二人組み。
お互いにお酒が入っていたので、途中からナゼだか一緒に盛り上がっていて
一応新婚旅行な私たちが行き当たりばっ旅なのを説教されたり(笑)
おつまみ買ってくれたり
高知の日本酒すすめてくれたり
今後の旅のルートを考えてくれたり
途中で真珠が有名なとこあるから、絶対買ってもらいなさいって言ってくれたり(笑)

私もオットセイも、その場では何も言わなかったけど
この女性がとある知り合いにそっくりで、
お二人と別れてから「似てたよねー・・・」って大爆笑!

こんな変な出会いのあった、不思議な高知でした。


そして、夜は更けて…
もちろん「行き当たりばっ旅」なので、GWといえども宿なんて予約してません。
実は昼間に観光案内所を2箇所巡ってはみたものの、もうどこもいっぱい。
当たり前ですよ、GWなんですから。
でも四国なんて大丈夫さ~っと思っていたとこもあり。)

それで、なんと今夜の宿泊は??
マンガ喫茶にけって~い。

人生初の新婚旅行にマンガ喫茶泊だなんて
きっと世の中探しても私たちだけのような気がします・・・(涙)
それにマンガ喫茶泊事態が初めてで、とっても怖かった~☆☆
絶対寝ないぞ、と決めかかり、読みたかったマンガを読んで読んで・・・
う~ん、眠い・・・

もうダメだ・・・
おやすみなさ~い。。




つづく

zoomzoom003



スポンサーサイト



[ 2008/05/09 15:57 ] 旅のお話 | TB(-) | CM(2)

行き当たりばっ旅。③

さて、闘犬見学で一汗(?)かいた後、
高知といえば!
桂浜といえば!!のこの方に会いに行きました。
              ↓
 銅像・後姿
あら、後姿でした~。
どなたかわかりますか??

正解は・・・

そーです、この方こそ!坂本龍馬
・・・え!!
私のお団子頭のがハッキリ写ってますー!!
だってね、この時は運悪く逆光で・・・12枚も撮ったのにぜんぜん顔が写らなかったんですよー
後姿はあんなに素敵に撮れたのに。
それで、自分たちも入って記念撮影してて、その中でもいちばん顔がハッキリ写ってるのがこの写真。
わかりましたぁ~??
坂本龍馬さん、でした。


これで桂浜を後にし、
また車に乗って今度は高知市内へ向かいました。


よくわからないけど観光スポット??の「はりまや橋」に到着~。
とりあえず、パチリ。
 RIMG1688.jpg
なんだか夫婦のような、恋人同士のようなふたりの像に赤い橋・・・
きっとこの橋、この二人にまつわる悲恋のお話があるんだわー
それとも、この橋を二人で渡ると幸せになるとか??
きっとそうだわぁー
・・・と勝手に思い込み、とりあえず渡ってみました。

が、橋のたもとに「江戸期はりまや橋の由来」たるものを発見。
なになに?
 藩政時代、堀で隔てられていた豪商播磨屋と富商櫃屋が互いの往来のために架けた私橋が後に「はりまや橋」と呼ばれるようになります。当時は簡素な木造りの橋でした。うんぬんかんぬん。
えー!!
じゃあ、この二人は何なのー!?
なんにも関係ない・・・??がっくり。

ま、こんなもんかと立ち去ろうとしたとき
お孫さんを連れた一人のおじいさんに声をかけられました。
あと10ほどで向かいのビルのからくり時計が動く時間じゃよ。
  高知の名物ばっか見れる時計じゃけー、見て行きんさいな。
  (注:方言はよく覚えてないので、私の中で勝手に変化してます。)


そして10分後・・・
からくり時計 → からくり時計 
 
 
RIMG1697.jpg → RIMG1698.jpg


RIMG1699.jpg → RIMG1700.jpg


最初はただの四角い時計だったのに、上に高知城が現れて下によさこい祭りの踊っている人が現れて・・・
その後は左に桂浜と坂本龍馬、右にはりまや橋と例のふたり(一人ずつ登場!)が順番に出てきて
たしかに高知の有名どころは全て押さえている時計でした。
おじいちゃん、ありがとー!

そして常日頃「動画の撮り方、わかんないー」状態だった私が動画にチャレンジ!
帰ってきて見てみたら、ちゃんと写ってる~♪
この時計、よさこい祭りの音楽に合わせてるので、その楽しい雰囲気を味わってもらおうと
初・動画アップを試みたのですが、できませんでしたぁ~!
どうやんでしょね?動画アップ。
それと、動画撮れてたは良いんだけど、向きが横向き!!
これも直したいのに、どーにもできない。
師匠~!たすけてー!!



つづく

zoomzoom003





[ 2008/05/09 14:48 ] 旅のお話 | TB(-) | CM(0)