FC2ブログ

Kno:pfchenのんびり記

ドイツ大好きなKno:pfchenののんびり記。

88か所巡り、逆打ち

久しぶりにお遍路の話題です。
ずっと止まってたけど、やっと再開?
いやいや、違うんです。。

先日の雪が降った日曜日。雪が積もった?日
うっすらでありながらも積もったので(笑)
芽キャベツと雪遊びをしたかったのですが
ちょっと用事があって出かける所がありました。

そして用事が済み、帰ろうと思ったのですが
あまりの寒さに?トイレに行きたくなってしまった私。
ちょうど良いところに志度寺があり、
そこの駐車場の向かいに綺麗な公衆トイレがあったはず…と
久しぶりに志度寺に向かいました。

  志度寺

うぅ~、さぶいっ。
雪が降っていた日の午前中でしたから
寒いのなんのって!

以前にも訪れたお寺でしたので、
境内をお散歩する感じで歩いていました。

と、ふと窓を見ると1枚のポスターが。

    逆うちお遍路

今日は4年に1回しか来ない2月29日ですね。
閏年です。
その閏年には、お遍路は逆打ち(さかうち)するものらしいのです。
逆打ちとは、通常1番から順に88か所巡る所を
88番から順に1番に向かうことだそうです。
逆だと何が違うかって、道が険しくなるらしいですよ~!

でもそれ故に、達成したときの重みが
逆打ちだと違うのだそうです。

    開創1200年

平成28年には開創1200年も迎えるそうな。
みなさんも、お遍路いかがですかー?

…って、私も全部行ってないのに言うなーーーって?(ぽりぽり)

============

さて、おトイレの間、芽キャベツをハム太に見てもらっていました。
おトイレ出てからキョロキョロしたけど、パッと見で見つからなかったので
おトイレの裏側にある海でも見てから探そうかと(爆)
海側に出てみました。
ホントにすぐ裏手が海なんです。
すっごく寒かった~~~!



でも久しぶりに見る海に、癒されていたら…
ありゃ?
知った顔が堤防の向こう側に見えるじゃありませんか!

駐車場にいないと思ったら、ハム太と芽キャベツも海を見てた!!

  さぶっ!!

考えることは皆同じ~~~ですね。(笑)


*予約投稿にて
[ 2012/02/29 13:29 ] 四国八十八箇所巡り | TB(-) | CM(4)

◎第2番◎ 極楽寺

第1番寺のあとは、さらに第2番にも寄らせていただきました。
こちらは極楽寺(ごくらくじ)。
名前だけでも有難い感じのするお寺ですね?

極楽寺の門は赤くて目立つ門でした! 第2寺極楽寺

           極楽寺入り口

ちょっと中国っぽい雰囲気でしょうか?
門をくぐると、またもや広い境内が広がっておりました。

        広い境内

ふと見ると、右手にお手水場がありました。

こんなに彫刻の施されたお手水場って珍しい!すごい彫刻のお手水場
しかも竜が沢山いて…やっぱり中国風!?

 お手水場の天女 屋根の内側には、天女も舞っていました。

まっすぐ進み、左へ曲がると、また門がありました。
この門をくぐると一気に雰囲気が変わり、時代を感じさせるようでした。
大きな大きな”長命杉”という、触ると長生きするという杉もありました。
もちろんナデナデさせていただきましたよ~♪

      ものすごい急な階段 でもって、奥にそびえる急な階段!

”登るならお気をつけ遊ばせ!”ってな雰囲気の階段で
とーーーっても古そう!
ところどころ段が欠けていたりして、本当に危険。。
ツアーなんかで人だらけで登ることになったら、ドミノ倒しになりそうな。
そんな気配です。
綺麗だけどお手水場の屋根の天女を描くより、階段を新しくしてぇ~~!!


