FC2ブログ

Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。
月別アーカイブ  [ 2008年03月 ] 

道後温泉~前編~

これまた先週の水曜日の話ですが(我がオットセイは水曜日曜定休なのです)
急に思い立って道後温泉へ行ってきました。
道後温泉とは、言わずと知れた「小説・坊ちゃんの舞台」として有名な温泉地。
伊予柑で有名な愛媛県にあります。

そうっ、引っ越して以来初の県外脱出!
ちょっとしたプチ旅行です♪

こちらが「道後温泉」。RIMG0244.jpg
駐車場からの眺めです。
この建物、「千と千尋の神隠し」の「油屋」のモデルになったのではないかと言われているそうで
そう言われてみれば似てるんですが、建物の中にも映画の名場面をファイルしてあるバインダーなんかも置いてありました。


「道後温泉」の前はちょっとした広場になっていて
夏目漱石さんや・・・RIMG0252.jpg


「坊ちゃん」の出演者のみなさんがRIMG0255.jpg
勢ぞろいされておりましたよ!

反対側にはこんな碑も建てられてありました。RIMG0245.jpg



       RIMG0250.jpg
入り口はこちら。
明治27年(1894年)に建築された木造三層楼の浴場で、国の重要文化財になっているそうです。

入浴コースは全部で4つ。
①神の湯階下 神の湯入浴のみ
          400円
          6:00~23:00

②神の湯二階席 神の湯・神の湯休憩室利用
           (貸し浴衣・お茶・せんべいのサービスあり)
           800円
           6:00~22:00

③霊の湯二階席 霊の湯・神の湯の入浴、霊の湯休憩室利用+又神殿見学。
           (貸し浴衣・石鹸付きタオル・お茶・せんべいのサービス)
           1200円
           6:00~22:00

④霊の湯三階席個室 霊の湯・神の湯の入浴。個室利用+又神殿見学。
              (白鷺模様の貸し浴衣・石鹸付き貸しタオル・お茶・坊ちゃん団子のサービス)
              1500円
              6:00~22:00


せっかくはるばる他県から来たので④を試してみることにしました。
入場料を払うと切符を渡され、それぞれの階へ誘導してくれます。
わたしたちは3階の個室だったのですが
さすが古い建物!
途中の階段がものすごい狭くて、まるで屋根裏へ行く秘密の階段のようでした。
お部屋は6畳だったかな??RIMG0266.jpg小ぢんまりとしたお部屋でした。
それから浴衣に着替えて呼び鈴押すとお迎えにきてくれて、温泉までまた誘導してくれます。

温泉は「霊の湯」と書いて「たまのゆ」。
男女別の浴場になっております。
入っていくと、ちょうど3人組の若い女性が温泉から上がって着替えているところでした。
温泉への扉の向こう側にはどなたかいらっしゃるようで
でも脱衣所がとても狭いので、この3人組の方が着替え終わるまでソファに座って待っていることにしました。
そうこうすると温泉に入ってらした女性も出ていらして、いよいよ私が中へ入ると・・・

♪誰もいなーい♪♪


わーい、思わぬ「温泉貸切」にご満悦。
しっかり洗って、思う存分出たり入ったり、大きなお風呂を楽しみました。


さて④のコースは「霊の湯」だけでなく「神の湯」も入浴可とのことでしたが
「神の湯」はさて、どこにあるんだか??
たぶん階下なのでしょう、またあの狭い階段を登るのが大変なので
今回は「霊の湯」だけ堪能することにしました。(貸切だし♪)


お風呂を出て部屋へ戻ると・・・
RIMG0268.jpg
お茶と坊ちゃん団子が運ばれてまいりましたよー!
実においしいお茶でございました。
お団子も柔らかくてほんとにおいしかった!


そして、この階にはこんな部屋が!!






Read More

スポンサーサイト



[ 2008/03/22 15:23 ] ちょっとおでかけ | TB(-) | CM(4)