Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

実は今、TOKYOにいます。

実は今、TOKYOの実家に帰ってきてます。
先週の日曜日、母方の伯父の33回忌と祖父の32回忌(!普通は33回忌でやるんですけどね、もう年数が年数なので!)の合同法要があったので、それに合わせて帰ってきました。
(2人とも私が生まれる前に亡くなったので、当然のことながら「思い出に浸る」なんてことはなかったのですが、伯父の友人が何人も来ていて思い出を語り、祖父の甥だというおじさんが祖父の思い出を語り、とっても良い法事でした。)

そういうわけで新婚1ヶ月にして、もう里帰り中です(笑)

このあたりにTOKYOに戻ることは前々からわかっていたのですが、
なんとなく「法事の何日前から帰ろうかなー?帰りはいつにしよう??」
なんて考えてたら日々はあっという間に過ぎてしまい、
結局チケット買ったのが数週間前でした。

四国村へ行く前に会えなかった友達とも会いたいし、
もちろん仲良しさんとも会う予定はバッチリ約束してあるし
ドイツから丁度TOKYOに里帰りなさるって情報をいただいたりして
少しずつ少しずつ日数は伸びていきました。。
最終的には2週間のTOKYO滞在!
オットセイの会社では「新婚早々2週間も実家に帰るなんて異常やで~!笑」と話題になっているそうです。

そうでしょうか??

だって、本当にこの2週間、めまぐるしく忙しいんですよ!
TOKYOに来てからというもの、香川での睡眠時間の半分以下なんですもの!
寝不足です。
なんてTOKYOって忙しいのかしら。。(笑)

こんなに忙しいのにまだ足りないくらいなのに「異常」だなんて!
まったくもぅ~。わかってないんだから(笑)。

んで、おそらくこうなるだろうことを予想して
四国村にいる間に、なるたけ沢山の記事を書き貯めしておこうっ!と思ったのに
書けたのはたったの2つ・・・。
「道後温泉~前編~」と「道後温泉~中編~」だけでした。
その二つを初めての予約投稿をして、ちょうど予約投稿されているころにTOKYOに降り立ったんでした。
なのでお返事遅くなってしまいました、ごめんなさい~!



   RIMG0358.jpgこれが割れてしまったマドラーです。道後唯一のお土産だったのに。


次の記事「道後温泉~後編~」、書こうと思っているのですが
TOKYOにいるうちは無理かもしれません☆
今までも今までだったので「またか!」と思われているそこの皆さんっ!!
・・・も、も、申し訳ないです。
でも、ほら、3月の記事、今までの最高新記録でしかもなんて初の二桁、10回も書いたんですよぉー!
あ、これもアップしたら11ですね♪♪
アッパレじゃー!ということで許してください・・・(笑)


それでは、また会う日まで・・・
忘れないでくださいねー!!!
スポンサーサイト
[ 2008/03/25 00:57 ] お知らせ | TB(-) | CM(4)

道後温泉~中編~

「道後温泉」を出た私たち。
お散歩日和のとっても良いお天気だったので
徒歩で近場を散策することにしました。
んで、まだまだ続きそうになったので
~後編~ではなく~中編~にしました。


「道後温泉」の入り口の向かいから、アーケードつきの商店街が延びていました。
お店が沢山並んでるなら、きっと面白いものもあるに違いない!
そう睨んだので、迷わず商店街へ。
いきなりとーっても良い匂いがしてきて・・・おせんべ屋さんに吸い寄せられて・・・
食べちゃいましたっ。
他にも坊ちゃん団子屋さんに和菓子やさんに酒屋さん、伊予柑やら文旦やら季節の柑橘類を山積みにしたお店、お土産屋さんも沢山ありました♪

ふと、とある閉まったシャッターを見ると、どこかのパンフレットが備え付けられていました。
大体こういうのは割引券が付いてるもんよね、でも大体もらっても行かないで終わっちゃうんだわー
なんて思いながら見てみたら、それは「道後ぎやまんの庭」というチケット。

ぎやまん??