      大師堂

階段を登りきると、小さなスペースがあり
そこには安産祈願の大師堂と、安産を祈願する方々の絵馬掛け場がありました。
うーむ、こんな急な階段を登って安産祈願とは!
お腹の大きな妊婦さんは絶対に祈願に行かれなそうな場所ですぅ。(爆)


さて、もう日が暮れてきました。
近場とはいえ、隣の県ですからね。早く帰らねば。
それに、どうやら鳴門近辺には第1番と第2番寺しかないようです。

八十八箇所のうち、やっと21を回れました。
あと…67!?
うーん、うーん…
住所を見ても、知らない土地ばかり。
この先は増えなさそうです。



◎第2番◎ 極楽寺
徳島県鳴門市大麻町檜段の上12
088-689-1112


*予約投稿にて
[ 2009/11/14 17:22 ] 四国八十八箇所巡り | TB(-) | CM(0)

◎第1番◎ 霊山寺

ドイツ館の帰りに、近くにあった八十八箇所霊場に寄りました。
なんと、第1番寺だっていうじゃありませんか!
こんなに近くにあったとは~!
もう第88番も行ったから、これで最初と最後は行ったんだし…
間のは抜けてても… ダメでしょうか!?(爆)

 第1番霊山寺 第1番ってことで、堂々たるお寺でした。

霊山寺と書いて、りょうさんじ と読みます。


”お遍路グッズ”も全てここで調達可!霊山寺入り口
入り口の横に立っておられるのは、本物ではなくてマネキンさんですよぉー。
こんなお遍路衣装のマネキンなんて、初めて見たっ!(笑)
しかも、結構、沢山いたんです!
夜になったら、ちょっと怖そう…。

門をくぐると、中は広い広い!
さすがに第1番だと、観光バスでドカッとやってくる方が多いんでしょうね。
記念撮影用の長い段々とか、色々ありました。

      とにかく広い

でも、とにかく、この池の周りに鳩が沢山いたのが怖くて怖くて…
ハム太のシャツの裾を持って付いていくのがやっとでした。
(写真は撮ってますが。爆)

      本堂??  なので、境内にあった建物が
    
      一体、何が何なのか、さっぱり!   何堂?



うーん、本当にさらっと見させていただいたって感じだったです。
滞在時間、5分少々ではなかったでしょうか。
こんなんでご利益を求めるほうが罰当たりですね。
申し訳ありませんー!



◎第1番◎ 霊山寺
徳島県鳴門市大麻町板東字塚鼻126
088-689-1111


*予約投稿にて
[ 2009/11/13 17:02 ] 四国八十八箇所巡り | TB(-) | CM(2)

◎第46番◎ 浄瑠璃寺

さてさて、お次は浄瑠璃寺(じょうるりじ)。
今回訪れた3寺の中で、一番ネーミングに惹かれて楽しみにしていたお寺。

ちょっとわかりづらかったのですが、無事到着。浄瑠璃寺

着いた途端に、石段が目の前に立ちはだかり、ちょっと躊躇しつつ登ってみました。
石段を登りきると、鬱蒼とした感じの…境内というよりは、どこか避暑地の庭って感じでした。
木々の手入れをきちんとしたら、広く見えそうな境内ですが
自然な感じになっていました。。

 本堂 本堂。

ご覧の通り、本堂にはお遍路さんが沢山。。
あそこに上がれずに、階段の下で待っている方々も沢山。。
そのどなたも、みなさん熱心にお経を唱えていらっしゃいました。
またもや観光モードの親娘2人は、ちょっと場違いな雰囲気にオドオド。。
すみません。。

”浄瑠璃”の名のイメージでは、可愛らしいお寺を想像していたのに
今まで訪れたお寺の中で、熱心なお遍路さんにいちばん出会ったお寺でした。

そして、境内の中には不思議なものが沢山ありました。

知恵と技能ひらく 
これは以前、第77番の道隆寺を訪れた時にも似たようなものに出会ったことがあります。
道隆寺では”手に技能を”ということでしたが、こちらは技能に加えて知恵にもご利益があるようです。

でも、こちらでは何も唱えなくて良いのかしら??手を置くところ
何も書いてなかったです。
でも手を置いて、心の中で唱えてきました!

それから…
九横封じ石(くおんふうじいし)ですって。九横封じ石 一体ナンでしょう?

よく見ると小さい字で「うらをごらん」って書いてあります!
裏を見てみると…
                 九横とは??

