Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Froschグレープフルーツ

ひゃ~!またしてもお久しぶりです~。
いやはや、10月に入ってなんだかんだと忙しいですね。

しかし芽キャベツのイベント(運動会、更衣、遠足、ひろみちお兄さんと体操イベント)も
終わり、少し落ち着いた感があります。
ふ~!

        ピンクフロッシュ

そんなこんなで、バタバタしながらも、ちょろちょろと年末へ向けて
始動しております~。
年賀状制作にも、少し手を付け始めていますよ。エライでしょ!?(爆)

で、当然、年末と言えば恐ろしい大掃除も待っているわけでして。
今年の初め?春くらい?かしら。
こんな可愛いピンクのFroschに出会ってしまい、一目ぼれ。

きゃー、かわいい♥

と、連れて帰りたかったのですが、
ただ可愛いだけのもんじゃなくて、買ったからには掃除が待っている!!
…ということに気づき、ちょっとクールダウン。

「もすこししてから買~おう!」と思って数か月経過。
そろそろ買わないと廃番になってしまうんじゃないかと思い(笑)
Froschオレンジと共にやっと先日買って帰ってきました。

そして買った翌日に、これまた気になっていたキッチンのコンロ周りと
換気扇のお掃除をしてピッカピカ♪に。
ほっほ~。

グレープフルーツの香りがほんのりと漂って
しかも、よく落ちて、文句なしですね。
よくあるスプレー洗剤とか、むせる感じや鼻がムズムズする感じがするのですが
そんなことも全然なくて、コレ本当に良いです。
あとお値段だけ、少し下げてくれたらな~。言うことなしです♥


あ、こちら「IHやガスレンジの頑固な油汚れに」というタイプです。
もう1種類あるのですが~。
あっちは何用だったかしらね?

最近、物忘れが激しくってイケないです。


スポンサーサイト
[ 2013/10/22 13:41 ] ドイツのお話 | TB(-) | CM(2)

ドイツワイン

オレンジピールの記事で「キール」について書いてしまったことにより、
昨日も訂正文を載せましたが…
またもや、訂正です。
はい、訂正の訂正…申し訳ございませんー。

また昨晩、私のブログを読んだハム太。

 「あ。ちゃうわ、ちゃうわ。これ、キールちゃうなー。」

と、また始まりました(怒)
バーテンダーバイブルまで捲っていたくせに、また間違えて私に吹き込んだらしいです。
今度こそ合っているんでしょうね!?と、
私も今度はその場でメモを取りましたよ(証拠物件として)。

んで、ハム太によると「キール」は
オレンジ+赤ワインでも白ワインでもなく、カシスリキュール+白ワインだそうです。

全然ちゃうやんかっ!!
と、突っ込みたいですねぇ。ホントにもう。

ちなみに…と教えてくれたのは

・カシスリキュール+スパークリングワインで「キールロワイヤル」
・オレンジジュース+スパークリングワインで「ミモザ」
・桃の果汁+スパークリングワイン+ザクロシロップで「ベリーニ」

だそうです。
ほんまかいな?ですよねー(笑)
しかし、このあたりのカクテルは、私も好きなので
若い時は(!)飲みに行くとオーダーしてたんですけどね~。
メニューには親切に何が入っているか書いてありますから、
その場で「フムフム、これにしよっと♪」と決めますから
何が入ってるかなんて、覚えていないんですね。
あー、私の脳みそもツルツルです(爆)

さて、お酒の話なので、ついでに先日いただいたドイツワインのご紹介。

      乾杯☆

写真まで撮ったけど、一体なんの日にワイン開けたんだか?
また記憶がございません。。
最近、本当に数日前とかちょっと前の記憶が消失するようになりました(汗)
次の予定のことばかり考えているので
脳みそが勝手に過去のことは消去しているようです。
あー、やっぱり脳みそがツルツルですね。

      ドイツの白ワイン

さて、我が家はビールはあまり飲みませんが、
何かと言うとワインを開けていますね。
ハム太が一人でチビリチビリ~と言う時は、日本酒とか
もっとアルコールの強い、モワっとしたお酒が多いです。
私はそういうのは苦手なので、そういうのしかない時はソーダ割にしてもらうか
お茶で済ませます(笑)

この白ワインはドイツのライン川のあたりのワインだったかな?
日本で買った物ですが…まぁ、お手頃価格のワインの部類だと思います。
甘めの白いのが私好み❤
一番はスパークリングワインなんですけどね~。
あれは開けるとすぐ無くなってしまうから、危険です。

      ハム太のグラス

さて、この時に使ったグラスは、ハム太のもの。
若かりし頃、すこーしお酒に興味があって(だからバーテンダーバイブルなんて持ってる)
その延長でガラスやグラスにもハマり、ちょっと集めていたハム太。
顔に似合わず(爆)繊細なグラスも沢山持っていて
特別な時だけ出してきて乾杯します。

