FC2ブログ

Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。
月別アーカイブ  [ 2007年12月 ] 

シュトーレン

今日はstollen(シュトーレン)のお話です。
最近では日本のパン屋さんでも、よく見かけるようになったシュトーレン。
ドイツの伝統菓子であります。
(名は”お菓子”といえど、厳密に言えば”発酵菓子”という部類になります。)

                  stollen


シュトーレンのこの形。
これはキリストが赤ちゃんの時にくるまれていた「おくるみ」の形、と言われています。

そしてこれを、ドイツではうす~くスライスして(厚さでいうと1cmか8mm程度でしょうか。)12月1日から毎日一切れづつ、クリスマスの日まで食べる習慣なのです。
・・・よね?



写真は現在お勤め中のお店で販売中のものですが・・・
シェフの元・修行仲間のパン屋さんから送っていただいているものでして。。
決して私が作っているものでは・・・ゴニョゴニョ。。。ゴニョ。。

でも、私も買って食べましたが、おいしいんですよー♪
大きいのでそうそうは買えませんが、これをひとくち口に放り込めばドイツに居るかのような錯覚!!
ほわわ~んとなってしまいます。

みなさんも機会があったら是非お試しください♪♪
 Twinkle
046-277-1213
 神奈川県大和市つきみ野5-9-6 宮武ビル
残念ながらホームページはないみたいです☆

こちらのパン屋さん、「Natural Bread House」という名前もついています。
とっても興味津々!
来月、時間ができたら絶対に行こうと思っています。
ちょっと遠いのが難点ですが。(田園都市線の終点・中央林間の1個手前の駅。)





スポンサーサイト



[ 2007/12/12 22:59 ] ドイツのお話 | TB(-) | CM(11)