こちらでは薬師如来を祀ってあるそうで、
薬師如来さんはこの九つの悪を封じてくれるそうなんです。
へぇ~!


その他にも沢山!

 佛の足跡 ほとけの指紋 説法石

色々な石が置いてありました。
とりあえず、全て「乗ってみろ」と書いてあれば乗り、
「なでてみろ」と書いてあればヨシヨシとなでてきました。

そしてそして、なぜ”浄瑠璃”寺なのか…
これ、気になったので最後にもうひとまわり、境内を回ってみたり
繁った木々の中に、実は何か隠れてはいないかと
ちらっと探してみたりしたのですが、結局わかりませんでした。


◎第46番◎ 浄瑠璃寺
愛媛県松山市浄瑠璃町282
089-963-0279



Read More

[ 2009/06/02 13:40 ] 四国八十八箇所巡り | TB(-) | CM(4)

◎第47番◎ 八坂寺

この日1箇所目に訪れた西林寺に、近辺の地図が掛かっていました。
西林寺に行く前までは、3箇所だけ行って帰ろう~と決めていたのに
この地図によると、西林寺を出て左右に同じ位の距離のところにお寺があるとのこと。
予定では左に行って、その方面にある2箇所に行って帰るとなっていたのに
右に行っても同じ距離にもう1箇所あると聞いてしまうと
私はもうすぐにでも右に車を走らせてしまいたかったのですが…

 「おうちでハムちゃん待ってるわヨ、可哀相よ」

な~んて母が言うもんだから
渋々左へ曲がって、車を走らせました。

そして到着したのは
        八坂寺いやさか不動尊

背後にこんなに良い景色を背負ってらっしゃる”いやさか不動尊”。
…ではなくて、こちら八坂寺(やさかじ)の駐車場スペース。
駐車場の隅にあるんだけど、なんだか駐車場ってところが申しわけない感じ。
景色がいいところだから、いいのかしら??

で、八坂寺ですが、名前の通り(?)坂のところにあって
駐車場を出ると、坂の途中(上のほう)からお寺へ入っていく感じ。
なので、まいどお馴染みの”第○○番 ○○寺”ってな看板が見当たりません。

とりあえず入っていくと
本堂や大師堂が並び、本堂

本堂の前には、こんな石碑がありました。念ずれば花ひらく
”念ずれば 花ひらく”。
やりたいことも、行きたいと思うところも、諦めたら終わり!
常に念じていれば、いつかできるし、いつか行ける!と思う。。
そんな感じに勝手に解釈しました。

この石碑のところに階段があって(結構、急)下に降りていかれるようになっています。
階段を降りきると、社務所があって色々売っていました。
お守りや八十八箇所グッズだけでなく、ここでは変わったものも売っていました。
亡くなった後、棺の中に一緒に入れるお札みたいなものがあって
(ネーミングは忘れたけど、結構ぎょっとする名前がついていました)
それを棺に入れて一緒に焼くと、あの世に行ってから迷わず浄土へ行ける、というもの。
これを見た母…

 「あらぁ。お母さん倒れたら、これ買いに来てくれるぅ??」

ですって!
倒れてから亡くなるまであっという間で、買いに来てる間に亡くなったらどうするの!
つーか、これ買いに来るのに何時間かかんのよぉー!
かと言って、今から準備しておくのも。。ねぇ?
…なんて話してましたが。。(不吉)
んま、いざとなったら忘れちゃうんでしょうけれど。(爆)
それから、先日どなたかも「やりたい!」っておっしゃってた写経も見つけて、
近々父の7回忌があるので、それに合わせてみんなでやろうか?と1冊買いました。

それから、更に小橋を渡ると、ようやく八坂寺の入り口に辿り着きました。
 
     八坂寺

橋の上に掛かった天井を見上げると… 美しい天井画
沢山の天女が舞っていました。



◎第47番◎ 八坂寺
愛媛県松山市浄瑠璃町八坂773
089-963-0271

Read More

[ 2009/06/01 15:10 ] 四国八十八箇所巡り | TB(-) | CM(4)