チケットをよく見ると「庭園の中のぎやまんガラスミュージアム」となっています。
あぁ、ぎやまんってガラスのことかぁ。

ガラス!といえば我がオットセイ、大阪にいた頃は「天満切子」なんてガラスに切子細工をするなんて趣味を持ってましたから、
早速ふたりして地図を片手にガラスミュージアムへ向かいました!

館内は3階建てになっていて、江戸時代のものから明治・大正まで焼く300点のガラスが展示されていました。
まだガラスの技術が乏しかった頃のガラス製品から、どんどん技術が進歩していく様、
それから今では見たことのないレトロなデザインや色使いなど、どれも可愛くて欲しくなっちゃいました。
残念ながら写真撮影は禁止だったので、ご想像でお楽しみください♪

美術館を出て、庭へ出ると・・・
    RIMG0280.jpg
こーんな素敵なお庭がありました。
さすが庭をウリにしているだけあるぅ~!

ここの屋根の下はカフェになっていて、美術館とは別の入り口もあるので「ぎやまんカフェ」だけの利用もできるようです。
       カフェの手前はガラスショップ。RIMG0281.jpg
ここが入り口ですが、この木、よぉく見てください!
クリスタルでできた木なんですって!!
うーん、写真じゃあんまりよくわからないですね☆でもこの日のようにピッカピカのお天気の日は、このクリスタルがキラキラしてホントに綺麗でした。
RIMG0283.jpg RIMG0285.jpg RIMG0290.jpg 
 
 わかるかなぁ・・・??



ショップで売っているガラスも素敵なものばかりで
あれもこれも欲しくなってしまいましたが
うちになくて欲しかったもので手ごろなお値段だった、ガラスのマドラーを1本買いました。
家に着くまで割れないか心配だったのですが、ちゃんと梱包してくれて
安心してもって帰ることができました♪

お土産も買ってルンルンになったので、お隣のカフェへ。
明るくて開放的な素敵なカフェです。
ランプシェードなんかもガラスでできていて、さすが!という感じ♪
私はイチゴのタルトとアイスティ。オットセイはデザートセットといよかんジュースを注文RIMG0286.jpgこのまま夜までボーっとしていたいくらい居心地が良くて
                                    気持ちの良いカフェでした♪



ショップの入り口を外から見た様子RIMG0288.jpg




カフェを出ると・・・・


RIMG0291.jpgこんな素敵なガラスのトンネル!!


ガラスの世界と現実世界を結ぶトンネルのよう。RIMG0293.jpgガラスアップの図



ガラスのキラキラ世界から抜け出した私たち。
また「温泉地・道後」に戻ってきましたよ。

Read More

[ 2008/03/23 19:56 ] ちょっとおでかけ | TB(-) | CM(0)

道後温泉~前編~

これまた先週の水曜日の話ですが(我がオットセイは水曜日曜定休なのです)
急に思い立って道後温泉へ行ってきました。
道後温泉とは、言わずと知れた「小説・坊ちゃんの舞台」として有名な温泉地。
伊予柑で有名な愛媛県にあります。

そうっ、引っ越して以来初の県外脱出!
ちょっとしたプチ旅行です♪

こちらが「道後温泉」。RIMG0244.jpg
駐車場からの眺めです。
この建物、「千と千尋の神隠し」の「油屋」のモデルになったのではないかと言われているそうで
そう言われてみれば似てるんですが、建物の中にも映画の名場面をファイルしてあるバインダーなんかも置いてありました。


「道後温泉」の前はちょっとした広場になっていて
夏目漱石さんや・・・RIMG0252.jpg


「坊ちゃん」の出演者のみなさんがRIMG0255.jpg
勢ぞろいされておりましたよ!