んで、この時も、こんな繊細なグラスで乾杯してるから
何かお祝いがあったはずなんだけどー。
なんだったかな??
思い出せないのです。

でも「休みの前日にしかお酒は飲まない!」と誓っている?ハム太。
何かお祝い事があれば休みの前日でなくても乾杯はOKという
甘い規約を自分で作っているので
そんなん乾杯せんでもえーやん!というレベルでも乾杯したがりますから
どうせ、そんなことかもしれません。

一番最近の乾杯は、先日の赤ワインでしたが、
あのお祝いは「芽キャベツが初めてトイレでウンチした❤」お祝いでした(爆)
これこそ「やったね~!」で済むことでして。。
もしくは芽キャベツに何かプレゼントするとか?(しないけど!)
大人だけしか飲めないお酒で乾杯するってどうなんでしょうね???
…と言いつつ、私も飲みますけどねー。
あはは。



[ 2012/10/12 14:26 ] ドイツのお話 | TB(-) | CM(4)

Ruhestand

ハム太のお茶会が終わり、一応一段落です。
でも、お道具を貸して頂いた方へのお礼も用意せねば~とか
近々、我が家の電気温水器の部品交換が入るので
それの電話予約のやりとりもあったし
更に朝イチで芽キャベツの用事で小児科まで行ってきたし
なんとなく落ち着かない風です。

そうそう、先週はドイツから寄せ書きをして!と
カードが送られてきた件もありました。

   zumRuhestand

ドイツのウルムという街で、職業訓練(働きながら職業学校に通う)をし、
めでたくゲゼレという国家資格を取らせていただいたわけなのですが
その時にお世話になった職業学校の先生がご退職されるということで
みんなで寄せ書きをしよう!ということになったのです。

”みんな”というのは、ドイツでゲゼレの資格を取る時に
個人で行ったのではなくて、ゲゼレを取る目的のプログラムがあり、
それに参加したときの仲間のことです。
(ちなみにハム太も、そのうちの1人。)

で、ハム太は肉屋で、学校が別だったので関係ないのですが(爆)
パン屋とケーキ屋は学校が同じでお世話になった先生も同じ。
ということで、ドイツで出会った方と結婚して(お相手は日本人ですけど~)
いまだにドイツに残っているKの発案でカードが送られてきたのです。

日本に帰ってきたのは、私を含め3人。
まずはKから東京に送られ、山梨を経由して私まで回ってきました。

そして私はハム太のお茶会のクッキーのことを考えつつも
寄せ書きのドイツ語を考えたり(これ、今となっちゃ一苦労です)
一緒に入れられるプレゼントを用意したり
郵便局まで芽キャベツ連れて徒歩で行き、ドイツまで郵送~!
…こんなこともしてたので、バタバタ度が高かったのです!
だってギリギリに送ってくるのに締切まであったんですから~。

ふ~。

でも、遠く離れたドイツと日本ででも
何年も経ってしまっていても、こうやって繋がっているというか
連絡を取り合える仲間と言うのは良いですね❤
そしてカードを書きながら当時のことを思い浮かべたりして
先生にも更に感謝感謝でした。
あんなカタコトの日本人を大勢抱えて、さぞかし大変だった事でしょう。
受け入れてくださったことに本当に感謝せねばいけません。
…とか、日本語だったら熱く語れるのに、ドイツ語ではね~。。
さらっとお決まり文句のお礼文の様になってしまいました(凹)

ちなみにカードのzum Ruhestandとは、定年に向けてとかって意味でしょうかね。
定年おめでとうございます、の略です。
下の方に書いてあるAlles Guteはこれまた定型文の略ですが
「ご多幸を祈ります」って感じでしょうか。

まー、日本ではオジサンの定年っていうと、
急にやることなくなって、縁側でネコをなでながらゴロゴロ~みたいな
イメージですけど(え、これも古すぎる???最近では無いですかね、笑)
ドイツでは、どうでしょう。
私のイメージでは、本当に今までお疲れ様、これからは思いっきり楽しむことを
見つけて、自由に行きましょうー!るんるん♪ってイメージがあります。
普段から長期休暇というと3週間くらいは当たり前のドイツですから
定年して毎日時間が沢山あっても、それはそれで楽しむ方法を知っている、
だから毎日楽しめてハッピーな定年ですよ~ってイメージなんです。

私の場合、この先会社勤めはするとは思えませんが、
いつか、こんな定年を迎えられることができたら、どんなに幸せでしょうか。
もちろん、そのためには健康第一。
日々の生活もきちんとしていかねばなりませんね。
あー、楽しく生きるのも大変ですぅー(爆)

なにはともあれ、先生、定年おめでとうございます!
いつかまたお目に掛かれる日がきますように。


[ 2012/06/04 14:18 ] ドイツのお話 | TB(-) | CM(2)

たまご、まごまご~

数か月前、イースターがありましたが
今年のイースター前に、ドイツから贈りものが届きました❤
その中に、イースター限定?の、たまご形をしたチョコが入っていました。

Milkaのチョコです。  Loeffel Ei
Lo:ffel EiのLo:ffelとはドイツ語でスプーンのこと。ロェッフェルと読みます。
Eiは卵のことで、アイと読みます。