反対側にはこんな碑も建てられてありました。RIMG0245.jpg



       RIMG0250.jpg
入り口はこちら。
明治27年(1894年)に建築された木造三層楼の浴場で、国の重要文化財になっているそうです。

入浴コースは全部で4つ。
①神の湯階下 神の湯入浴のみ
          400円
          6:00~23:00

②神の湯二階席 神の湯・神の湯休憩室利用
           (貸し浴衣・お茶・せんべいのサービスあり)
           800円
           6:00~22:00

③霊の湯二階席 霊の湯・神の湯の入浴、霊の湯休憩室利用+又神殿見学。
           (貸し浴衣・石鹸付きタオル・お茶・せんべいのサービス)
           1200円
           6:00~22:00

④霊の湯三階席個室 霊の湯・神の湯の入浴。個室利用+又神殿見学。
              (白鷺模様の貸し浴衣・石鹸付き貸しタオル・お茶・坊ちゃん団子のサービス)
              1500円
              6:00~22:00


せっかくはるばる他県から来たので④を試してみることにしました。
入場料を払うと切符を渡され、それぞれの階へ誘導してくれます。
わたしたちは3階の個室だったのですが
さすが古い建物!
途中の階段がものすごい狭くて、まるで屋根裏へ行く秘密の階段のようでした。
お部屋は6畳だったかな??RIMG0266.jpg小ぢんまりとしたお部屋でした。
それから浴衣に着替えて呼び鈴押すとお迎えにきてくれて、温泉までまた誘導してくれます。

温泉は「霊の湯」と書いて「たまのゆ」。
男女別の浴場になっております。
入っていくと、ちょうど3人組の若い女性が温泉から上がって着替えているところでした。
温泉への扉の向こう側にはどなたかいらっしゃるようで
でも脱衣所がとても狭いので、この3人組の方が着替え終わるまでソファに座って待っていることにしました。
そうこうすると温泉に入ってらした女性も出ていらして、いよいよ私が中へ入ると・・・

♪誰もいなーい♪♪


わーい、思わぬ「温泉貸切」にご満悦。
しっかり洗って、思う存分出たり入ったり、大きなお風呂を楽しみました。


さて④のコースは「霊の湯」だけでなく「神の湯」も入浴可とのことでしたが
「神の湯」はさて、どこにあるんだか??
たぶん階下なのでしょう、またあの狭い階段を登るのが大変なので
今回は「霊の湯」だけ堪能することにしました。(貸切だし♪)


お風呂を出て部屋へ戻ると・・・
RIMG0268.jpg
お茶と坊ちゃん団子が運ばれてまいりましたよー!
実においしいお茶でございました。
お団子も柔らかくてほんとにおいしかった!


そして、この階にはこんな部屋が!!






Read More

[ 2008/03/22 15:23 ] ちょっとおでかけ | TB(-) | CM(4)

お昼寝座布団のカバー

さて、大都会TOKYOから四国村へ引っ越したkno:pfchen.
新居は・・・まさかの和室!
寝室とキッチン周りは洋室ですが、いわゆるリビングルームと客間は和室なのです。
おかげで夢見ていたソファでの生活はおじゃん!!
ちゃぶ台とお座布団の生活です。

とはいえ、畳の上の生活もなかなか捨てたもんじゃありません。
ごーろごーろできて良い気持ち。
食っちゃ寝ー食っちゃ寝ーの生活です。 ひええ。

とか言いながら、そのお座布団様が我が家にいらっしゃったのが
なななんと、つい先週のお話。
2月に引っ越してきて(我がオットセイなんて8月から居るのに)やっとです。
畳の上でごろごろしようにも、畳に直にごろごろはやっぱり長くもたないのです。

それで私が毎日大量のように入ってくる新聞折込広告で常に気になっていたのが
これっ!!↓
RIMG0399.jpg
「ごろごろ用お昼寝座布団」なるもの。

んま、言ってみれば「長い座布団」もしくは「薄べったいクッション」という感じでしょうか。
小さめのお座布団を2枚つなげたくらいの大きさですので
もちろんここにすっぽり収まってお昼寝できるわけじゃないんですが
あるのとないのとじゃ、全然ごろごろ加減が違ってくるんです。