つまり「スプーン・たまご」って書いてあるのですが、
箱を開けてみたら…!
ほら、ちゃーんとスプーンまで付いていました。
 
ねっ!! スプーンまで付いてる!
親切~♪
(でもたまごは4つでスプーンは2本。1人2個食べていいってこと?笑)

 たまごサイズ ホワイトチョコ

ということで、ハム太と2人で2個ずつ、頂きましたよー♪
でも、Milkaのチョコは、ドイツのチョコの中でも甘いほうなので
一気に2個はさすがにいけず、日を改めました。

でも、このパッケージの卵ケース。
ちゃんとMilkaカラーの薄紫色になってるし、
それでいて本物の卵ケースのようで、捨てるのはもったいない!!
…と思って、しばらく棚に隠して取っておきました。

そして、思い出しましたよ!
私もイースター用の飾りの為に、ドイツで木の卵を買っていたことを!

じゃーん❤

    芽キャベツの卵

入れてみましたけど…何か変?って?

そうなんです、手前の2つはサイズがウズラの卵サイズだし、
奥の鶏卵サイズは、オレンジ色しちゃってるし~。
んでんで、私が持ってた卵は3つしかなくて、1つ場所が開いてたので
芽キャベツのキッチンから卵を1つ拝借(左奥)。

そして、芽キャベツの卵は…
 いただきまーす❤ 2つに割れる卵なのです!

…と、撮影していたら、芽キャベツに見つかってしまいまして
あっちゅーまに自分のキッチンに持って行ってしまいました。

そして、たまたま最近ハム太が芽キャベツに本物の卵割りをさせてたので
それが記憶に残っていたらしく、延々と卵割りをしています(笑)

まずは、台に卵をコンコンします。
(毎回「台でね」と言っても、絶対ボールの縁でコンコンしちゃうー!)
↓写真右のオレンジ色の文字は芽キャベツのセリフです。

 こんこん! こんこん!

卵にヒビが入ったら、親指を割れ目に入れて~…

 ゆびー?ゆびー? ゆびー?ゆびー?

パカ~!とします。

 ぱかー ぱか~!

1個目の卵を割った時に、
この「ぱか~!」に合わせて、ボールに布製の目玉焼き(写真参照)を
スッと入れて、卵が割れてボールに卵が入ったという演出を求められるために
こちらもボーっとはしていられません!(疲)

これを20回くらいやったあと、
随分前に私とホットケーキを作ったことを思い出したのでしょうかね、
突然、他の調味料を入れ始めました。

 し・お!さ・と・お! し~お!さ・と・お!

いやー、それ塩コショウですけど(爆)
でも本人、お砂糖入れてるつもりです。
どこで覚えたんでしょ?

それから、最後に~

 ぎゅーにゅ! ぎゅ~にゅっ!!

牛乳を入れて、混ぜ混ぜ~。
んで、焼く!
…のかと思ったら、そのままお皿に出してました~。
しかも卵の前に、ファルファーレ(蝶々型のパスタ)まで入ってたし!
一体どんな食べ物なのーーー!(爆)

でもいつか、本物の食べられるご馳走、作ってくれるかな?
期待してまーす❤

  
[ 2012/05/29 13:10 ] ドイツのお話 | TB(-) | CM(6)

Froschオレンジ

以前に買ったFroschのアロエを使い終わりました。
私は次ももちろんFroschシリーズを使い続ける気満々だったのですが
ケチんぼハム太氏に却下されてしまいました(凹)

今まで使っていた洗剤のほうが約半値で、しかも泡持ち(?)がいいって
言うんです。
確かにFroschアロエちゃん、泡切れが良いので
沢山つけないと汚れが酷いフライパンなどは大変でした。

仕方ない、ハム太の言うことを聞くよ…
そう言って、また元の洗剤に戻した途端!!
手荒れしやすい私の可愛いお手手(!?)がピーピー!!
痒くて痒くてたまらないようになってしまったのです。

           FroschOrange
           手モデル:芽キャベツ

以前から洗剤には弱い肌だったのですが、
こんなに洗剤によって違うとは!
びっくりです。

そんなわけで、「私だけFroschを使っていい特例」が出たので
早速オレンジを買いました❤
アロエよりも1段階洗浄力の高いものです。
手にはアロエのほうが優しそうですが、オレンジもなかなか!
全く痒くならないわけではありませんが
本当に全然違います。

前使っていたのは、痒くて寝ている間も手をボリボリ!
白い手袋はめて寝ても、いつのまにか脱げているし(爆)
治ったと思っても、すぐ痒くなる…の繰り返しでした。

Froschシリーズ、これからも使い続けたいと思いますが…
やはりお値段お安くなったと言っても、
やはり日本のメーカーのよりお高いですもんね?
なんだか陳列棚を見ていると売れ行きがいいとはとても思えず。。
どうか販売打ち切りになりませんように~!


[ 2012/05/25 13:35 ] ドイツのお話 | TB(-) | CM(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。