我が家からの徒歩圏内(徒歩25分、自転車10分)に唯一私が一人で出かけられる場所に
ショッピングモールがあるんですが
そこの衣料洋品店やら大きめの雑貨屋さんなんかで、目を皿のようにして下見もしてきました。
んが、次のお休みに車で出かけた2で買ってきました。
さすが2!どこよりも安かったですー♪
物入りなこの時期、2には大分お世話になっています。

それで1日、オットセイが会社に行ってる間に思う存分ごろごろ使っていたんですが
やっぱりカバー掛けたいっ!って思ったんです。
これ、カバー掛けないでもカバー掛けてるみたいに見えて良いんですが
やっぱり汚れた時にすぐに洗えるカバーをしてたほうが良いですもんね??
それでカバーを作る事は思い立ったものの、実行には移せず。。
腰が重いんです、本当に!

そして別の日…。
スーパーに出かけたら「はぎれ市」を発見!
まだ「ソファのある可愛らしいおうち」を捨てきれない私、どうも畳の部屋なのに「純和風」にはしたくない!!と勝手に脳が反応し、探すのはいつも和風にも見えるカワイイもの。
この「和風にも見える」というのがポイント。純和でもダメ、純洋でもダメ!なんです。
今回もこの「はぎれ市」で、良さそうな生地を発見っ!!
大きさもとくに気にせず、なんかに使えるだろーとポイっとカゴへ。

そんでもってお家に帰って布を広げたら「お昼寝座布団」の縦の長さがぴったり♪♪
横も少しあまるくらいでした。
私って天才っ!?

それで、あんまり切ったりしなくて良いってとこに気を良くし
やっとこさ重い腰をあげて、創作にとりかかったんでした。
創作とか大きい事言ってますが、紐くっつけて3辺をま~っすぐ縫っただけです。
今回よくわかったんですが、私、定規で測るの嫌いなんだなぁ。。

あっ、完成品です。RIMG0400.jpg
紐の部分はカバーの中に隠れるよう、中よりに縫い付けました。
定規で一切測ってないのに、どーです、このピッタリ加減??

すっかり気を良くした私、調子に乗って、切れっぱしでまたしても測らずにRIMG0402.jpg
ポケットティッシュカバーも作ってみました。
もっと色々な布を組み合わせて作ろうと思ったのですが、とりあえずの試作ということで測らずに1分くらいでダダダッと縫って完成させたら・・・
ちょっと小さかった。。
実は、たっくさんティッシュを入れられるようにと、だいぶ大きめに作ったつもりだったのに!
がっくり。
んま、これはあくまでも試作ですからぁー!!



そうそう、そういえば・・・



Read More

[ 2008/03/21 15:13 ] 手芸/工作/ものづくり | TB(-) | CM(8)

◎第84番◎屋島寺

さて屋島のてっぺんに行ってきたわけなんですけども、
屋島のてっぺんにもななんと四国八十八箇所巡りの霊場がありました。

その名も「屋島寺」。RIMG0193.jpg
これは「東門」だそうです。

この門をくぐると、中はちょっとした庭園のようになっていました。
何度も言うようですけど、お天気さえ良ければな。。とつくづく思うのでした。


んで境内には四国狸の総大将・太三郎狸を祭った蓑山大明神があります。
     でっかい狸です。RIMG0194.jpg

 RIMG0197.jpg ねっ??
鳥居の奥に、なぜかお稲荷さんもありました。
狸も狐も出ちゃいます、ここ!


このでっかい狸さん、鳥居の両側に夫婦で立っています。
足元には子供たちがたっくさん。
母狸なんて乳飲み子まで抱えています。
そんなわけでこちらは、家庭円満や縁結びのご利益があるそうです。
こんぴらさんのこともあったので、ちゃあんとお願いしておきました♪




◎第84番◎屋島寺
高松市屋島東町1808
087-841-9418





[ 2008/03/19 14:34 ] 四国八十八箇所巡り | TB(-) | CM(8)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。